2010/09/06

いつのまにか種痘を敵視するようになっていたホメオパシー

ホメオパシーの始祖Samuel Hahnemann [1755-1843]は、種痘をホメオパシーな方法だと考えていた。
[Samuel Hahnemann: "Organon" § 46]

The inoculated cow-pox, whose lymph, besides the protective matter, contains the contagion of a general cutaneous eruption of another nature, consisting of usually small, dry (rarely large, pustular) pimples, resting on a small red areola, frequently conjoined with round red cutaneous spots and often accompanied by the most violent itching, which rash appears in not a few children several days before, more frequently, however, after the red areola of the cow-pock, and goes off in a few days, leaving behind small, red, hard spots on the skin; ? the inoculated cow-pox, I say, after it has taken, cures perfectly and permanently, in a homoeopathic manner, by the similarity of this accessory miasm, analogous cutaneous eruptions of children, often of very long standing and of a very troublesome character, as a number of observers assert.[

リンパが保護物質となる牛痘接種では、別の性質の皮膚の発疹の感染、すなわち普通は小さな乾燥した(稀には大きい膿疱性)面皰が、多くの場合は小さな赤い斑点が連なり、少なからぬ子どもたちに掻痒と発疹が現れるが、数日で、牛痘接種の赤い斑点とともに消えて、皮膚上に小さな赤くて硬い点が残る。多くの観察者が断言するような、非常に長く残り、非常に厄介な性質をもつ皮膚の吹き出物に類似した斑点によって、牛痘接種はホメオパシーな方法で、完全かつ恒久的に治療する。

[Samuel Hahnemann: "Organon" § 56 Sixth Edition]

Universal vaccination put an end to all epidemics of that deadly fearful smallpox to such an extent that the present generation does no longer possess a clear conception of the former frightful smallpox plague.

ユニバーサルなワクチン接種によって、かつて恐怖の疫病としての天然痘というイメージを現在の世代が持っていないように、死の恐怖の天然痘の流行は終止符を告げた。
種痘について、まったく敵対的ではなく、高く評価していたようだ。

1860年代のニュージーランドでは、ワクチンはホメオパシーだったようだ。たとえば、「genuine virgine cowpox virus」というの怪しい広告。この広告が正直であるなら、現在のホメオパシーと違って、普通にウィルス病毒。
[Page 4 Advertisements Column 3 --Daily Southern Cross, Volume XVIII, Issue 1698, 29 December 1862, Page 4]
SouthlandTImes18681202.png
また、別の広告では「Vaccination Daily」と書かれている。
[Page 8 Advertisements Column 4 --Southland Times , Issue 1066, 2 December 1868, Page 8]
DailySouthernCross18621229advertisement.png


ところが、50年後の1894年の米国では、ホメオパスといえばワクチン接種に反対するのがデフォと見られるようになっていた。

1894年4月のブルックリン強制ワクチン接種反対連盟の決議記事には「It is wrong to suppose that only homeopaths are opposed to vaccination.」とある。
[OPPOSED TO VACCINATION.; Anti-Compulsory League Questions, Power of Brooklyn Board of Health. New York Times - Apr 24, 1894] NYtimes18940424-HomeopathAntiVaccine1.png The Anti-Compulsory Vaccination League of Brooklyn, which was recently formed in that city, will hold a meeting on Friday evening, at 515 Fulton Street, when measures will be determined upon to fight against the authority of the Health Department. The members of the league, who number about fifty, and among whom are many physicians, claim that the Health Department violates the American Constitution when it forcibly compels persons to submit to vaccination

ブルックリン強制ワクチン接種反対連盟は、最近この市で組織され、515フルトンストリートで金曜日夕方に総会を開く。そこで、保健局と戦う決議を採択する。連盟会員は約50人で、その多くは医師であり、保健局は人々にワクチン接種を強制することは合衆国憲法に違反すると主張している。

...

NYtimes18940424-HomeopathAntiVaccine2.png It is wrong to suppose that only homeopaths are opposed to vaccination. Many members of our league are allopaths, and the electics are united in opposition to Board of Health.

ホメオパスだけがワクチン接種に反対していると思うのは間違いだ。連盟の多くの会員は通常医であり、折衷主義者たちが保健委員会に反対すべく集まっている。
この記述から、1894年の米国では、ホメオパスがワクチン接種に反対するのは周知の事実だと考えられる。

その同じ1894年の6月にKings郡(ニューヨーク市ブルックリン)で、ホメオパスたちが種痘接種を支持する決議をしたことが報道されている。
[BOTH SOCIETIES FAVOR VACCINATION.; Allopaths and Homeopaths in Kings County Sustain Dr. Emery. ,New York Times - Jun 14, 1894]
Kings郡の通常医とホメオパスはともにワクチン接種を支持し、Dr. Emeryを支持する
NYtimes19840614-HomeopathVaccine.png

The Kings County Medical Society has approved the methods adopted by Health Commissioner Emery of Brooklyn and has adopted the following resolutions, which were sent to Dr. Emery yesterday:

Whereas, This city has been recently threatened by an epidemic of smallpox, and its widespread ravages only prevented by the energetic action of the Health Department; be it

Resolved, That the Kings County Medical Association recotd its approval of the wise and efficient measures adpoted by and extend its thanks to Commissioner Z. T. Emery, for so successfully combating this dread disease.

The Homeopathic Medical Society of Kings County has adopted the following:
Resolved, That this society affirms its belief in the value of vaccination, and its proper enforcement by the health authorities.

Kings郡医師会はブルックリン保健コミッショナーEmeryの採用した方法を承認し、以下の決議を採択し、Dr Emeryへ昨日送った:
市は最近、天然痘の流行に脅かされており、保険局の精力的な活動のよってのみ、その広範な被害を防ぐことができる。
決議:Kings郡医師会は、この恐ろしい病気と闘うために、コミッショナーZ. T. Emeryによる賢明かつ効果的な対策を採用・展開を承認する。

Kings郡ホメオパシー医師会は以下を採択した:
決議:保健局による、ワクチン接種が有効だとする考え、および適切な施行を支持する。
ホメオパスがワクチン接種に常に反対というわけではないようだが、1894年の米国では「ホメオパスもワクチン接種を支持する」ことに情報価値を見出しているように見える。

以上からすると、1870年頃から1890年頃までの間にホメオパスたちは、種痘をホメオパシーから追い出したようである。




タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/09/06 23:18 | Comment(1) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
現代のホメオパスの謂うことを聞いていると本当にオルガノンを読んだのか疑問です。
そもそもハーネマンは医師以外がホメオパシーを施療することを想定していませんよね?1節からして「医師の最高で唯一の使命」と始まっているのをみても、オルガノンは医師向けに書かれていると考えられます。
医学がホメオパシーを棄却し本来ならそこで自然消滅するはずだった。それを医学を学んでいないものが拾った時から大きく姿を変えたように思います。

ドッグランに提出する狂犬病&ワクチン接種の証明書をノゾースで出す獣医がいるそうです。狂犬病予防していない犬がその辺をウロウロしているかもしれないわけです、大変なことが起きないと良いのですが。
Posted by うさぎ林檎 at 2010/09/07 00:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック