2010/09/25

量子いんちき医療を見抜くには(1/3)

量子力学は、物理学の中で、ニューエイジやニセ医療が自らの主張が正しいことを示すために最も悪用される分野である。物理学者Lawrence Kraussが、msnbcのCosmicLogで、これを斬っているので、ちょっとご紹介...
[How to spot quantum quackery (量子いんちき医療を見抜くには) (2010/09/20)) on CosmicLog]

Some argue that the same quantum processes seen in the universe around us have an effect on consciousness as well, but physicist Lawrence Krauss says that's highly debatable.

Alan Boyle writes: Can the weirdness of quantum mechanics make you well, or make you wealthy? Presentations ranging from "The Secret" to "What the Bleep Do We Know?" suggest that science allows you to capitalize on quantum possibilities, but theoretical physicist Lawrence Krauss says it's just a load of bleep.

Krauss has dealt with factual and fictional weirdness for decades ? as the author of "The Physics of Star Trek," as the head of Arizona State University's Origins Project, and as the author of a "Quantum Man," a soon-to-be-published biography of pioneering physicist Richard Feynman.

"I begin the book with a quote from Feynman that says, 'Reality takes precedence over public relations, for nature cannot be fooled,'" he told me. "I think the point is that Feynman realized that people can be fooled, but nature can't."

Krauss worries that a lot of people can be fooled by appeals to the admittedly weird world of quantum physics ? a world in which particles are said to take every possible path from point A to point B, in which the position and velocity of particles are necessarily cloaked in uncertainty, in which the mere act of observation changes the thing being observed.

In the last of a series of columns written for Scientific American, Krauss says "no area of physics stimulates more nonsense in the public arena than quantum mechanics." His list of "worst abusers" includes inspirational author Deepak Chopra, the best-selling book "The Secret" and the whole field of Transcendental Meditation. So what constitutes quantum quackery? Krauss discussed his criteria ln our interview last week. Here's an edited transcript:

我々のまわりの宇宙で見られる量子過程が同様にも意識にも有効だと論じる者たちがいる。しかし、物理学者Lawrence Kraussはそれは思い切り疑わしいと言う。

Alan Boyleは「量子力学の奇妙さは、あなたを裕福にしてくれる?それとも健康に指定くれる?」"The Secret(秘密)"から、"What the Bleep Do We Know? (我々の知っていることは何と無意味なことか)"まで、彼は「科学は量子の可能性の活用を可能にする」と言う。しかし、物理学者Lawrence Kraussは「それはまったく無意味の山だ」と言う。

"The Physics of Star Trek(スタートレックの物理学)"の著者として、Arizona State UniversityのOrigin Projectの指導者として、まもなく出版される指導的物理学者リチャード・ファインマンの伝記の著者として、Kraussはファクチュアルと架空の奇妙なものに数十年にわたって対峙してきた。

「私はファインマンの『現実は広報に勝る。自然は欺けない。』という発言の引用から伝記を始めた。ファインマンが指摘したのは人は騙せても、自然は欺けないという点だ。」とKraussは私に語った。

Kraussは。量子力学の確かな奇妙な世界〜位置と速度が必然的に不確定であり、観測することで観測差rているものが変化し、粒子がA地点からB地点への取りうる経路を取るといわれる世界〜へのアピールに多くの人々が騙されることに懸念を抱いている。

Scientific Americanの連載コラムの最後で、Kraussは「量子力学以上に、一般人のナンセンスを刺激する物理学の領域はない」と書いた。Kraussのつくる最悪の悪用者リストには、ベストセラー"The Secret"の著者であるインスピレーションな著作家Deepak Chopraや、超越瞑想分野がある。ではどのように量子いんちき療法が構成されるのか? Kraussは先週のインタビューで彼のクライテリアを論じた。以下は編集済み口述記録である。

Cosmic Log: Every once in a while, you'll hear about something like "The Secret," or some other reference to quantum mechanics as explaining how you can change your universe, or even perhaps why it's in the realm of possibility that a globe-gobbling black hole could be created ? because "anything can happen" in quantum mechanics. But I assume that's not quite right, and that sometimes quantum mechanics' name is taken in vain.

Lawrence Krauss: I think it's probably one of the most abused concepts in physics among the public. You should be wary whenever you hear something like, "Quantum mechanics connects you with the universe" ... or "quantum mechanics unifies you with everything else." You can begin to be skeptical that the speaker is somehow trying to use quantum mechanics to argue fundamentally that you can change the world by thinking about it.

Cosmic Log: "The Secret"のようなものが、「量子力学ではどんなことでも起きうる」のだという理由で、「あなたの宇宙を変える方法」や、さらには「すべてを飲み込むブラックホールを作れる可能性が現実のものである」理由として、量子力学に言及するのを、いつも聞いているでしょう。しかし、私はこれらがまったく間違っており、量子力学の名前を無意味に使っているだけだと思う。

Lawrence Krauss: それが一般人の中で最も悪用された物理の概念のひとつだと私は思う。「量子力学はあなたを宇宙とつなぐ」とか「量子力学があなたをすべてのものと統合する」といったことを聞いたら、思い切り疑うべきだ。思うだけで世界を変えることが原理的に可能だと論じるのに、何らかの形で量子力学を使おうとする話者を、その時点で懐疑の対象にできる。

Q: But isn't everything really connected? Doesn't the quantum world pervade everything that we see around us?

A: Of course it does. So does classical physics. The quantum world does pervade everything around us, but as Richard Feynman liked to say, "Scientific creativity is imagination in a straitjacket." Not everything is possible. That's what makes the world so interesting. It is true that quantum mechanics is extremely strange, and on extremely small scales for short times, all sorts of weird things happen. And in fact we can make weird quantum phenomena happen. But what quantum mechanics doesn't change about the universe is, if you want to change things, you still have to do something. You can't change the world by thinking about it.

We are connected to the world by many things: by light and sound and heat. We do, at subatomic scale, behave quantum mechanically. But we behave like classical objects for a reason: We're big, we have lots of particles, they interact. All the weirdness of quantum mechanics gets washed out on the scale that we can experience. That's why we experience a classical world.

The weirdness of quantum mechanics is reserved for either very specially prepared configurations in the laboratory, or scales that are so small that quantum-mechanical effects are significant.

We're also connected to the universe by gravity, and we're connected to the planets by gravity. But that doesn't mean that astrology is true. With quantum mechanics, there's a notion that observers affect the things that they're observing. That's not always true, but it's often true. That's one of the very strange properties of quantum mechanics. Therefore people get the notion that there's no objective reality, and that you can literally impact on the external world just by doing things internally. That's not the case. If you want to affect something in the external world, you have to do something to it. You can't just hope for the best. You can't bring good things to you by thinking about them.

The quantum mechanical correlations, the spooky action at a distance that quantum mechanics brings up, is true only for very specially prepared systems that are isolated from the rest of the world, completely. And we are certainly not isolated from the rest of the world. We're bombarded by many things every second of the day, and a result, we're not specially prepared quantum mechanical systems, nor can we exert weird quantum powers over other objects.

Cosmic Log: しかし、すべては本当につながっているのでは量子世界は我々のまわりに見えるすべてに広がっているのでは?

Lawrence Krauss: もちろんその通り。それは古典物理でも同じだ。量子世界は我々の周りのすべてに広がっている。しかし、リチャード・ファインマンが好んで言っていたように「科学的創造性は、拘束条件のもとでのイマジネーションである。」 すべてが可能というわけではない。それこそが世界を興味深いものにしている。量子力学はとても奇妙なものだが、あらゆる種類の奇妙なことが起きるのは、とても小さなスケールの、とても短い時間なのだ。そして、事実、我々は奇妙な量子現象を起こせる。しかし、量子力学は宇宙の有様を変えられない。世界を変えたいと思うなら、何かをしなければらない。

我々は、光や音や熱などの、多くの物を介して、世界とつながっている。我々は原子以下のレベルでは、量子力学的に振る舞う。しかし、次の理由で、我々は古典的に振る舞っている。我々は大きくて、多くの粒子から構成されていて、それらは相互作用している。量子力学の奇妙さは我々が経験するスケールでは、洗い流されている。だから、我々は古典的世界しか経験しない。

量子力学の奇妙さは、実験室内に非常に特別に準備された構造や、量子力学的効果が顕著になるような小さなスケールにのみ存在する。

我々は宇宙に重力によってもつながっている。我々は惑星と重力でつながっている。しかし、それは占星術が正しいことを意味しない。量子力学のもとでは、観察している対象物に対して観察者が影響を与えるという概念がある。これは常に正しいわけではないが、おおよそ正しい。これは量子力学の奇妙な特性のひとつだ。したがって、人々は、客観的現実は存在せず、内部的に何かをすることで、外部世界に文字通り影響を与えられるという考えを持つことになる。しかし、それは正しくない。外部世界の何かに影響を与えたいなら、それに対して何かをしなければならない。最善を願うだけでは何も起きない。良きことを考えるだけで、自分に良きことをもたらすことはできない。

量子力学がもたらす遠隔の奇妙な動作である量子力学的相関は、世界から完全に孤立しているという、非常に特別に準備されたシステムに対してのみ正しい。そして、我々は確実に世界から孤立していない。我々は日々、毎秒に、多くの物体と相互作用している。その結果、我々は量子力学システムとして特別に準備された状態にはないし、遠隔の物体に対して奇妙な量子力を行使することもできない。

Q: Some scientists, such as Sir Roger Penrose, have talked about neurons as quantum systems. And a lot of people talk about quantum consciousness ... that even if the everyday world we see is not a system that can be changed, our consciousness about the world can be changed.

A: Well, Roger Penrose has given lots of new-age crackpots ammunition by suggesting that at some fundamental scale, quantum mechanics might be relevant for consciousness. When you hear the term "quantum consciousness," you should be suspicious. The reason you should be suspicious is because we don't even understand classical consciousness. If we don't understand classical consciousness, how can we understand quantum consciousness? Many people are dubious that Penrose's suggestions are reasonable, because the brain is not an isolated quantum-mechanical system. To some extent it could be, because memories and thoughts are stored at the molecular level, and at a molecular level quantum mechanics is significant. Quantum mechanics may play a role at some level in the way the brain works ... just as it may play a role in photosynthesis.

But that still doesn't mean that, at a global level, the weirdness of quantum mechanics is manifest. It's certainly not. If it were manifest, you could run at a wall a lot of times, and every now and then you'd spontaneously appear on the other side of the wall.

Cosmic Log: ロジャーペンローズなどの一部の科学者たちは、量子システムとしてニューロンについて話をしている。多くの人々は、量子意識すなわち、たとえ我々が日々、見ている世界が変化しえないシステムだったとしても、世界に対する意識は変化可能だという話をしている。

Lawrence Krauss: 基礎的スケールでは量子力学は意識と関連しているかもしれないと示唆して、ロジャー・ペンローズは多くのニューエイジの変人たちに弾薬を与えている。「量子意識」という言葉を聞いたら、疑ってかかるべきだ。疑ってかかるべき理由は、我々が古典的意識すら理解していないからだ。我々が古典的意識を理解していないなら、どうやって我々は量子意識を理解できるのか? 覆うの人々はペンローズの示唆をあやしいと考えている。というのは、脳は孤立した量子力学システムではないからだ。記憶や思考は分子レベルに保存され、分子レベルでは量子力学効果は顕著になるので、ある範囲ではそれは正しいかもしれない。量子力学はあるレベルえでゃ脳の働きに役割を果たすかもしれない。光合成に役割を果たすように。

しかし、それはグローバルレベルでは、量子力学の奇妙さを歴然とさせるものではない。そんなことはない。歴然とさせるものであるなら、壁に向かった何度も走れば、我々は壁の反対側に瞬時に現れることになる。

つづく...


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/09/25 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。