2010/08/08

メモ「ホメオパスを信じた癌患者」

乳癌が再発し手術不可能と告げられたMary NedloufはホメオパスDr. Jarir Nakouziに希望を託した。そして、Maryの苦痛は増し、夫Said Nedloufは4万1000ドルを治療費として失い、夫妻は残されていた貴重な時間を効かない治療のために失った。
[No Way to Treat the Dying (2008/01/26) on NewsWeek]

Cancer, says Barrett, is 'a fertile field for exploitation because patients are so often frightened.'

患者は怯えていることが多く、それ故に、癌は搾取のための肥沃な大地となっていると、Barrett[Quackwatch主宰]は言う。

What price do you put on hope? Is $3,000 a week too much? Said Nedlouf faced that question when his wife, Mary, was diagnosed with an inoperable recurrence of breast cancer in the summer of 2006. It did not at first seem like too much to spend on "bioresonance therapy," "quadrant analysis" and "autosanguis" treatments by Dr. Jarir Nakouzi, a homeopathic physician in Bridgeport, Conn. "Whatever that woman wanted, I would do it," says Nedlouf, a native of Morocco who met Mary at Disney World and lived with her in Orlando. Now, a year after his wife's death, Nedlouf thinks he made a bad deal. "He sold us hope that wasn't there," says Nedlouf, who has filed a complaint against the doctor with the Connecticut Department of Public Health.

"希望"に対して、あたたならいくら払うだろうか? 週3000ドルは高すぎるだろうか? Said Nedloufは、2008年夏に、妻Maryが乳癌が再発して、手術不可能と診断されたとき、この問いに直面した。コネチカット州Bridgeportのホメオパシー治療者Dr. Jarir Nakouziの「バイオレゾナンスセラピー」や「四象限解析」や「autosanguis療法」への支払いは、最初は高すぎるとは思わえなかった。ディズニーワールドでMaryに出会い、MaryとOrlandoに住んでいた、モロッコ生まれのSaid Nedloufは「彼女が望むなら、何だってやる」と言っていた。そして、彼の妻が死んで1年の時が流れ、Said Nedloufは、あの支払いは部の悪いものだったと考えるようになった。「Nakouziは存在しない"希望"を売っていた」とSaid Nedloufは言う。そして、彼はDr. Nakouziとコネチカット州公衆衛生局を提訴した。

But Nakouzi was the only one who was offering hope. By the time Mary saw him―after a double mastectomy, chemotherapy and radiation―her cancer was incurable, according to her oncologist, Dr. Nikita Shah. At that point conventional medicine could offer only a remission that might last years, months―or weeks.

しかし、希望を提供していたのは、Nakouziただ一人だった。Maryは両乳房切除手術と化学療法や放射線慮法を受けたが、Maryの腫瘍の担当医Dr. Nikita Shahによれば、癌は治療不可能だった。その時点までには、Maryにとっては、Nakouziが唯一の希望になっていた。その時点では、通常医療ができることは、1年か1か月か一週間かの最後の時に苦痛軽減しかなかった。

Nakouzi did talk about a cure, according to Said Nedlouf. "He talked about getting to the 'root' of the cancer, and that there could be as many as 20 roots," Nedlouf says. He recalls that Nakouzi took a history that went back to Mary's early childhood, focusing on emotional traumas and the deaths of people close to her, probed her with electrodes and prescribed a daily regimen of 30 to 40 pills and supplements. "He talked about eating healthy, using the right toothpaste," Nedlouf says, wonderingly. (Nakouzi declined to be interviewed, citing the ongoing investigation. DPH records show no past disciplinary actions against him.) Homeopathy, a longstanding alternative to standard medical practice that appears to be undergoing a revival, is described on Nakouzi's Web site as "based upon the idea of Similia Similibus Curantur (Like cures Like): A pharmacologically active substance … triggers a series of symptoms. These same symptoms in a sick person can be cured by giving micro doses of this substance." Dr. Jack Killen, acting deputy director of the National Center for Complementary and Alternative Medicine, says homeopathy "goes beyond current understanding of chemistry and physics." He adds: "There is, to my knowledge, no condition for which homeopathy has been proven to be an effective treatment."

Said Nedloufによれば、Nakouziは治療について語った「彼[Nakouzi]は癌の根源について語り、最大20の根源があると言った。NakouziはMaryが小さいころまで遡り、トラウマや身近な人の死に焦点を当て、電極でMaryを検査し、毎日30〜40錠の薬とサプリを処方した。Nakouziは健康的な食事と、正しい歯磨きを使うように言っていた。」Said Nedloufは訝しげにそう言った。Nakouziは捜査が進行中であることを理由にインタビューを辞退した。州公衆衛生局の記録にはNakouziの懲戒歴はない。ホメオパシーは長きにわたって、通常医療に対する代替医療として存在し、復活中である。Nakouziのウェブサイトには「ホメオパシーは"Similia Similibus Curantur"(似たものが似たものを治す)という考えに基づいている。すなわち、薬理学的に有効成分が一連の症状を引き起こす。病気の人のその同じ症状を、同じ物質を微量服用すること治癒させる」と書かれている。補完代替医療センターの副所長代理であるDr. Jack Killenは「ホメオパシーは現在の化学と物理の理解を超えている。私の知る限り、ホメオパシーが有効な治療法だと証明されている症状はない」と述べている。

But hope, not proof, is what Mary Nedlouf wanted. On a visit, her cousin Mary Maynard expressed concern about her condition. "I am fine," she retorted. "I am being cured." Cancer, says Dr. Stephen Barrett, who runs the Web site Quackwatch.org, is a "fertile field for exploitation, because patients are so often frightened or desperate." By December, Mary's cancer had broken through the chest wall, covering her skin with an oozing sore. The hotel maids refused to touch her sheets, so Said washed them himself. A cancer-weakened vertebra fractured, excruciatingly. Finally Said stepped in. He called a halt to the treatments, after, he says, running up bills of about $41,000 (most of which he is disputing). When he brought her home, "it was frightening to see her," says Maynard. The sore on her chest was ghastly. She died a few weeks later.

しかし、証明ではなく希望をこそが、Mary Nedloufの求めたものだった。彼女の従姉妹であるMary MaynardがMary Nedloufを訪れた時、彼女の病状について心配だと言った。これに対して、Mary Nedloufは「私は元気です。快方に向かっています。」と答えていた。Quackwatch.orgを主宰するDr. Stephen Barrettは「患者は怯えていることが多く、それ故に、癌は搾取のための肥沃な大地となっている」と言う。12月までに、癌はMary Nedloufの胸壁を突破し、彼女の皮膚に炎症を起こしていた。ホテルのメイドはMaryのシーツに触れるのを嫌がったので、Said Nedloufが洗っていた。癌で弱くなった脊椎は、耐えがたいほどに骨折していた。最後に、Said Nedloufは介入した。請求書の額が41,000ドル(裁判で求めている賠償額とほぼ同じ)になったとき、彼は治療の中止を求めた。「Said NedloufがMary Nedloufを家に連れて帰ってきたとき、彼女を見るのが怖かった」と従姉妹であるMary Maynardは語った。胸の炎症はあまりにひどいものだった。Mary Nedloufはその数週間後に亡くなった。

Said Nedlouf doesn't blame Nakouzi for not curing an incurable cancer. He sees now that Mary's will to live may have tipped over into self-delusion. But is she to blame for that? Nakouzi's useless treatments, he says, "robbed me of precious time to console her, to come to closure, to prepare for her departure." And that seems like a high price for hope.

Said Nedloufは治療不可能な癌を治せなかったことでNakouziを責めているわけではない。彼は、Maryの生きたいという意志が、Mary自身を幻惑したのではないかと考えている。しかし、そのことでMaryは責められるべきなのだろうか。Said Nedloufは「Nakouziの役に立たない治療のために、私はMaryを慰め、Maryとの別れの準備をするための貴重な時間を失った。そして、その金額は希望には高すぎた」と述べた。
ホメオパスDr. Jarir NakouziはMary Nedloufの生命を奪ったわけではない。既に死はもはや避けられなくなっていた。ホメオパスDr. Jarir Nakouziが奪ったのは、4万1000ドルのお金と、貴重な最後の時間。そして、その対価としてNedlouf夫妻に提供したのは、実ることなき希望。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/08/08 03:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック