2010/09/18

「通常医療を拒否させて死なせて、拒否させてないと言う」を2周した代替医療師

2001年夏に、ホメオパスが、喘息患者にステロイド剤服用をやめるよう助言し、それに従った患者が10日後に喘息で死亡するという事件が、アイルランドで起きていた。
[Asthmatic 'told to give up drugs' (2001/12/04) on Independent IE]

Tragic patient's secret diary reveals her fears over homeopathic treatment

薬の服用をやめるように言われた喘息患者
悲劇の患者の秘密の日記が、ホメオパシー治療の恐怖を明らかにする。


A WOMAN who suffered from severe asthma died suddenly last summer while driving to see a homeopath who had earlier advised her to give up the medication she had been taking for her condition, it was claimed at an inquest yesterday.

According to a secret diary kept by the late Jacqueline Alderslade (55), of Hollymount, Co Mayo, the homeopath told her to stop all medication, except for a Ventolin inhaler, immediately.

Ms Alderslade, an interior designer and secretary, began the diary on June 29 when she first visited Mineke Kamper, a practicioner of alternative medicine, of Mulranny, Co Mayo.

Ten days later, while driving to Mulranny for an appointment with Ms Kamper, Ms Alderslade stopped her car after becoming seriously ill and died despite the efforts to revive her by a passing motorist.

重症の喘息で苦しんでいた女性が、昨夏、ホメオパスに会いに自動車を運転しているときに突然死した。これより前に、このホメオパスは彼女に、喘息の薬を服用するのをやめるように助言していたと、昨日(2001/12/03)の検死官死因審問で主張された。

アイルランド共和国メイヨー州HollymountのJacqueline Alderslade (55歳)がつけていた秘密の日記によれば、ホメオパスが彼女に対して、ただちにベントリン吸入剤以外の薬の服用をすべて止めるように告げた。

インテリアデザイナーおよび秘書をしていたMs. Aldersladeは、メイヨー州Mulrannyの代替医療師Mineke Kamperと最初に訪れた2001年6月29日から日記をつけていた。

それから10日後に、予約したMs. Kamperを訪問すべく、Ms. Aldersladeは自動車を運転していて、重い症状が出て、自動車を止めた。自動車で通りがかった人が、蘇生につとめたが、彼女は死亡した。

In a notebook found later by gardai the woman explained that she needed to record what was happening to her.

She had been "scared" and "worried" but the homeopath had assured her that she would not let her down.

Ms Alderslade said she had been surprised when told she did not really have asthma, but an emotional reaction to a situation which manifested itself in this way.

後日、アイルランド国家警察が発見したノートには、代替医療師Ms. Kamperが、Ms. Aldersladeに起きたことを記録する必要があると説明したことが書かれていた。

Ms. Aldersladeは怖くて心配だったが、ホメオパスMs. Kamperはがっかりさせないと保証していた。

Ms. Aldersladeは、「実際には喘息ではなく、そのような症状を現す状況への感情的反応をしているのだと告げられて驚いた」と書いていた。

In a statement to gardai, Ms Kamper, who described herself as a qualified nurse who now practises alternative medicine, denied she had instructed the deceased to stop taking her prescribed medicines.

Ms Kamper did not appear in the coroner's court. The womans partner, Fred Kermin said Ms Alderslade suffered from asthma and had been taking prescribed tablets including steroids. Mr Kermin said the evening his partner died, July 9, she had been on her way to attend Mineke Kamper. Mr Kermin said his partner kept a very itemised detail of all her visits in her diary. He added: "I think she was very concerned about giving up the steroids abruptly, that she kept this diary. I am now giving you the tablets and the diary. I feel I don't want this to happen to some other innocent patient. The woman might as well have shot Jackie as do this."

アイルランド国家警察への上申書で、自らを代替医療を行っている有資格看護師だとしたMs. Kamperは、処方された薬の服用をやめるように指導したことを否定した。

Ms. Kamperは検死官法廷に出廷しなかった。Ms. Aldersladeの配偶者であるFred Kerminは「彼女は喘息をわずらっており、ステロイドを含む所定の錠剤を服用していた。彼女が死亡した7月9日夕方、彼女はMineke Kamperのもとへ行く途中だった。彼女はMs. Kamper訪問について詳細に記録していた。私は彼女がストロイド剤を突如止めることを不安に感じていたと思う。それで日記に記録していたのだと思う。私は錠剤と日記を提出する。私は、同じことが他のイノセントな患者に起きてほしくないと思う。Ms. KamperはJackie[Ms. Alderslade]を撃ち殺したのと同じかもしれません。」と述べた。

Hollymount-based GP, Dr William OConnor said Ms Alderslade had been a patient of his for five years. She suffered from asthma and was on various types of medication. In a statement to gardai, Mineke Kamper said Ms Alderslade had come to her in June. "I agreed that she had asthma which was caused by emotional upset," Ms Kamper added. She said she prescribed homeopathic remedies. Ms Kamper said that Ms Alderslade informed her of all her prescribed medicines. "I didnt take her off anything. The medicines I prescribed would work well with the other medicines. She wanted to go off the steroids as she was a long time user of these."

メイヨー州Hollymountで開業医をしているDr. Willia, OConnorは「Ms. Aldersladeは5年間、私の患者だった。」と述べた。彼女は喘息に苦しみ、さまざまな医療を受けていた。アイルランド国家警察への上申書で、Mineke Kamperは「Ms. Aldersladeが感情的動揺によって引き起こされた喘息をわずらっていたことは認める。私はホメオパシーレメディを処方した。Ms. Aldersladeは処方されたくするをすべて教えてくれた。どれも止めるようにとは行っていない。私の処方した薬は、他の処方薬といっしょに効果を発揮する。彼女は長きにわたって使ってきたストロイド剤をやめたがっていた」と述べた。

An inquest jury returned a verdict of accidental death in accordance with the medical evidence and recommended that persons considering alternative medication should only do so in consultation with their doctors.

The coroner, John O'Dwyer, agreed with the jurys recommendation.

検死陪審は、医学的証拠に基づいて事故死の評決を下し、代替医療を受けることを考えている人々は、医者と協議するよう推奨した。

検死官John O'Dwyerは、この検死陪審の推奨を受け入れた。
喘息患者を死に至らしめたホメオパスMineke Kamperは「彼女は長きにわたって使ってきたストロイド剤をやめたがっていた」とまで言ってのけた。

そして、それから2年後の2003年に再び事件を起こした。
[Focus: When the alternative is death (2005/04/10) on The Times]

The fate of Paul Howie has led to calls for stricter regulation of complementary medicine, write Richard Oakley and Aine Ryan

Paul Howieの運命は、補完医療のより厳格な法規制を求める声につながっていると、Richard Oakleyと Aine Ryanは書く:

The first thing that Garda Eamon Berry noticed when he was called to the scene of Paul Howie’s death was the large growth on his neck. The 49-year-old picture framer, from Ballinrobe in Co Mayo, was lying on a bed in an upstairs room. Around his house were several pill containers with dozens of white tablets and four glass bottles filled with colourless or yellow liquids.

His widow, Michelle, told Berry that the medicines had been supplied by Mineke Kamper, a 72-year-old Dutch “alternative therapist” living in an isolated bungalow in Mulranny, Co Mayo.

In a post-mortem examination Iqdam Tobbia, a consultant pathologist, concluded that Howie had died from suffocation caused by a cancerous tumour in his neck. The details of his death, in April 2003, emerged at his inquest last week and reawakened concerns about alternative therapies, prompting fresh demands for the regulation of their practitioners.

Kamper was not registered as a homeopath and it has emerged that she completed less than half of a course at the School of Homeopathy in Devon. Despite her lack of qualifications, there was nothing to stop her practising homeopathy in Ireland.

There is now a growing clamour for an official register of alternative health practitioners, and the department of health is set to deliver. But how will this protect a public more enthusiastic than ever about finding an alternative to conventional medicine? And aren’t some so-called complementary medicines so unproven that the only safe option is to ban them?

Paul Howieの死亡現場に呼び出されたGarda Eamon Berryが最初に気付いたことは、Paul Howieの首に大きな腫瘍だった。アイルランド共和国メイヨー州Ballinrobeの49歳の表具師は2階のベッドに横たわっていた。彼の家には何十個もの白い錠剤の入った錠剤容器と、無色透明および黄色の液体の入ったガラス瓶があった。

彼の未亡人Michelle HowieはGarda Eamon Berryに、これらの薬がメイヨー州Mulrannyの戸建てバンガローに住む72歳のオランダ人代替医療師Mineke Kamperから渡されたものだと語った。

事後検査で、病理医長Iqdam Tobbiaは「Howieは首の腫瘍による窒息で死亡した」と結論した。Paul Howieの2003年4月の死亡の詳細が、先週(2005/04)の検死官死因審問で明らかになり、代替医療への懸念を呼び覚まし、代替医療師の法規制への要望を高めた。

Mineke Kamperはホメオパスとして登録されておらず、Devonのホメオパシー学校のコースを半分も修了していなかったことが明らかになった。資格がないにもかかわらず、アイルランドではMineke Kamperのホメオパスとしての開業を阻止する法規制はなかった。

今や、代替医療師の公的登録を求める声は高まり、保健省はその準備をしている、しかし、代替医療について、この登録制度が一般人を保護することになるのだろうか。いわゆる補完医療は効果を証明されておらず、唯一の安全な対処は、これらの禁止だけなのだろうか。

THE Howies married in October 1996. As long as he lived with Michelle, Paul never attended a doctor despite some complaints and a sore shoulder. His wife, however, was treated by Kamper from time to time, having heard about her “through word of mouth”. She believed her to be a qualified homeopath. In 2002, Michelle mentioned Paul’s shoulder to the therapist and was given remedies for him. Paul then started to go to Kamper and around this time the lump appeared on his neck.

Over time it swelled to the size of a matchbox, despite Kamper’s treatments. Howie made an appointment with a laser clinic in Dublin for February 2003, but cancelled it. Kamper warned Michelle she would stop treating him if he went to anybody else for care. Kamper is alleged to have said that Paul would die if he sought conventional care.

His health deteriorated. On April 16 he became weak and by April 21 he had difficulty breathing. They contacted Westdoc, an out-of-hours

GP service, and Dr Kieran O’Reilly was dispatched. Michelle said everything after that was a “blur”.

Paul Howieは1996年10月に結婚した。Michelleとの結婚生活の間、Paulは幾つかの苦痛や肩の痛みがあったが、医者に言ったことはなかった。一方、彼の妻Michelleは、Kamperのことをクチコミで効いていて、ときどき治療を受けていた。MichelleはKamperが有資格ホメオパスだと信じていた。2002年にMichelleはPaulの肩について、Kamperに話し、レメディを受け取っていた。PaulはKamperを訪れるようになり、その頃から彼の首にシコリが現れていた。

時を経て、Kamperの治療にもかかわらず、そのシコリはマッチ箱くらいの大きさになっていた。Paul Howieは2003年2月にダブリンのレーザークリニックに予約を入れた。KamperはMichelleに対して、Paulが別の治療を受けたら、Paulに対する治療を中止すると警告した。Kamperは「通常医療を受けたら、Paulは死ぬ」と言ったとされる。

彼の健康状態は悪化した。2003年4月16日に、彼は弱気になり、4月21日までには呼吸困難になっていた。彼はWestdocに時間外にコンタクトした。

開業医としてDr. Kieran O' Reillyが派遣された。Michelleはすべてが終わった後で「

When scientists analysed the substances found by Berry, they found no traces of controlled drugs. Howie had not been given anything recognisable as cancer treatment.

Kamper did not attend last week’s inquest and has refused to speak about the matter. In a statement to Berry in June 2003, she described herself as a registered nurse who came to Ireland in 1980 and began practising alternative therapy, including reflexology. She studied homeopathy through a correspondence course but “did not finish the final exams”.

She said Howie had haemochromatosis, a disorder in which the body absorbs excess amounts of iron, and confirmed that she had warned him about going elsewhere for treatment.

At the inquest Tobbia said Howie’s tumour was localised and could have been removed. He found no evidence of haemochromatosis.

Garda Eamon Berryが発見したものを分析した科学者たちは、規制薬物の痕跡を発見できなかった。Howieは癌治療として認識可能なものは何も与えられていなかった。

Kamperは先週の検死官審問に出廷せず、本件について語ることを拒否した。Berryへの声明で、Kamperは自らを1980年にアイルランドに来た登録看護婦で、リフレクソロジーなどの代替医療を行っていると述べていた。彼女はホメオパシーの通信教育を受けたことがあるが、修了試験は合格していなかった。

Kamperは「Paul Howieが、過剰鉄分を排出する障害であるヘモクロマトーシスにかかっていた」と述べ、「他の治療者のところに行くように彼に警告した」ことに間違いないと述べた。

しかし、検死官死因審問で、病理医長Iqdam Tobbiaは「Paul Howieの腫瘍が首に局在しており、除去できなかった。彼はヘモクロマトーシスだった証拠はない」と述べた。

John O’Dwyer, the south Mayo coroner, concluded that Howie should not have died, and revealed that this was the second inquest he had conducted in which the deceased had been persuaded to abandon conventional medicine.

南メイヨー検死官John O'Dwyerは「Howieは死なずに済んだはずである。本件は私が担当した、病人が通常医療を中止するよう誘導された2件目の事件だ」と述べた。...
通常医療を拒否させて一人を死なせ、そして拒否させてないと上申書に書いたMineke Kamperは、まったく同じことを繰り返して、もうひとりを死なせた。

しかし、代替医療師の登録制度を作っても。Mineke Kamperを止めることは困難だという。その理由として、このThe Timesの記事は、登録を取り消しても、治療行為そのものを阻止できるわけではないという指摘をしている。

豪州のPenelope Dingleの死亡を招いたのは、登録ホメオパスだった。そのホメオパスScrayenは、この件のMineke Kamperと同じく、検死官死因審問となるや、通常医療を拒否させていないと主張して責任逃れを図った。



ところで、その後、Mineke Kamperがどうなったかというと、検死官死因審問欠席の罰金6ユーロ(現行法では最高2000ユーロだが、当時の法律では6ユーロ)という制裁のみ。そもそも検死官死因審問はあくまでも死因を特定するものであって、刑事処分を行う場ではない。検死官の判断が出た後、刑事事件として立件されない限り罪に問われるわけではない。

この2006年2月の罰金6ユーロの報道を最後に、Mineke Kamperの名前はネット上に登場しなくなる。おそらく、刑事事件として立件されることもなかったと思われる。そして、2005年当時既に72歳だったが、その後も代替医療商売を続けたかどうかわからない。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/09/18 12:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)本校教頭・講師エワルト・ストットラー氏はオランダ人ホメオパスの筈ですが、今は何故か彼のプロフィールでは、彼の履歴どころか国名やホメオパスであることも紹介していません。
http://www.rah-uk.com/lecturers-rahuk.html#stoteler

ストットラー氏は今年からRAHのレギュラー講師になっているので、おそらく現在は英国在住です。
カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)で来日講義も始まっています。
>ガン治療について 2010年7月19日
http://www.homoeopathy.ac/08lectures/part-time/2010719.php
>リウマチに対するホメオパシーでの対処 2010年7月18日
http://www.homoeopathy.ac/08lectures/part-time/2010718.php

オランダ人ホメオパスは自国では商売がし辛くなっているのでしょうか?
オランダにはホメオパス輸出禁止もお願いしたいです。
Posted by うさぎ林檎 at 2010/09/18 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック