2010/06/09

月の光と創造論

若い地球の創造論ミニストリ大手のAnswers in Genesisは、「天の大空に光る物があって、地を照らせ」と科学が矛盾しないと言い訳する:
God said of the sun and moon, “Let them be for lights in the expanse of the heavens to give light on the earth” (Genesis 1:15).

神は太陽と月を創造して、言われた。「天の大空に光る物があって、地を照らせ。」(創世記1章15節)

This passage raises a question. Why does God say the moon gives light when it only reflects light?

Since the Bible is God’s Word and is inerrant, this cannot be an error. So we must take into account the Author and His intent. The statement “to give light on the earth” does not in any way contradict what we observe about the sun and moon. The sun “gives” light on the earth by burning gas and emitting high-energy photons of light, whereas the moon “gives” light on the earth by reflecting the photons of light. The sun and moon both “give” light, just by different means.

By analogy, when I was a young child I wanted to give my dad a letter opener for his birthday. Unfortunately, being a young child and jobless, I didn’t have any money to buy one. So my mom bought the letter opener for me and also bought him a present she wanted to give. On my dad’s birthday, I gave him the letter opener, while she also gave him another present. Now, did I really give the present even though I didn’t buy it? Of course. Even though I did not buy the gift, I was still the one who gave it to my father.

And even though the light does not originate from the moon, the moon still gives light on the earth.

この部分は疑問を投げかける。月は光を反射しているだけなのに、神は「地を照らせ」と言うのか。

聖書は神の言葉であり、無謬なので、間違いはない。なので、記述者と神の意図を考え合わせよう。いずれにせよ、「地を照らせ」は太陽や月についての観測と矛盾しない。太陽は気体が燃えて、高エネルギーの光子を放出することで、地球を照らす。月は光子を反射することで、地球を照らす。

アナロジーを語ってみよう。私は子供のころ、父親に誕生日プレゼントとしてレターオープナーをプレゼントしたかった。残念ながら、私はまだ子供で仕事もしていないので、それを買うお金を持っていなかった。私の母はレターオープナーを私のために買って、それから母自身が父にプレゼントしたいものを買った。私の父の誕生日に、私は父にレターオープナーをプレゼントし、母は別のプレゼントをした。さて、私は自分で買ったわけでもないのに、本当にプレゼンをあげたのだろうか? もちろん、プレゼントした。私がプレゼントを買ってないとしても、私は父にプレゼントしたのだ。

そして、月の光は自身が放ったものではないが、月はそれでも地球を照らす。

[David Wright: "Does the Moon Really Give Light?" on Ansers in Genesis]
どうでもいいようなネタまで語るのが創造論なのか、それとも定期刊行物に載せるネタが足りなかったのか。


タグ:創造論
posted by Kumicit at 2010/06/09 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック