2010/06/23

ホメオパスScrayenは全速回避行動中

Penelope(Pen) Dingleの死と、夫Dr Peter DingleとホメオパスScrayenをめぐる報道のつづき:
癌で2005年に死亡したPenelope Dingleは代替医療を受けていたときに、詳細な日記をつけていた。これに基づき、検死官Alastair Hopeは、夫Dr. Peter Dingleとホメオパス Francine Scrayenの果たした役割を調査している。
Today the inquiry heard how Mrs Dingle ate raw egg yolks and wheat soup, and tried to use olive oil and baby soap in her rectum to loosen her bowels.

She wrote that she had "stinging pain" and "itchy skin everywhere" after trying the home-made enemas.

今日の審問は、Penelope Dingleが生卵の黄身と小麦のスープを食べ、大腸を緩めるために、オリーブオイルとベビー石鹸を直腸で使った件について行われた。Penelope Dingleは手作りの浣腸を試した後、「刺すような痛み」と「全身の皮膚のかゆみ」を感じたと記述していた。

When questioned, Ms Scrayen said she had told Mrs Dingle how a childhood nurse recommended using soft soap, called "velvet soap", as a lubricant around the anus for children with constipation.

"I never told her to put it up her rectum," Ms Scrayen said.

She also denied making any recommendations about enemas because "I don't know anything about enemas".

She said she thought Mrs Dingle was digesting the olive oil and that she liked it.

"Peter was in charge of her foods, it's not my area," Ms Scrayen said.

これについて問われたホメオパスScrayenは「Dingle夫人には、Childhood nurseが便秘の子どもに肛門周りの潤滑剤として"velvet soap"と呼ばれるソフト石鹸を推奨することについて話しました。私はDingle夫人に直腸について我慢するように言ったことはありません。

「私は浣腸について何も知らないので、Dingle夫人に浣腸を奨めたことはありません。私はDingle夫人がオリーブオイルが好きで、口から摂取していると思っていました。食事についてはPeter Dingleの担当範囲であり、私は関知していませんでした。」と述べた・

However a letter written by Mrs Dingle to Ms Scrayen after her emergency surgery read: "Had I performed the enema you suggested the surgeon said it would have split my bowel and it was unlikely that I would have survived the massive infection that would have ensued."

Mrs Dingle also wrote a diary entry saying the surgeon had told her the use of those so-called lubricants "was just plain cruel".

しかし、Penelope Dingleが緊急手術後にホメオパスScrayenに書いた手紙には、「あなたの言った浣腸を実行していたら、私の腸が裂けて、それによる大規模な感染で死んでいた可能性が高いと外科医が言っていました。」とあった。Penelope Dingleは日記にも「いわゆる潤滑剤の使用は苦しいだけで効果がないと、外科医が言っていた」と書いていた。

Ms Scrayen continued to deny the claims, saying it was Mrs Dingle's version of events but it was not based on conversations they had.

"I don't know where this has come from, this is not the Pen I knew," Ms Scrayen said at one point during the proceedings.

Ms Scrayen was closely quizzed on her own diary entries on the treatment of Mrs Dingle, which mentioned olive oil and enemas.

She told the court they were noted because they were things Mrs Dingle had mentioned.

しかし、ホメオパスScrayenはこの主張を否定し、「それはDingle夫人の主観であって、私との会話に基づくものではありません。この記述がどこからのものかわかりません。これは私の知っているPenelope Dingleではありません。」と述べた。

ホメオパスScrayenは、オリーブオイルと浣腸に言及した自分自身の日記の記述について問われて、「Dingle夫人が言及したので、日記に書いたものです」と法廷で回答した。

[AJA STYLES: "Dingle's 'cruel' cancer remedies" (2010/06/22) on WAtoday]
危険な浣腸について全力で責任逃れをするホメオパスScrayenである。

さらに、ホメオパスScrayenは証拠として使われることを想定したのか、自分自身の日記を改竄しているもよう:
She was also questioned about sidenotes made to her original notes and whether they had been added later, once she found out that Mrs Dingle's cancer was terminal.

The sidenotes were in a different colour ink and different in size and language to her original notes.

Mr Hope: "Did you go back and correct your notes?"

Ms Scrayen: "No"

Mr Hope: "Essentially they are as you wrote them?"

Ms Scrayen: "Yes that's right."

ホメオパスScrayenは、自分自身の日記のオリジナルの記述に、Penelope Dingleの癌が末期状態だったことを知った後で、加筆したかどうか問われた。書き込みは、オリジナルの記述とはインクの色や文字の大きさが違っていた。

Hope検死官: 日記の記述を遡って修正しましたか?

ホメオパスScrayen: いいえ。

Hope検死官: それらの書き込みは、あなた自身によるものですか?

ホメオパスScrayen: はい、その通りです。

[AJA STYLES: "Dingle's 'cruel' cancer remedies" (2010/06/22) on WAtoday]
さらに、ホメオパスScrayenは、Penelope Dngleの緊急手術後に、免責を求めたらしい:
On Friday, Mr Dingle accused Ms Scrayen of trying to ask his wife for indemnity after her emergency surgery.

"She said, 'Francine had the gall to ask me for some form of indemnity'," Dr Dingle said.

However, when called to the stand after Dr Dingle, Mrs Scrayen testified that it was Mrs Dingle who offered to sign a "release form".

"I'll write you one, I'll sign you one," Mrs Scrayen quoted Mrs Dingle as saying to her.

Mrs Scrayen said that as she watched Mrs Dingle's condition deteriorate, she urged them both to seek medical attention.

金曜日にPeter DingleはホメオパスScrayenが妻Penelopeに対して、緊急手術後に、免責を求めてきたと批難した。。「妻は私に、『Francine [ホメオパスScrayen]は厚かましくも私に、何らかの免責を求めてきました』と言いました」とPeter Dingleは述べた。

しかし、Peter Dingleの後で証言台に呼ばれたホメオパスScrayenは、「免責合意書に署名すると言ってきたのはDingle夫人からです。『私は免責合意書を書いて、署名します』とDingle夫人が言いました。」と述べた。

さらにホメオパスScrayenは「Dingle夫人の症状の悪化を見て、Dingle夫妻に通常医療を受けるように強く求めました」と述べた。

[AJA STYLES: "Dingle's 'cruel' cancer remedies" (2010/06/22) on WAtoday]
夫Peter DingleとホメオパスScrayenの責任の押し付け合いが行われているために、どっちの証言が正しいのか不明だが、ホメオパスScrayenを免責する書面の話があったのは事実のようだ。

ということで検死官の調査継続中。ホメオパスFrancine Scrayenは全速回避行動中。


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/06/23 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック