2010/07/31

ホメオパスScrayenを信じて、手術を拒否して死亡したPenelope Dingleについての検死官判断

ホメオパシーで直腸癌を治そうとして、痛みに耐えきれず緊急手術を受けたが手遅れで、2年後に死亡したPenelope Dingleの件の続き...


西オーストラリア検死官の判断が出た。まず、Penelope Dingleのまわりの人物たち、治療法を助言していたホメオパスScrayenや、食事療法を担当していた夫Peter Dingleについて:
A coroner has found that "misinformation and poor science" led to the death of a Perth woman who refused conventional treatment for her cancer.

Penelope Dingle died in August 2005 after initially refusing surgery for rectal cancer, opting to be treated with alternative remedies instead.

The 45-year-old underwent emergency surgery in October 2003 to remove a life-threatening tumour but the cancer had already spread to other parts of her body.

Delivering his findings on Friday, West Australian Coroner Alastair Hope said homeopath Francine Scrayen "was not a competent health professional" and had given "dangerous advice" to Mrs Dingle when treating her.

He also said Mrs Dingle's husband Peter, a prominent toxicologist, was "a victim of his own misinformation" and had "no qualifications in health and wellness".

Dr Dingle, who was a guest presenter on the ABC's Can We Help? program, had written papers arguing that chemotherapy was ineffective in treating cancer.

The coroner also recommended that doctors William Barnes and Igor Tabrizian, who Mrs Dingle consulted, be referred to the Medical Board of WA over their conduct.

Mr Hope said Dr Barnes' suggestion Mrs Dingle use vitamin C and Carnivora to potentially stop the tumour growing and Dr Tabrizian's failure to examine her properly was enough reason to refer them to the board.

検死官は、通常医療の癌治療を拒否した、パース在住の女性の死は、「誤った情報と貧弱な科学知識」によるものだったと判断した。

直腸癌の手術を最初拒否して、代替医療のレメディによる治療を選択したPeneplope Dingleは2005年8月に死亡した。彼女は45歳で、2003年10月に、生命を脅かしてい腫瘍の切除のための緊急手術を受けたが、既に癌は体のあちことに転移していた。

西オーストラリア検死官Alastair Hopeは、金曜日に判断を言い渡すにあたり、「ホメオパスFrancine Scrayenは正統な医療専門家ではなく、Penelope Dingleを治療中に危険な助言をした。また、著名な毒物学者で、Penelopeの夫であるPeter Dingleは、自身が自らの誤った情報の犠牲者であり、医療資格を持っていない」と述べた。

ABCの"Can We Help"という番組のゲストプレゼンターだったDr. Peter Dingleは、化学療法は癌治療には有効でないと論じる論文を書いたことがあった。

Hope検死官は、Penelope Dingleの相談を受けた医師William BarnesとIgor Tabrizianを西オーストラリア医療委員会へ送致することを推奨した。Hope検死官は「Barnes医師はPenelope DingleにビタミンCとCarnivoraで、腫瘍の成長を止められる可能性があると助言し、Tabrizian医師は彼女を適切に診断しなかったことは、西オーストラリア医療委員会へ送致するに十分な理由である」と述べた。

[ANGIE RAPHAEL: "Inquest into Dingle death" (2010/07/30) on Sydney Morning Herald -- AAP]
ただし、最終的な判断はPenelope Dingle本人によるものだったと:
But the coroner said the decisions on treatment were ultimately made by Mrs Dingle herself.

He said she conducted her own research and made her own decisions not to have chemotherapy, radiotherapy and surgery until it was too late because she was told she would be infertile after the treatment.

Mrs Dingle's main doctor, Professor Cameron Platell, was praised by the coroner as an "excellent" medical practitioner.

Mr Hope said Dr Platell had given "reliable and clear information" but Mrs Dingle had been "influenced by misinformation and bad science" from others.

しかし、検視官は「治療上の決定が最終的にはPenelope Dingle自身によってなされた。彼女は自分で調査し、手遅れになるまで化学療法・放射線療法・手術を受けないと判断した。そう判断したのは、彼女が、それらの療法を受けると不妊になるかもしれないと告げられたためだ。」と述べた。

「彼女の主治医であるCameron Platell教授は優れた医師である。彼は信頼できる明確な情報を提示した。しかし、Penelope Dingleは他の人々からの誤った情報と貧弱な科学知識に影響されていた」と述べた。
また、検死官は、事実判断として、緊急手術を受けていなければ、24時間以内に死亡していたとのDr. Platellの判断を受け入れている。
posted by Kumicit at 2010/07/31 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック