2010/10/02

ラジウム・ラジウム・ラジウム...

「鉄の力とラジウムのエナジー」な、あやしい錠剤:
RadionE1.jpg
[For that Healthy Glow, Drink Radiation! on PopSci.com]

RadionE2.jpg

20錠パッケージ
製造・販売:ユナイテッド・ラジウム・プロダクツ社, ニューヨーク
鉄と強さ・ラジウムのエナジー
[NAM - Radione tablets by Marshall Astor]
これは、20世紀前半にあったラジウム製品のひとつ。科学的根拠は何もなかったけれど、「ラジウム」という名前に心惹かれる時代の産物。

製造元はNew YorkのUnited Radium Products社で、1922年に増資を行った記録が残っている。
RadionE3.png
["NEW INCORPORATIONS" (1922/02/07) on The New York Times]
このような、あやしいラジウム製品に対する批判記事が、1932年7月の"Popular Science"に掲載:
PopSciOnRadium1932.png
[Popular Science, July 1932]
さらに、翌年1933年1月には、American Medical Associationが警告を出している。
radium_condemned.jpg


[Radium Medicine Is Condemned (Jan, 1933) on Modern Mchanix]

"ラジウム製品"の中には実際にはラジウムなど無に等しい"詐欺"も多かった。あるいは名前だけ"ラジウム"だった。しかし、本当にラジウム入りの製品もあった。

1932年4月11日付でTimeがラジウム製品による健康被害(死亡含む)を報道している。
[Medicine: Radium Drinks (1932/04/11) on Time]

Eben MacBurney Byers, 51, popular Pittsburgh sportsman and ironmaster, fell out of an upper berth five years ago returning from a Yale-Harvard football game. He hurt his arm. His Pittsburgh physiotherapist, Dr. Charles Clinton Moyar, prescribed a patented drink called ''Radithor." It was distilled water containing traces of radium and mesothorium (another radioactive substance). The dope eased the arm pain, braced Byers up. He enthusiastically recommended it to friends, sent them cases of it, even gave some to one of his horses. Last week Eben Byers died in Manhattan of radium poisoning. His close friend Mrs. Mary F. Hill of Pittsburgh died last autumn of the same cause. Other of his friends are gravely worried.

ピッツバーグの人気のスポーツマンで、錬鉄製造業を経営していたEben MacBurney Byers氏(51)は、5年前(1927年)、Yale-Harvardのフットボールの試合からの帰りに、寝台上段から落ちて腕を負傷した。彼のピッツバーグの理学療法士Dr. Charles Clinton Moyarは、特許取得の飲料"Radithor"を処方した。これは、放射性物質であるラジウムとメソトリウム[訳注: ラジウム228の当時の呼称]を微量含む蒸留水である。服用したことで腕の痛みが緩和したByers氏は元気になった。彼はRadithorを熱心に友人に勧め、ケースを送った。さらには自分の所有する馬にも与えた。先週(1932年4月)、Eben Byersはマンハッタンでラジウム中毒で死亡した。彼の友人である、ピッツバーグ在住のMrs. Mary F. Hillも同じ原因で、昨年秋に死亡した。彼の友人たちは、事態を重く受け止めている。

Byers' prominence made his death a great scandal. He was chairman of A. M. Byers Co., Pittsburgh makers of wrought iron pipe, was connected with coke, docks and banking. He was a fine, widely known sportsman. In 1906 he won the national amateur golf championship. For years he kept a box at Forbes (baseball) Field, Pittsburgh. In England and the U.S. he had racing stables. He won trophies at trap shooting. He maintained homes at Pittsburgh, Southampton, L.I., and Aiken, S.C., often visited Palm Beach.

Eighteen months ago, after hundreds of drinks of the radium tonic, he began having pains in his jaw, severe headaches. Dr. Joseph Manning Steiner, Manhattan x-ray specialist who had seen several of the young women poisoned in U.S. Radium Corp.'s factory (TIME, June 4, 1928 et seq.'), recognized in Byers' condition symptoms of radium poisoning.

Eben Byersが有名人だったため、その死は大スキャンダルになった。彼は、ピッツバーグの錬鉄パイプ製造業A.M.Byers Co.の会長であり、コークやドックや銀行とも関連していた。彼は健康的で、広く知られたスポーツマンだった。1906年に彼は全米アマチュアゴルフ大会で優勝した。長年にわたり、彼はForbes野球場のボックスをキープしていた。彼は英国と米国で、競馬厩舎を運営していた。彼はトラップ射撃で何度もトロフィーを獲得している。彼はピッツバーグと、ロングアイランドのサザンプトンと、サウスカロライナ州エイケンに家を持ち、パームビーチをしばしば訪れていた。

18か月前、ラジウムトニックを何百も服用していた彼は、顎の痛みと、激しい頭痛に襲われ始めた。マンハッタンのX線の専門家で、US Radium Corpの工場でラジウム中毒にされた[Time 1928/06/04, 訳注: ラジウムガール事件]若い女性たち数人を見たことがあるDr. Joseph Manning Steinerは、Eben Byersの症状がラジウム中毒であると判断した。

A cry went out to investigate "Radithor," made by Bailey Radium Laboratories at East Orange, N.J. Robert Hiner Winn, attorney for the Federal Trade Commission, interviewed Byers at his Southampton home last September. Last week Attorney Winn described the scene: "A more gruesome experience in a more gorgeous setting would be hard to imagine. We went up to Southampton where Byers had a magnificent home. There we discovered him in a condition which beggars description.

"Young in years and mentally alert, he could hardly speak. His head was swathed in bandages. He had undergone two successive operations in which his whole upper jaw, excepting two front teeth, and most of his lower jaw had been removed. All the remaining bone tissue of his body was slowly disintegrating, and holes were actually forming in his skull."

Byers did not know that his case was hopeless until two weeks ago. Autopsy last week revealed that he had only six teeth left. Both jaws were rotted. His brain was abscessed. Distributed through his bones, calculated Dr. Frederick Bonner Flinn of Columbia University, were 36 micrograms of radium. Ten micrograms is a fatal quantity.

ニュージャージー州イーストオレンジのBaily Radium Laboratoriesが製造した"Radithor"の調査を求める声に、連邦取引委員会のRobert Hiner Winnは昨年9月、Eben Byersのインタビューをサザンプトンの彼の自宅で行った。そのときの様子をRobert Hiner Winnは「これ以上の豪邸で、これ以上の恐ろしい経験をすることを想像できない。我々はByers氏の豪邸のあるサザンプトンを訪れた。そこで我々は、説明を懇願する彼の姿を見出した。若々しく、気がしっかりしていたが、彼はほとんどしゃべれなかった。彼の頭は包帯が巻きつけられていた。彼は、連続した2回の手術で、2個の前歯以外の上顎と大半の下顎を切除されていた。残された彼の骨組織はゆっくりと崩壊していて、頭蓋に実際に穴が開いていた。」と述べた。

Eben Byers氏は2週間前まで、自分の症状が絶望的だったとは知らなかった。先週の部検で、歯が6個しか残っていないことが分かった。上顎と下顎ともに、腐っていた。彼は脳腫瘍だった。彼の骨格全体にラジウム36マイクログラムが含まれていると、Columbia UniversityのDr. Frederick Bonner Flinnは推定した。10マイクログラムで致死量である。

...
ラジウムガール事件が起きたのが1917年。それから15年後も、ラジウム健康関連商品が売られ、被害を出し続けた。

ただ、この犠牲者Eben Byersが有名人であったことから、事態は急速に動いた。このTimeの報道によれば...
Radium Waters. The fad for radio active waters was for a short time valid. Investigators experimented by activating ordinary water. Their experiments took two directions: 1) to dissolve radium salts in water; 2) to expose water to radium emanation. Doctors thought that they had evidence that waters so treated would cure chronic arthritis, gout, neuritis, high blood pressure. The Bureau of Investigation of the American Medical Association soon found that quacks were selling the waters as cures for "anemia, leukemia, boils, blackheads and pimples." The A. M. A. Council on Pharmacy & Chemistry withdrew approval of devices purporting to make waters radioactive.
American Medical Associationは調査を行い、ニセ医療としてRadithorが販売されていることがわかり、Radithorの承認を取り消した。

そして、次第にラジウム製品は世界から姿を消していく。今となっては「ラジウムとエナジー」という言葉に踊った20世紀初頭のことは忘却の彼方へ消えている。

でも、色々やってることは21世紀になっても、変わってないけどね。


関連エントリ


posted by Kumicit at 2010/10/02 09:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

古い物には放射性物質が含まれていたりする
Excerpt: 床下から放射能の事件でビンが出たって聞けば 専門家が測りに行くってば。 なんかいいマシンで測ったぽい。 このへんで「このスペクトルはラジウム」と言う結論に。 ラジウムが崩壊してる途中の核種なγ..
Weblog: 脳漏れ自慢
Tracked: 2011-10-16 23:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。