2006/03/24

方法論的自然主義

Nick MatzkeによるPanda's Thumbブログの2006年3月20日付の記事「On the Origins of Methodological Naturalism」で、「方法論的自然主義」という言葉について述べられている。
良い記事なのでご紹介のみ:


Remember how, according to the ID movement, “methodological naturalism” was supposed to be a Darwinist/atheist conspiracy to arbitrarily exclude ID? Well, let’s have a look at who coined the term. Ronald Numbers, one of the leading experts on the history of creationism, writes,
インテリジェントデザイン運動によれば、"方法論的自然主義"は、インテリジェントデザインを任意に排除するダーウィニスト/無神論者の共謀だと思われるようになったのを覚えているだろうか。誰がこの用語を作り出したのか見てみよう。創造論の歴史の第一人者のひとりRonald Numbersによれば:
The phrase “methodological naturalism” seems to have been coined by the philosopher Paul de Vries, then at Wheaton College, who introduced it at a conference in 1983 in a paper subsequently published as “Naturalism in the Natural Sciences,” Christian Scholar’s Review, 15(1986), 388-396. De Vries distinguished between what he called “methodological naturalism,” a disciplinary method that says nothing about God’s existence, and “metaphysical naturalism,” which “denies the existence of a transcendent God.”

「方法論的自然主義」という用語は当時Wheaton Collegeにいた哲学者Paul de Vriesが1983年の学会で導入したもので、後に“Naturalism in the Natural Sciences,” Christian Scholar’s Review, 15(1986), 388-396.として発表された。De Vriesは、神の存在について何も言わない「方法論的自然主義」と呼ばれるものと、超越的な神の存在を否定する「形而上学的自然主義」を区別していた。

(p. 320 of: Ronald L. Numbers, 2003. “Science without God: Natural Laws and Christian Beliefs.” In: When Science and Christianity Meet, edited by David C. Lindberg, Ronald L. Numbers. Chicago: University Of Chicago Press, pp. 265-285.)

A few additional points worth noting here:(ここでさらに注意すべき点)

  1. In case you didn’t know, Wheaton is a conservative evangelical school where the faculty and staff must agree with a detailed statement of faith.(知らないかもしれないが、Wheatonは保守的福音派の学校であり、研究者とスタッフは信仰についての詳細な宣誓書に同意する必要がある)

  2. The idea of methodological naturalism is of course much older than the term, stretching back centuries to the distinction between primary and secondary causes. (Glenn Branch dug around and found some evidence that the term may be older, but perhaps like the term “intelligent design” the words are associated occasionally over the decades, but without really being codified as an Official Term.)(方法論的自然主義という考えはもちろん、その用語よりもはるかに古く、数世紀過去に遡り、第1原因と第2原因を区別するものだった。Glenn Branch はこの用語がさらに古いかもしれないという証拠を見つけたが、おそらくインテリジェントデザインと同じく、公式用語として真に規定されることなく、数十年にわたって時々連想されてきた。

  3. But perhaps it was Darwin and those other dogmatic Darwinists that came up with methodological naturalism in the 1800’s in order to ram evolution down everyone’s throats. Not according to Numbers:(しかし、おそらくは、みんなに進化論をのみこませるために1800年代に方法論的自然主義をダーウィンと教条的ダーウィニストが持ち込んだものだろう。Numbersによらず:

    By the late Middle Ages the search for natural causes had come to typify the work of Christian natural philosophers. Although characteristically leaving the door open for the possibility of direct divine intervention, they frequently expressed contempt for soft-minded contemporaries who invoked miracles rather than searching for natural explanations. The University of Paris cleric Jean Buridan (a. 1295-ca. 1358), described as “perhaps the most brilliant arts master of the Middle Ages,” contrasted the philosopher’s search for “appropriate natural causes” with the common folk’s erroneous habit of attributing unusual astronomical phenomena to the supernatural. In the fourteenth century the natural philosopher Nicole Oresme (ca. 1320-82), who went on to become a Roman Catholic bishop, admonished that, in discussing various marvels of nature, “there is no reason to take recourse to the heavens, the last refuge of the weak, or demons, or to our glorious God as if He would produce these effects directly, more so than those effects whose causes we belive are well known to us.”

    中世末期まで自然原因の探求はキリスト教の自然哲学者のの仕事を代表するものになっていた。直接の神の介在の可能性に扉を特徴的に開けておいたが、彼らはしばしば、自然の説明をさがすよりも奇跡のせいにした柔軟な気質の同時代人を軽蔑した。中世最高のアートマスターと称せられるパリ大学聖職者Jean Buridan(1295〜1358)は、適切な自然の原因を探求する哲学者と、異常な天体現象を超自然のせいにする誤った習慣を対比させた。14世紀の自然哲学者(1320〜1382)は、カトリック聖職者になったが、自然のさまざまな驚異について論じる際に忠告した「その原因を我々がよく知る効果よりも、弱者の最後の待避所たる天国や悪魔や、あたかも神が直接これらの現象を起こしたかのように我らが壮麗なる神のせいにする理由はない。」

    Enthusiasm for the naturalistic study of nature picked up in the sixteenth and seventeenth centuries as more and more Christians turned their attention to discovering the so-called secondary causes that God employed in operating the world. The Italian Catholic Galileo Galilei (1564-1642), one of the foremost promoters of the new philosophy, insisted that nature “never violates the terms of the laws imposed upon her.” ( Numbers 2003, p. 267)

    16世紀と17世紀にとられた自然についての自然主義的研究への情熱は、神が世界を操作するために採用した第2原因と呼ばれるものの発見へと注意を向けた。イタリアのカトリックのGalileo Galilei(1564〜1642)は、新しい哲学の主要な推進者のひとりであり、自然に課された法則を自然は決して破らないと主張した(Numbers 2003, p 267)。


    The next time you hear IDists ranting and raving about the evils of methodological naturalism, keep the above in mind. In fact, if the IDists don’t mention these rather important bits of history, you should ask yourself why. (次にインテリジェントデザイン支持者が方法論的自然主義の弊害に対して大言壮語し荒れ狂うのを聞いたら、上記のことを思い起こそう。実際、インテリジェントデザイン支持者がこのおうな歴史の重要な点に言及しないなら、それは何故かと自問しよう)

  4. So it looks like Judge Jones got it exactly right when he ruled: (従って、Jones判事が判決を下したときにまったく正しいと:

    While supernatural explanations may be important and have merit, they are not part of science. (3:103 (Miller); 9:19-20 (Haught)). This self-imposed convention of science, which limits inquiry to testable, natural explanations about the natural world, is referred to by philosophers as “methodological naturalism” and is sometimes known as the scientific method. (5:23, 29-30 (Pennock)). Methodological naturalism is a “ground rule” of science today which requires scientists to seek explanations in the world around us based upon what we can observe, test, replicate, and verify. (1:59-64, 2:41-43 (Miller); 5:8, 23-30 (Pennock)).

    超自然的な説明は重要かもしれないし、長所があるかもしれないが、それは科学の一部ではない。探求を検証可能な、自然界についての自然な説明に限るという科学が自らに課した制約は、哲学者たちが「方法論的自然主義」として言及するものである、それは科学的方法として知られている。方法論的自然主義は今日の科学の基本ルールであり、我々が観測・試験・反復・検証可能なものに基づいて、我々のまわりの世界に説明を探すことを科学者に要求する。
    ....
    ID violates the centuries-old ground rules of science by invoking and permitting supernatural causation

    インテリジェントデザインは超自然の原因のせいにし、許容することで、数世紀にわたる科学の基本原則を破るものだ。

  5. So who came up with methodological naturalism — the idea, as well as the term? It turns out it was those notorious atheists, the Christians.(従って、方法論的自然主義という考えおよび用語を持ち出したのは誰だろうか?それはこれら悪名高き無神論者、キリスト教徒だとわかる。
    Despite the occasional efforts of unbelievers to use scientific naturalism to construct a world without God, it has retained strong Christian support down to the present. And well it might, for, as we have seen, scientific naturalism was largely made in Christendom by pious Christians. Although it possessed the potential to corrode religious beliefs — and sometimes did so — it flourished among Christian scientists who believe that God customarily achieved his ends through natural causes. ( Numbers 2003, p. 284)

