2010/08/04

英国保健省は、ホメオパシーを軽度の症状に限定している

"ながぴい"さん指摘の、「ホメオパシーをNHSの対象にしなように求めた英国下院科学技術委員会報告に対する英国政府保健省の回答の41項目」にある「In recent years the MHRA has removed from the market homeopathic products being promoted for the prevention of malaria and the treatment of cancer.」について。
41. The fact that homeopathic medicinal products come within a regulatory scheme strengthens the ability of MHRA to take regulatory action where inappropriate claims are made about a product. In recent years the MHRA has removed from the market homeopathic products being promoted for the prevention of malaria and the treatment of cancer....

ホメオパシー医療製品が法規制のもとにあるという事実は、ある製品について不適切な主張がなされた場合に対処する保健省の権限を強いものにしている。近年、保健省はマラリア予防や癌治療をうたうホメオパシー医薬品の販売を禁じた。...

[Government Response to the Science and Technology Committee report]
これは、2006年9月の英国政府のホメオパシー規制を指していると思われる。

英国政府は、この規制により、ホメオパシーの対象範囲を軽度な症状に限定している。
[THE HOMEOPATHIC NATIONAL RULES SCHEME BRIEF
GUIDANCE FOR MANUFACTURERS AND SUPPLIERS
(September 2006) ,pp.8-9]

12. Minor symptoms and minor conditions (軽度な症状と軽度な病気)

As set out in the new regulation 4(1B) to the 1994 Regulations, only products which are
indicated for the relief of minor symptoms and minor conditions in humans are eligible
for a marketing authorization under the National Rules scheme. For these purposes,
minor symptoms are those which can ordinarily and with reasonable safety be relieved or
treated without the supervision or intervention of a doctor.

It is not possible to provide an exhaustive list of indications that would not be acceptable.

Nevertheless, the following are examples of indications that we do not consider would
be permitted under the National Rules Scheme:

1994規制に対する新しい規制4(1B)として、人間の軽度な症状および軽度な病気を軽減すると述べている製品のみが、政府法規制のもとで、販売承認について適格である。これらの目的のために、「医師の監督あるいは介入なしに、通常は、合理的に軽減あるいは治療できる症状」を軽度な症状とする。

これに該当しない症状の完全なリストは提供不可能である。

しかし、以下は、政府法規制のもとで販売承認できない症状の例である。

Bone diseases (骨の疾患)
Cardiovascular diseases (心血管疾患)
Chronic insomnia (慢性の不眠症)
Diabetes and other metabolic diseases (糖尿病やその他代謝系の疾患)
Diseases of the liver, biliary system and pancreas(肝臓や胆管系や膵臓の疾患)
Endocrine diseases(内分泌疾患)
Genetic disorders(遺伝的疾患)
Joint, rheumatic and collagen diseases(関節やリューマチや膠原病)
Malignant diseases(悪性疾患 [癌など] )
Psychiatric conditions(精神疾患)
Serious disorders of the eye and ear(眼および耳の重度の疾患)
Serious gastrointestinal diseases(重度の消化器疾患)
Serious infectious diseases including HIV-related diseases and tuberculosis(HIV関連疾患や結核を含む重度の感染症)
Serious neurological and muscular diseases including epilepsy(癲癇を含む重度の神経疾患および筋疾患)
Serious renal diseases(重度の腎疾患)
Serious respiratory diseases(重度の呼吸器疾患)
Serious skin disorders(重度の皮膚疾患)
Sexually transmitted diseases(性感染症)
Treatment and Prevention of malaria(マラリアの治療および予防)

Again, it is not possible to provide an exhaustive list of conditions not requiring medical
supervision. However, typical examples of conditions that could be covered include:

繰り返すが、医師の監督の必要がない症状の完全なリストは提供不可能である。しかし、典型的な症状は以下のようなものである。

Indigestion, heart burn, hyperacidity, dyspepsia, halitosis (bad breath) or
flatulence(消化不良、胸やけ、胃酸過多、口臭あるいは鼓腸)
Colicky pain, stomach ache or nausea, occasional or non-persistent diarrhoea or
constipation(疝痛、腹痛あるいは吐気、慢性でない下痢あるいは便秘)
Travel sickness or related symptoms(乗り物酔い、あるいは関連症状)
Minor skin infections, relief of pruritus or exanthematous rashes of childhood infection and boils, athlete’s foot(軽度の皮膚感染症、子供の感染症やおできによる軽度の掻痒や発疹の緩和、水虫)
Common colds, coughs, conditions commonly referred to as influenza and similar upper respiratory tract infections(普通の風邪、咳、インフルエンザや上気道感染症に見られる症状)
Minor acute inflammatory conditions of the buccal cavity and pharynx including sore throats(喉の痛みを含む、口腔および咽頭の軽度の急性炎症)
Muscular pain and stiffness including backache, sciatica, lumbago, fibrositis, rheumatic pain and cramp.(筋肉痛や、腰痛、坐骨神経痛、腰痛、結合組織炎、リウマチの痛み、痙攣を含む筋肉のこわばり)
Hay fever, rhinitis and catarrh.(花粉症、アレルギー性鼻炎、カタル)
Blocked-up sinuses.(鼻詰まり)
Headache including migrainous headache(偏頭痛をふくむ頭痛)
Neuralgia(神経痛)
Difficulties falling asleep(入眠困難)
Agitation, anxiety, irritability, nervous tension, stresses, strains, tenseness(動揺、不安、神経過敏、ストレス、緊張)

Applicants wishing to claim indications for anything other than minor symptoms or minor conditions would need to apply for a full marketing authorization which is supported by evidence of efficacy from controlled clinical trials.

軽度な症状あるいは軽度な病気以外について表記したい申請者は、コントロールされた臨床試験による有効性の証拠によって支持された、完全な販売承認を申請する必要がある。
ホメオパシーをNHS適用対象継続として英国保健省だが、そもそもホメオパシーの対象を軽度な症状に限定している。しかも、それらの症状に効くことを、ホメオパシー製品製造・販売業者に証明させていない。

この「証明しなくていい」ことは、今回の英国保健省の回答にも、明記されている。
37. Homeopathy has a long tradition in Europe and is a recognised and widely used system of medicine across the EU. The Government takes the view that consumers who choose to use homeopathic medicines should be fully informed about their purpose and assured that standards of quality and safety are maintained. If homeopathic medicines were not subject to any kind of regulatory control consumers would not have access to such information or assurances. Conversely, if regulation was applied to homeopathic medicines as understood in the context of conventional pharmaceutical medicines, these products would have to be withdrawn from the market as medicines. This would constrain consumer choice and, more importantly, risk the introduction of unregulated, poor quality and potentially unsafe products on the market to satisfy consumer demand.

ホメオパシーは欧州で長い伝統があり、EU全体で治療システムとして認められ、広く用いられている。政府は、「ホメオパシー医療利用を選択する消費者に十分な情報が提供されるべきで、品質および安全基準の遵守が保証されるべきだ」との見解をとっている。いかなる規制当局の規制も受けないホメオパシー医療はそのような情報へのアクセスおよび保証がえられない。逆に言うなら、通常医薬品の意味で理解されるような形でのホメオパシー医療への規制の適用がなされるなら、これらの製品は市場から医薬品としては消え去ることになる。これは消費者の選択の幅を狭めるものである。さらに重要なことは、消費者の求めに応じて、規制を受けない低品質で安全でないかも知れない製品が広まるリスクがある。

[Government Response to the Science and Technology Committee report]
すなわち、通常医療と同じ法規制のもとにおけば、ホメオパシーは消滅すると。

以上から、英国スタンダードを称するのであれば、上記の重度な病気に効くなどと言ってはならない。

それとともに、英国政府は「軽度な症状に効くかどうかについても、通常医薬品並みの証明を求めたら、ホメオパシー商品が消滅」すると認識していることを知っておくべき。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/08/04 06:53 | Comment(4) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおぉ〜!!
ありがとうございます!
こんな早くにリスポンスがあるとは思いませんでした。

さっそく読ませていただきます。
Posted by ながぴい at 2010/08/04 08:58
こんにちは。大意にはまったく影響しないのですが、ほんの少し訳のミスがあります。最初の引用の枠内。

The fact that homeopathic medicinal products come within a regulatory scheme 【←ここまでが主語】 strengthens 【←動詞】 the ability of MHRA to take regulatory action where inappropriate claims are made about a product.

ゆえに:
ホメオパシー医療製品が法規制のもとにあるという事実は、ある製品について不適切な主張がなされた場合に対処する保健省の権限を強化した。

※……と訳文を書いてみても、元のとどう違うのか、一見わからない程度のことです。
Posted by nofrills at 2010/08/04 10:26
どうもでです。
訳文そのまま修正しました。
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2010/08/04 23:52
THE HOMEOPATHIC NATIONAL RULES SCHEME
BRIEF GUIDANCE FOR MANUFACTURERS AND SUPPLIERS
September 2006
のアドレスが変わったようです。
https://www.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/391654/The_homeopathic_national_rules_scheme_-_brief_guidance_for_manufacturers_and_suppliers.pdf
Posted by 多分役立たず(HNです) at 2015/07/14 19:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158407731
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ホメオパシーを利用するなら
Excerpt: なんかホメオパシー関連のエントリがここのところ多くて、自分でもどうだかなぁ、と云う気になってきたので、まとめでもないけど伝えたいことを。ホメオパシーを利用しているかた、利用しようかなぁとか思っているか..
Weblog: Chromeplated Rat
Tracked: 2010-08-18 21:47