2010/09/10

今も昔も波動マシンとホメオパシー

John S. Hallerによれば、1851年にホメオパシーの効果を証明する機械が登場して、退場した。
In 1851, homeopaths claimed to have developed an electrical machine that could demonstrate the truth of the law of similars, prove that the action of their remedies was totally independent of quantity, and verify the effect of remedies at the higher potencies. The basis for this claim was the magnetoscope, sometimes called the new magnetic indicator, invented by a Mr. Rutter at the Gas Works at Brighton, England, and used by Dr. Frederick H. F. Quin (1799-1878), Dr E. M. Madden, and other leading members of the British Homeopathic Socierty. Quin claimed that even one globule of an 800th dilution of sulphur, when placed in the hand of the operator, produced a "reverse rotation of the pendulum of the magnetoscope." In fact, every remedy, no matter how diluted, affected the magnetic currents produced by the machine. This Quin proudly announced, proved that the effect of a homeopathic d ose was independent of the quantity. Here, too, was proof of the increased medicinal action of drugs when triturated. Quin claimed that the magnetscope had "all the certainty of a mathematical equation."

1851年にホメオパスたちは、類似の法則の正しさを示し、レメディの働きが量によらないことを証明する、電気的機械を開発したと主張した。この主張の基礎はマグネトスコープあるいは新磁気インジケータと呼ばれる機械にあり、英国ブライトンのGas Worksに勤めるRutterという人物が発明し、Dr. Frederick H. F. Quin (1799-1878)やDr E. M. Maddenなどの英国ホメオパシー協会の会員たちが使用した。Quinは、硫化物を800回希釈したもの一粒でも、操作者の手の上におけば、「マグネトスコープの振り子が逆に振れるようになる」と主張した。事実、あらゆるレメディは希釈度が違っていても、機械が作り出す磁流に影響を与える。Quinは自信を持って、ホメオパシーレメディ服用が量に依らないことを証明したと発表した。さらに、粉末の方が治療効果が高いことを証明した。Quinはマグネトスコープが「数学方程式の確実性を持っている」と主張した。

Within months of these revelations, separate experiments by Madden and Quin produced strikingly different results. At first, Quin explained the differences on the basis of Madden's body not being "sufficiently free from lingering medicinal effects, originating before his conversion to homeopathy." In other words, Madden's consumption of allopathic medicines in earlier years had adversely affected his body and therefore the accuracy of his magnetoscopic results. Then, in November 1851, Madden published a letter in the Homeopathic Times announcing that the instrument was of "no real value" and attributing the so-called evideence to "slight voluntary" as well as "unconscious movements" of the operator. After further experiments, Mdden reported that the operator of the machine had produced all of the outcomes made by the instrument. "I have been constrained to conclude," he admitted in a letter to the British Journal of Homeopathy, "that in its present condition the Magnetoscope cannot be relied upon as a physical test of the action of our remedies." Following Madden's retraction, others discovered that inadvertent actions by the machine's operator had also affected results. Before long, England's leading homeopathic journal withdrew its support for the instrument.

発表から数か月で、MaddenとQuinのこれとは独立した実験で、まったく異なる結果が出た。はじめはQuinは、結果の違いが、Maddenの身体に、ホメオパシーに転向する前に起因する、医療効果が残留していることによるものだと説明した。言い換えるなら、Maddenが通常医薬品を使っていたことが、彼の身体に逆効果を及ぼしていて、マグネトスコープの結果の精度に影響した。そして、1851年11月に、MaddenはHomeopathic Timesに、「その機械は何の意味も持っておらず、証拠とされたものは、少し自発的な、あとは無意識の操作者の動作によるものだ」というレターを掲載した。さらなる実験により、Maddenは機械の操作者が機械の出力を作り出していたと報告した。British Journal of Homeopathyに掲載したレターでMaddenは「私は、現状では、マグネトスコープは我々のレメディの働きを物理的に検査することについて、まったく信頼できないと結論せざるを得ない」と認めた。Maddenの撤回に続いて、他の人々が、機械の操作者の何気ない動作が、結果に影響を与えていたことを発見した。ほどなく、英国の指導的ホメオパシー学術誌は、機械への支持を撤回した。

[John S. Haller: "The history of American homeopathy: the academic years, 1820-1935, pp.252-253]欧米でいうところの"Enegy Medicine"、日本でいう波動マシンに相当する。しかも、ラジオニクスよりも半世紀も早く登場して、退場した。ホメオパシー恐るべし。

しかし、それから150年の時が流れたが、QXCIなど同じようなマシンが存在している。ちっとも変わらないホメオパシーだ。



タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/09/10 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。