2010/08/22

インドのウィッチハンティング

インドの田舎でもウィッチハンティングが起きており、年間150〜200名程度が殺されている。
Citing National Crime Bureau statistics, a Dehra Dun-based NGO has said that nearly 150-200 women are killed every year in the country after being tagged as ‘witches.'

インド国家犯罪局統計を引用して、Dehra Bunを拠点とするNGOが毎年150〜200名の女性がウィッチだとされて殺されていると述べた。

Jharkhand tops the list with 50-60 witchcraft-related murders every year, followed by Andhra Pradesh, where the number is around 30, Haryana with 25-30 and Orissa with 24-28 deaths, Rural Litigation and Entitlement Kendra (RLEK) chairman Avdhash Kaushal said.

According to a study conducted by RLEK, more than 2,500 women were killed in the past 15 years after being accused of practising witchcraft.

Five women were stripped and paraded naked last year at Patharghatia village in Jharkhand's Deodhar district. In another incident, a 40-year-old woman was allegedly lynched by her women neighbours at Sikariatand village in Simdega district of the same State, Mr. Kaushal said.

“It is very sad that women are still being killed rampantly after being declared witches. A majority of these incidents are not reported in the media,” he said, adding that a national legislation was needed to overcome the menace.

“We will soon file a writ petition in the court of law to seek a remedy in the form of legislation from Parliament on the issue,” he said.

Jharkhand州では、毎年50〜60名が、Andhra Prdesh州では30名程度が、Haryana州では25〜30名が、Orissa州では24〜28名がウィッチクラフトに関して殺されていると、NGO"Rural Litigation and Entitlement Kendra (RLEK)"のAvdhash Kaushal代表が述べた。

RLEKの調査によれば、過去15年で2500名以上の女性がウィッチクラフトを行ったとして、殺されている。

「Jharkhand州のDeodhar地区にあるPatharghatia村では、昨年、5人の女性が裸にされて、村を歩かされた。別の事件では、同じ州のSimdega地区のSikariatand村で、40歳の女性が隣人たちにリンチされた疑いがある。ウィッチだと宣告されて、女性が暴虐に殺されるのは悲しいことである。これらの事件の大半はメディアでは報道されていない。このような脅威を克服するためには法制度の整備が必要だ。まもなく我々は、この問題について議会が立法の形で救済を求めるように法廷で申立てを行う」と、Kaushal代表は述べた。

[‘Nearly 200 women killed every year after being branded witches' (2010/07/26) on The Hindu]
この問題について、昨年BBCも報道している。
Five women were paraded naked, beaten and forced to eat human excrement by villagers after being branded as witches in India's Jharkhand state.

Local police said the victims were Muslim widows who had been labelled as witches by a local cleric.

The incident occurred on Sunday in a remote village in Deoghar district.

Correspondents say the abuse of women who are branded as witches is common, but rare footage of the incident has caused outrage across India.


インドのJhakhand州で、村人たちによって、ウィッチの烙印を押された5人の女性が裸で村を歩かされ、殴られ、人間の排泄物を食べさせられた。

現地警察によれば、被害者はウィッチだと地元の聖職者がレッテルを貼った、陰スラム教と未亡人たちだった。事件はDeoghar地区の田舎の村で起きた。

ウィッチだとされた女性への虐待は普通の出来事であるが、事件の貴重な映像はインド全体に怒りを起こしていると、特派員は述べている。

特派員は、魔女として一般的ですブランド化された女性の乱用が、事件の貴重な映像は、インド全体の怒りを起こしていると言う。

Police went to Pattharghatia village after being informed about the incident by a group of villagers.

They have lodged a case against 11 villagers, including six women. Four people have been arrested in connection with the incident.

Armed police have since been deployed to the area.

村人のグループから事件について報告を受けた警察が、Patthnghatia村へ出動した。警察は6人の女性を含む11名の村人を告発し、4人を事件に関して逮捕した。それ以後、武装警察がこの地区に展開している。

[Salman Ravi : "Village 'witches' beaten in India" (2009/10/20) on BBC]
このような事件が起きる理由としてBBCの報道では...
Experts say superstitious beliefs are behind some of these attacks, but there are occasions when people - especially widows - are targeted for their land and property.

専門家たちは、これらの事件の背後には迷信があるが、土地や財産を持つ未亡人たちが特に狙われていると述べている。

[Salman Ravi : "Village 'witches' beaten in India" (2009/10/20) on BBC]
迷信に見えるが、実態は強盗殺人だというこの構造は、ケニアのウィッチハンティングにも見られる。

==>ケニアのウィッチハンティング (2009/09/22)



posted by Kumicit at 2010/08/22 08:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。