2010/08/07

創造論教育を模索するLivingston Parish学区教育委員会に反応するDiscovery Institute所長

民主党Ben Neversルイジアナ州上院議員が提案した、Discovery Instituteのモデル州法案をベースとする反進化論州法Act473が成立してから2年が経過した。

==>ルイジアナ州の反進化論州法SB733/Act473成立 (2008/06/28)

そして、この州法に基づいて、理科の授業で"若い地球の創造論"を教えることを検討し始めたのが、Livingston Parish学区教育委員会:

==>ルイジアナ州Livingston Parish学区が創造論教育へ歩みだす (2010/08/03)

結局は、今年度の導入は見送り、理科の授業で創造論を教えるのは、来年度以降になった。

で、この件に関して、先送りの報道が出る前に、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteのBruce Chapman所長が、あわてて、「この州法では創造論教育は不可能」&「この州法の支持者全体はそのようなことは考えていない」という記事を書いた。
Louisiana Governor Bobby Jindal signed into law last year an act that sets parameters for teachers who introduce scientific supplements on Darwinian evolution, global warming, human cloning and other controversial subjects. The state's Science Education Act encourages "open and objective discussion of scientific theories being studied." It specifically prohibits religious instruction or interpretations (or irreligious interpretations, for that matter). The law is simple, reasonable and avoids constitutional and scientific mistakes that afflicted earlier laws in Louisiana and elsewhere.

昨年、ルイジアナ州知事Bobby Jindalは、ダーウィン進化論と地球温暖化とヒトクローンとその他の主題について科学的副教材を使用する教師に対する規定を定めて州法に署名した。この州の科学教育州法は、科学理論についてのオープンかつ客観的な議論の学習を推奨する。この州法は特に、宗教教育あるいは宗教的解釈(あるいは、その問題についての非宗教的解釈)を禁じている。この州法は単純で合理的で、ルイジアナ州などのかつての州法にあった、憲法問題および科学的誤りを回避する。

But in Livingston Parish, east of Baton Rouge, some enthusiasts for a literal Biblical account of creation decided that the new law gives them authority to teach creationism -- the account from Genesis. That view clearly violates the law and also the U.S. Constitution as it long has been interpreted. Reported statements from Livingston school board member David Tate were so fallacious and confrontational that they could have been scripted by his supposed adversaries if they were looking for ways to make him look bad.

しかし、Baton Rougeの東にあるLivingston Parishの、聖書の創造の字義通りの解釈を求める者たちが、この州法のもとで、創造論すなわち創世記の記述を教えることができると判断した。この見方は明らかに州法および、長きにわたっての解釈のとおり、合衆国憲法違反である。Livingstone学区教育委員会のDavid Tate委員の報道された声明は、あまりに虚偽的かつ敵対的であり、彼の仮想的が彼を悪く見せようとして書いた可能性がある。

"We just sit up here and let them teach evolution," Tate orated, "and not take a stand about creationism. To me, how come we don't look into this as people who are strong Christians and see what we can do to teach creationism in schools. We sit back and let the government tell us what to do. We don't pray to the ACLU and all them people: we pray to God."

David Tate教育委員は「我々は学校に子供たちに進化論を教えさせている。しかし、この学区教育員会の全員が創造論を信じていると私は考えている。宗教信仰持つ者に創造論を教えさせられないわけがない。我々は政府に為すべきことを告げる時だ。我々はACLUなどには祈らない。我々は神に祈るのだ」と述べた。

Tate's fulminations are not characteristic of the educators and legislators who passed the new Louisiana law, but you can be sure that the Darwinist opponents of the law will try to make them sound representative. The same thing happened in Dover, Pennsylvania, in 2005 when school board members decided to grab onto the phrase (not the reality) of "intelligent design" to promote religious doctrine.

Tate委員の激しい非難は、ルイジアナ州法を成立させた教育者や州議会議員たちの特徴ではない。それは州法に反対するダーウィニストたちが、それを代表的なものだと思わせようとしているのだ。同じことが、2005年のペンシルバニア州Dover学区でも起きた。学区教育委員たちは宗教教義を宣伝するために「インテリジェントデザイン」という用語を使うことに決めた。

[Bruce Chapman:"A Classic Evolution Policy Blunder" (2010/08/04) on The American Spectator]
そもそも、公立学校で創造論も教えるべきという人が半数を超える米国で、その声を背景としている州議会議員や各レベルの教育委員たちが、あえて求めるものがあるなら、それは創造論教育。
Pew Research Center for the People & the Press and Pew Forum on Religion & Public Life survey conducted by Schulman, Ronca & Bucuvalas (SRBI). July 6-19, 2006. N=996 adults nationwide. MoE ± 3.5.

"Would you generally favor or oppose teaching creationism along with evolution in public schools?"

Favor Oppose Unsure
% % %
7/6-19/06 58 35 7



CBS News/New York Times Poll. Nov. 18-21, 2004. N=885 adults nationwide. MoE ± 3.

"Would you generally favor or oppose teaching creation along with evolution in public schools?"

Favor Oppose Unsure
% % %
11/2004 65 29 6

[Polling Report -- Science and Nature]
2006年にカリフォルニア州Frazier Mountain高校のSharon Lemburg先生が哲学の授業で教えたインテリジェントデザインは「地球も宇宙も6000歳な若い地球の創造論」だった。もちろん、インテリジェントデザインは創造論ではないと主張してきたDiscovery InstituteのCasey Luskinはあわてて、授業中止を求める書簡を出したけどね。

にもかかわらず、Bruce Chapman所長は、反進化論州法およびインテリジェントデザインを擁護して次のように述べている:
The board members, as in Livingston, Louisiana, were as ignorant of the limits of the scientific case against strict Darwinism as they were of the content of intelligent design theory.

ルイジアナ州Livingstoneと同じく、Doverの教育委員たちも、厳密なダーウィニズムに反する科学的事例の限界も、インテリジェントデザイン理論の内容の限界も知らない。
実際のところ、知らなくて当然。Discovery Instituteの方針について問われたとき、George Gilderは「私はダーウィンの代替としてインテリジェントデザインを教えることを推進していない。そして彼らもだ。推進しているのはダーウィニズムを批判することであり、論争があることを教えることだ。インテリジェントデザイン自体に中味はない」と答えている。

==>復習インテリジェントデザイン

posted by Kumicit at 2010/08/07 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。