2010/09/04

ハチミツで死んだ代替医療師

2006年12月に電気のプラグを踏んで怪我をした代替医療師が、ホメオパスの意見もいれて、自己治療し、2007年4月に壊疽で死亡した。
A healing therapist died after a minor injury went gangrenous because his 'inner being' told him not to see a doctor, an inquest has heard.

ヒーリングセラピストが、軽傷から壊疽に至って死亡したのは、"内的存在"が医師に診せるなとか語りかけたからであることが、検死官審問でわかった。

Russell Jenkins shunned conventional treatment for his foot injury after he trod on an electrical plug at home.
He instead tried the ancient remedy of putting honey on it but his toes later went black and began to stink.
Neither Mr Jenkins nor partner Cherie Cameron, a former nurse, sought med ical help, the inquest heard.

Russell Jenkinsは自宅で電気のプラグを踏んで足に怪我をしたとき、通常医療を受けなかった。彼はその替わりに、怪我にハチミツを塗るという昔の療法を使ったが、足の指が黒くなり、悪臭を放ち始めた。それでも、Russell Jenkins氏もパートナーで元看護婦のCherie Cameronも、通常医療に助けを求めようとしなかったことが、検死官審問でわかった。

The 52-year-old would have had a 30 per cent chance of survival if he had sought treatment just two hours before he died, said consultant vascular surgeon Mark Pemberton.

'Russell Jenkins' condition was inappropriately and ineffectively treated by himself and by others and led to his death,' said David Horsley, coroner for South-East Hampshire.

「Russell Jenkins(52歳)が死亡する2時間前に医療に助けを求めていたら、生存できる確率が30%あった」と、外科医長Mark Pembertonは述べた。

「Russell Jenkinsの症状に対して、不適切かつ効果のない治療が自分自身および第3者によって行われ、それが死につながった」と、South-East Hampshire検死官David Horsleyは述べた。

Mr Jenkins, who ran the Quiet Mind Centre from his home in Southsea, Hampshire, injured his foot in December 2006 and developed an 2cm-long ulcer.

Russell Jenkins氏は"Quiet Mind Centre"をHamshireのSouthseaの自宅で開業していて、2006年12月に足に怪我をし、2cmの長さの潰瘍になった。

In April 2007, Mr Jenkins, a diabetic, sought alternative advice from homeopath Susan Finn, who suggested he treat it with Manuka honey.
When Ms Finn visited him the next day, she saw blood on the bed sheets and detected a foul smell.

2007年4月に、糖尿病だったJenkins氏は、ホメオパスSusan Finnに助言を求めた。ホメオパスSusan Finnはマヌカハニーでの治療を提案した。翌日、彼のもとを訪れたホメオパスSusan Finnは、ベッドのシーツに血の跡があり、悪臭を放っていることに気付いた。

His foot had become swollen and one of his toes was discoloured. Two days later, his toes turned black.
He died on April 17 from gangrene caused by a mixed bacterial infection.

彼の足は腫れて、指は変色していた。2日後に、彼の足の指は黒くなった。彼は2007年4月17日に、混合細菌感染による壊疽で死亡した。

His mother, Eileen Jenkins, told the inq uest: 'To lose my son is devastating, absolutely. But the way he died. I just can't come to terms with it when I know all it needed was a phone call for a doctor or ambul-ance, for antibiotics and my son would be here today.'

彼の母親Eileen Jenkinsは検死官審問で「息子を失ったことはあまりに悲しいことです。しかし、その死に方があまりに悲しいです。必要だったことが医者か救急車を呼んで抗生物質を使えば、息子が今日も生きていたはずだということを知って、私はおさまりがつきません。」と述べた。

A narrative verdict was recorded by Mr Horsley

これらはSouth-East Hampshire検死官David Horsleyによって記録された。

[Healer dies after letting cut foot rot (2008/11/17) on Metro.co.uk]
死亡したRussell Jenkinsは詠唱による治療を行うという代替医療師だった。
Jenkins was active in the alternative medicine community in Portsmouth. He is described as a "spiritual chanting artist" in this interview with art website PoeticMind.co.uk, where he describes the "healing power" of chanting in Hebrew, and you can even find examples of his work on Youtube.

JenkinsはPortsmouthの代替医療界で活動していた。アートウェブサイトPoeticMindo.co.ukのインタビューで、彼は自らを「スピリチュアル詠唱アーティスト」と称して、ヘブライ語詠唱のヒーリングパワーについて語っていた。彼の仕事はYoutubeでも見れる。

His partner, Cherie, still works as an alternative medicine practitioner at the Quiet Mind Centre, an organization he founded.

彼のパートナーであるCherieは今も、彼が設立したQuiet Mind Centreで代替医療師として働いている。

The death of a curious artist is tragic. The fact that strong belief in alternative medicine was associated with his death is depressingly familiar. Let's hope that this case serves as a wake up call to anyone tempted to follow in his footsteps: honey doesn't cure gangrene, and failing to seek advice from the world of evidence-based medicine can be fatal.

興味津々のアーティストの死は悲劇だ。代替医療への強い信念が死を招いたという事実は、情けないほどよくあることだ。この例によって、彼と同じ道を歩む者たちへの警告となればいいと思う。ハチミツでは壊疽は治らない。EBMの助言を受けないことは死につながる場合もある。

[Healing Therapist Dies After Avoiding Medical Help (2008/11/18) on The Lay Scientist]
こっそり病院に行って、抗生物質を使ったうえで、詠唱で治したと主張しなかっただけ、誠実とは言えるが...

なお、これがRussell Jenkinsの詠唱。ドーレムを思わせる声だ。


ついでだが、恐るべきことに、傷をハチミツで治すという代替療法は現在でも存在している。
Large Open Wounds

When we have had large open wounds I will first use Manuka Honey 10+ honey and apply it directly onto the wound and then dress the area.

Later on as the injury begins to heal and new tissue is formed I will then mix the Traumeel OIntment with theManuka Honey 10+.

By mixing the Traumeel Gel or Cream with the Manuka honey it does not sting and I have found it very beneficial with the ongoing healing of open wounds.

The honey has huge healing properties and prevents the open wound from drying up. After applying the Traumeel and Manuka Honey 10+ the best thing to do is to cover the injury with a non-stick dressing and then bandage it.

[Sarah Bell: "Traumeel on Open Wounds" (2009/09/05) ]
なお、Manuka Honey 10+はレメディではなく、まったくのニュージーランド"天然"ハチミツである。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/09/04 07:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

こんにちは。
ニュージーランド在住の日本人の方の犬ブログで「マヌカハニー」見たことがあります。

>ニュージーランドちわわん生活
http://pukunz.blog32.fc2.com/blog-entry-1550.html
>マヌカハニーにはUMF(Unique Manuka Factor) という、
>他の蜂蜜には無い高い抗菌活性作用を持つ成分が
>含まれているんですが、これが効く!
>風邪のひき始めはいつもUMF値の高い
>マヌカハニーを紅茶に入れたり、
>パンに塗ってみたりして食べ、
>風邪を撃退するようにしています。

ニュージーランドではポピュラーな民間療法みたいですね。
"高い抗菌活性作用"を高く見積もりすぎたのでしょうね(UMFって何ですか?)。
Posted by うさぎ林檎 at 2010/09/04 13:22
UMF: unique manuka factorの実体は、代謝系の副産物として生成されるMethylglyoxalと特定されています。
Thomas Henle: Molecular Nutrition and Food Research 2008;52(4):483-489
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/mnfr.200700282/abstract

このMethylglyoxal(メチルグリオキサール)が高値であると血管障害の進展が強く、このことから血液中の濃度が糖尿病の予測に使える可能性が指摘されています。
http://www.nm-gcoe.med.tohoku.ac.jp/report/20100802/index.html

万能薬として喧伝されているものの、ウラがとれているわけではなく、少なくとも多発性硬化症(MS)に対して効かないことが確認されています。
Wesselius etal.: A randomized crossover study of bee sting therapy for multiple sclerosis, Neurology. 2005 Dec 13;65(11):1764-8. Epub 2005 Oct 12.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16221950

有毒であるがゆえに、殺菌効果もありそうですが、少なくとも本件のような下肢潰瘍に効果が見られないこともわかっています。
Jull et al.: Randomized clinical trial of honey-impregnated dressings for venous leg ulcers., Br J Surg. 2008 Feb;95(2):175-82.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18161896
Posted by Kumicit 管理者コメント at 2010/09/04 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161506259
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック