2010/07/27

英国保健省は下院科学技術委員会報告を無視する

Telegraphの報道によれば、英国保健省は、英国下院の科学技術委員会の報告を無視して、「医学的に証明されないホメオパシーのNHS利用」を続行する。

既に英国下院科学技術委員会は、ホメオパシーにプラセボ以上の効果がなく、NHSはホメオパシーに資金援助すべきでないという報告書を出していた。
A report by a group of MPs said homeopathic medicine should no longer be funded on the NHS and called for a ban on the medicines carrying medical claims on their labels.

The Commons Science and Technology Committee said there is no evidence the drugs are any more effective than a placebo - the same as taking a sugar or dummy pill and believing it works.

Last month, doctors attending the British Medical Association (BMA) annual conference backed this view, saying homeopathic remedies should be banned on the NHS and taken off pharmacy shelves where they are sold as medicines.

The treatment was described as "nonsense on stilts" and that patients would be better off buying bottled water.

下院議員のグループによる報告書は、ホメオパシー医療はNHSによって資金援助されるべきではなく、医療効果をうたう医療は禁止すべきであると述べていた。

下院科学技術委員会は、ホメオパシー薬品にプラセボ以上の効果があるという証拠はない。すなわち砂糖玉やダミー錠剤を効くと信じて服用するのと同じだと。

先月、英国医療協会(BMA)年次総会に出席した医師たちは、この見方を支持して、ホメオパシーレメディはNHSでは禁止すべきであり、薬局で薬品として売られるべきでないと述べた。

その治療は、大言壮語のうえのナンセンスであり、患者はボトルウォーターを買う方が賢明だ。
これに対して、英国保健省は2010年7月26日に、事実上、下院の報告書を無視する回答を出した。
Ms Milton said the Government welcomed the MPs' report but "remain of the view that the local National Health Service and clinicians are best placed to make decisions on what treatment is appropriate for their patients".

These decisions should take account of safety, and clinical and cost effectiveness, she said, adding that the Government remained committed to providing good-quality information on the treatments.

Milton保健相は、「下院議員たちの報告書を歓迎するが、地域のNHAおよび医療者が、患者に適切な治療について判断するの適切だという見方を堅持する。これらの判断は、安全性・治療の有効性・コストの有効性を考慮してなされなければならない。政府は依然として、治療に関する高品質の情報提供にコミットしていく」と述べた。

[Richard Alleyne: "Homeopathy will not be banned by NHS despite critical report (2010/07/26) on Telegraph
Telegraphの記事は短くてよくわらない。

もう少し詳しい報道がPULSEにあった:
MPs had called not only for doctors to be barred from referring patients to homeopathic hospitals or homeopaths, but for the MHRA to intervene and to apply the same standards of regulation as for medicines, which they said would remove any medical claim supporters of homeopathy had.

But in its response today the DH said: ‘It is not appropriate for the Department of Health to remove the right of PCTs to make these decisions on a case-by-case basis.'

下院議員たちは「医師たちに対して、ホメオパシー病院やホメオパスを患者に紹介するのを禁じるとともに、英国医薬品庁(MHRA)に対して、通常医療と同じ規制を適用することを求めた。すなわち、ホメオパシー製品にある医療効果について記述の削除を求めた。

本日(2010/07/26)、保健省は「[地域の診療所を基盤とした医療サービスを行なう]プライマリケアトラスト(PCT)のケースバイケースの判断の権利を、保健省が奪うのは適切ではない。」と述べた。


さらに保健省はホメオパシーの証拠調査を拒否した。
The committee had also called for an investigation into the cost of homeopathy to the NHS and for new research into the evidence-base for homeopathy, but this too was rejected.

委員会はNHSにおけるホメオパシーのコスト調査および、ホメオパシーについてのエヴィデンスベースの調査を求めていたが、これも保健省は拒否した。
効かない証拠が既に存在する。誰もホメオパシーが効くという証拠が出せないことは明らか。であるが故に、調査拒否していると思われる。

そして...
MPs had wanted regulators to ‘remove any medical claim and any implied endorsement of efficacy by the MHRA’ by ensuring the same evidence of efficacy used to assess conventional medicines was used, but the Government said this would potentially deal a fatal blow to the homeopathy market and limit consumer choice.

‘Homeopathy has a long tradition in Europe and is a recognised and widely used system of medicine across the EU,’ it said.

‘The Government takes the view that consumers who choose to use homeopathic medicines should be fully informed about their purpose and assured that standards of quality and safety are maintained. If homeopathic medicines were not subject to any kind of regulatory control consumers would not have access to such information or assurances.'

'Conversely, if regulation was applied to homeopathic medicines as understood in the context of conventional pharmaceutical medicines, these products would have to be withdrawn from the market as medicines. This would constrain consumer choice and, more importantly, risk the introduction of unregulated, poor quality and potentially unsafe products on the market to satisfy consumer demand.’

下院議員たちは規制当局に対して、通常医療のアセスメントに用いられる有効性の証拠と同じものを求めることで、「医療効果の主張や、英国医療薬品庁(MHRA)の有効性の暗黙の保証を意味する記述の削除」を求めた。しかし、政府は「ホメオパシー市場に致命的ダメージを与えかねず、消費者の選択の幅を狭めるものだ」と述べた。

「ホメオパシーは欧州で長い伝統があり、EU全体で治療システムとして認められ、広く用いられている。政府は、『ホメオパシー医療利用を選択する消費者に十分な情報が提供されるべきで、品質および安全基準の遵守が保証されるべきだ』との見解をとっている。いかなる規制当局の規制も受けないホメオパシー医療はそのような情報へのアクセスおよび保証がえられない。逆に言うなら、通常医薬品の意味で理解されるような形でのホメオパシー医療への規制の適用がなされるなら、これらの製品は市場から医薬品としては消え去ることになる。これは消費者の選択の幅を狭めるものである。さらに重要なことは、消費者の求めに応じて、規制を受けない低品質で安全でないかも知れない製品が広まるリスクがある。」

[Ian Quinn: "Government defends right to homeopathy on the NHS" (2010/07/26) on PULSE]
通常医療と同じ規制のもとにホメオパシーを置くと、ホメオパシーは医療として存続しえないという点は保健省も認めている。ただし、通常医療と同じ規制にして医療からホメオパシーを消すと、ホメオパシーが地下にもぐってしまって、誰も安全性を保証できなくなるので、表に置いておくためにダブスタを続けるという。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/07/27 08:38 | Comment(2) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいど。

ところで、
「Government Response to the Science and Technology Committee report 'Evidence Check 2: Homeopathy’」
の41項目目に以下のような記述があります。

『In recent years the MHRA has removed from the market homeopathic products being promoted for the prevention of malaria and the treatment of cancer.』

この記述の出典となる文献御存じないですか?

よろしくお願いします。
Posted by ながぴい at 2010/08/03 09:02
おそらくこれですね。

==>http://www.mhra.gov.uk/home/groups/l-unit1/documents/websiteresources/con2024923.pdf

2010/08/04付けエントリで取り上げました。

==>http://transact.seesaa.net/article/158407731.html

いかがでしょうか?
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2010/08/04 06:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

朝日記事 good job
Excerpt: マスコミには批判的な立場になりがちですが、良い仕事をしたときには素直に評価します。今回取り上げる記事は、 「ホメオパシー」トラブルも 日本助産師会が事態調査 この記事についての評価はNATROM様の..
Weblog: 新小児科医のつぶやき
Tracked: 2010-08-06 07:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。