2010/06/15

否定論者と戦うときに

Pascal Diethelm and Martin McKeeは否定論者の行動の特徴をまとめている。ちょっと長いので、Debora MacKenzieによる概要版を列挙する。ただし最初の5個がオリジナルで、6個目MacKenzieの追加項目:.

  1. Allege that there's a conspiracy. Claim that scientific consensus has arisen through collusion rather than the accumulation of evidence.
    陰謀があると主張する。科学的コンセンサスは証拠の集積ではなく談合によってできたと主張する。

  2. Use fake experts to support your story. "Denial always starts with a cadre of pseudo-experts with some credentials that create a facade of credibility," says Seth Kalichman of the University of Connecticut.
    自分たちの主張を支持するフェイクな専門家を使う。「否定論は、信頼性を仮装する何らかの資格を持つ疑似専門家要員から始まる」とUniversity of ConnecticutのSeth Kalichmanは言う。

  3. Cherry-pick the evidence: trumpet whatever appears to support your case and ignore or rubbish the rest. Carry on trotting out supportive evidence even after it has been discredited.
    証拠のつまみ食い。自分の主張を支持すると思われる証拠を吹聴し、そうでない証拠を無視するか、捨てる。たとえ信頼性を失った証拠でも自分を支持する証拠を担ぎ続ける。

  4. Create impossible standards for your opponents. Claim that the existing evidence is not good enough and demand more. If your opponent comes up with evidence you have demanded, move the goalposts.
    敵対者に対して、不可能な基準を創る。既存の証拠は不十分で、もっと必要だと主張する。もし敵対者が、要求した証拠を持ってきたら、それでは不十分で、もっと必要だと主張する。

  5. Use logical fallacies. Hitler opposed smoking, so anti-smoking measures are Nazi. Deliberately misrepresent the scientific consensus and then knock down your straw man.
    詭弁を使う。ヒトラーは喫煙に反対したので、禁煙対策はナチだ。意図的に科学的コンセンサスを偽って提示し、その藁人形を打ち倒す。

  6. Manufacture doubt. Falsely portray scientists as so divided that basing policy on their advice would be premature. Insist "both sides" must be heard and cry censorship when "dissenting" arguments or experts are rejected.
    疑いを創りだす。科学者たちの意見は割れているという偽りの描写を行い、科学者たちの助言の基づく政策は時期尚早だと主張する。「両側」の意見を聴く必要があると主張し、「非主流」の論や専門家が否定されると、検閲だと叫ぶ。
これらは目新しいものではなく、従来から観察されてきたことのまとめ。

Pascal Diethelm and Martin McKeeはこのような否定論者に対して、

Denialists are driven by a range of motivations. For some it is greed, lured by the corporate largesse of the oil and tobacco industries. For others it is ideology or faith, causing them to reject anything incompatible with their fundamental beliefs. Finally there is eccentricity and idiosyncrasy, sometimes encouraged by the celebrity status conferred on the maverick by the media.

否定論者たちは様々な動機を持っている。ある者たちは石油産業やタバコ会社の気前の良さに釣られる。またある者たちはイデオロギーと信仰を動機とし、自分たちの根本的な信仰に反するものは何でも否定する。そして最後は、エキセントリックあるいは特異性。時にはメディアで一匹狼と持ち上げられた有名人の立場。

Whatever the motivation, it is important to recognize denialism when confronted with it. The normal academic response to an opposing argument is to engage with it, testing the strengths and weaknesses of the differing views, in the expectations that the truth will emerge through a process of debate. However, this requires that both parties obey certain ground rules, such as a willingness to look at the evidence as a whole, to reject deliberate distortions and to accept principles of logic. A meaningful discourse is impossible when one party rejects these rules. Yet it would be wrong to prevent the denialists having a voice. Instead, we argue, it is necessary to shift the debate from the subject under consideration, instead exposing to public scrutiny the tactics they employ and identifying them publicly for what they are. An understanding of the five tactics listed above provides a useful framework for doing so.

動機が何であれ、重要なことは直面しているものが否定論だと認識することだ。通常の学術的な反応は、論争の過程で真実が明らかになるとの期待のもとに、敵対する論との論争を行い、異なる見方について強いところと弱いところを検証する。しかし、これが成立するには論争の両側が基本的なルールに従う必要がある。たとえば、証拠全体を見て、意図的歪曲を拒否し、論理の原則を受け入れるなど。当事者の一方がこれらのルールを拒否すれば、有意義な議論は不可能になる。しかし、それでも否定論者たちを声を抑圧することは間違っている。そうではなくて、問題としているテーマの論争から、否定論者たちの戦術を人々の目に示し、否定論者たちが何者であるかを明らかにすることにシフトすべきである。これを行うのに、上記の5つの戦術リストが役に立つだろう。

[Pascal Diethelm and Martin McKee: "Denialism: what is it and how should scientists respond?", The European Journal of Public Health 2009 19(1):2-4; doi:10.1093/eurpub/ckn139 ]
否定論者たちのと戦闘では、否定論者たちとの論争ではなく、否定論者たちの戦術と何者であるかを人々に知らしめる行動が必要だという。

これは他の人々も指摘するところであり、たとえばDr. Stephen J Gouldから直接論争を避けるように助言されたDr. Richard Dawkinsは以後、本やメディアなどの手段で戦闘を続行している。

また、HIV否定論では、無視したことが、被害の拡大を招いたとTara C Smithは指摘する


posted by Kumicit at 2010/06/15 00:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック