2010/08/24

ハイチでウィッチハンティング

2010年4月12日のMiami Heraldの報道によれば、米国からハイチ地震の救援にやってきた福音主義キリスト教などの宗教団体が、いまや勢力争いをしている。
in the three months after the earthquake, the relationship among faiths has evolved from one of rare unity to a fight for the Haitian soul. All hope to increase followers even as they assign blame for the quake.

地震(2010/01/12)から3か月(2010/04/12)がたち、宗教たちの関係は稀有な一体感からハイチ人の魂をめぐる戦いへと進化している。信者を増やすために地震の責任を押し付けあっている。

In the makeshift camps, along rubble-filled streets, Protestant preachers are battling Catholics as well as followers of Vodou, hoping to lure more congregants.

"When I hear some of the Protestant churches in the neighborhoods, you have the impression that only Catholics lost people in the earthquake," said William Smarth, a theology professor and diocese priest who was part of the liberation theology movement that helped oust former dictator Jean-Claude "Baby Doc" Duvalier.

"They say, `We [Catholics] don't believe in God, we don't believe in Jesus Christ.' "

瓦礫の山となっている通り沿いにある仮説キャンプでは、プロテスタントの説教師が、多くの会衆を釣り上げるべく、カトリックやヴードゥーの信者と戦っている。

神学教授で教区司祭でもあり、解放神学運動を担って、独裁者Jean-Claude "Baby Doc" Duvalier追放に寄与したWilliam Smarthは「近隣のプロテスタント教会のいくつかを聞くと、地震でカトリックだけが人命を失ったという印象を受けるだろう。『我々カトリックは神を信じていない。イエスキリストを信じていない』と言っていたと」

And both Catholics and Protestants clash with the followers of Vodou -- blaming the ancestral religion of Haiti's slaves-turned-freedom fighters -- for the monstrous quake. They lay blame on a centuries-old covenant taken on the eve of the Haitian revolution for the disastrous earthquake.

Fighting back, some Vodouists say it's not the curse of freedom that caused the quake, but the price for failing to properly bury one of Haiti's leading freedom fighters, Jean-Jacques Dessalines.

そして、カトリックとプロテスタントはともに、ヴードゥーの信者と衝突し、ハイチの奴隷出身の自由の戦士の先祖の宗教を大地震の元凶と責めている。彼らは一世紀前のハイチ革命前夜の契約を大地震の元凶だと責めている。

対抗するヴードゥー信者は、自由の呪いが地震を起こしたのではなく、ハイチの指導的自由の戦士Jean-Jacques Dessalinesの埋葬が適切でなかったからだと言う。

The tensions have only mounted as Evangelical and other religious groups from the United States fly en masse to a ravaged Haiti to feed and preach the Gospel.

Last month, Mario Joseph, a Haitian human rights lawyer, went before the Inter-American Commission on Human Rights seeking an investigation of attacks against Vodouists after several were stoned by Evangelical pastors in the Cité Soleil slum.

"In other zones of the country," he told the commission, "particularly in the commune of Verrettes in the Artibonite, literal witch hunts have been launched against priests and practitioners of this religion."

福音主義者とほかの宗教団体が、破壊された配置に食糧を供給し福音を説くべく米国から飛んできたことで、緊張が高まっている。

先月(2010/03)、ハイチの人権弁護士Mario Josephは、"Inter-American Commission on Human Rights"に先んじて、Cité Soleil slumでヴードゥー信者が福音主義キリスト教牧師から投石された後、ヴードゥー信者への暴力に対する調査を行った。

彼は"Inter-American Commission on Human Rights"に対して「この国の他の地域では、特にArtiboniteのVerrettesのコミューンでは、文字どおりヴードゥーに対するウィッチハンティングが始まっている。」と述べた。

[JACQUELINE CHARLES AND TRENTON DANIEL: "HAITI -- As unity unravels, a battle for Haitian souls is stirring" (2010/04/12) on Miami Herald]
災害をネタに信者獲得を図り、他宗教と戦うのは、宗教としてはf通の姿だろう。食糧をタダで恵んであげるような物好きはそうそういるわけではない。



posted by Kumicit at 2010/08/24 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。