    神のない世界を構築するために科学的自然主義を使用する不信者の時々の努力にもかかわらず、それは現在まで強いキリスト教への支持を守った。また、我々が見てきたように、科学的自然主義は敬虔なキリスト教徒によってキリスト教世界でつくられた。それが宗教的信条と衝突する潜在的可能性があるが、そして時に衝突したが、自然の原因を通じて神が目的を実現すると信じるキリスト教徒の科学者たちのなかで繁栄した。


  6. All of this is worth pointing out because the ID Movement at large has been complaining that methodological naturalism is an unfair constraint on science, and in particular critics of the decision in Kitzmiller v. Dover, such as Alvin Plantinga and Steve Fuller, have been asserting that methodological naturalism is an arbitrary, recently invented constraint — Fuller has even gone so far as to say it was constructed as an anti-creationism tool in the 1980’s. It may be that the coining of the term “methodological naturalism” was useful in the 1980’s — especially to rebut the eternal creationist yammering about the search for natural causes being atheistic, but also to keep science separate from metaphysical conclusions like atheism — but the idea is ancient and really is at the heart of the history of what we now call “science.” Plantinga and Fuller cite Newton as a non-methodological naturalist (which itself is probably dubious although Newton is a complex guy), but regardless, Numbers makes it clear that methodological naturalism goes back to Galileo and before.
    (これらの指摘する意味があるのは、インテリジェントデザイン運動の多くが、方法論的自然主義が科学の不公正は制約であると不満を言うからだ。特にKitzmiller v Doverの判決に批判的なAlvin PlantingaやSteve Fullerなどは、方法論的自然主義が任意な最近作られた制約だと主張している。Fullerは特にそれが1980年代に反創造論の手段として作られたとまで言っている。「方法論的自然主義」という用語を作ることは1980年代には有効だったかもしれない。特に、無神論のような自然の原因を探求することについて永遠に文句を言い続ける創造論者を論破し、同時に科学を無神論のような形而上学的結論から分離することについて。しかし、考え方は古く、我々が科学と呼ぶものの歴史の中心である。PlantingaとFullerは方法論的自然主義でないNewtonを(Newtonは複雑なやつだが、それ自体は疑わしい)参照するが、実際には方法論的自然主義はGalileoとそれ以前にまで遡れることは明らかだ。


If anyone ever sees an ID advocate acknowledge these sorts of points, please let me know.
もしインテリジェントデザイン支持者あこれらの点を認めるのを見たら、我々に知らせてください。

References

de Vries, Paul (1986) “Naturalism in the Natural Sciences: A Christian Perspective.” Christian Scholar’s Review, 15(4):388-396.

Ronald L. Numbers (2003). “ Science without God: Natural Laws and Christian Beliefs.” In: When Science and Christianity Meet, edited by David C. Lindberg, Ronald L. Numbers. Chicago: University Of Chicago Press, pp. 265-285.

PS: A bit of commentary from Numbers himself on the ASA listserv.


posted by Kumicit at 2006/03/24 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
朝日新聞の記事に祈りの効果なし?テンプルトン財団をしりました。どうしても、私に分る、科学と宗教についてはなしたいのですが、どうすればいいですか?調べていると、このページに出会いました。宜しくお願いします。
Posted by ヤエミ at 2006/04/02 19:13
普通にブログとして、お話をしていますので
各エントリに対してコメントand/orトラバください。

でもって、祈りの効果の件は別エントリにしました。
http://transact.seesaa.net/article/16063948.html

なお、Kumicitはインテリジェントデザインにからんで
科学哲学に手を伸ばしています。なので、上品にいっても

J.H. ブルック:「科学と宗教」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4875023901

な方向で、下品にいくと進化論争そのものです。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2006/04/03 08:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック