2010/10/24

「病名のついて病気を治療可能だと言ってはいけない」という英国ホメオパス協会

英国ホメオパス協会(the Society of Homeopaths)には倫理綱領(Code of Ethics and Practice)があるのだが、これがホメオパシーは医療ではなく、ホメオパシーは効かないことを前提とした記述になっている。
42 The use of the title ‘Doctor’ should be avoided, when the use of that title may create a false impression that the individual concerned is a registered medical practitioner or entitled to be a registered medical practitioner in the United Kingdom.

英国登録医師もしくは、英国登録医師となる資格がある者だと、誤解させる可能性がある場合、"医師"と名乗ってはならない。

43 Reference to assistants as ‘Nurse’ is not acceptable unless the individual concerned is registered with the Nursing and Midwifery Council (NMC).

Nursing and Midwifery Councilに登録されていないなら、アシスタントを看護師と呼んではならない。

44 Claims, whether explicit or implied, orally or in writing, implying cure of any named disease must be avoided.

直接的あるいは間接的、口頭あるいは文書で、名前の付いた病気を治療可能だと意味する主張をしてはならない。

[The Society of Homeopaths -- Code of Ethics and Practice (2010/04)]
「implying cure of any named disease」をNGにしているが、そうなるとレメディ販売と同じで、病名・症状について一切言及できなくなる。

こんなものを守っていたら商売になるとは思えない。ただの欺瞞。

タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/10/24 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック