2010/10/29

肥満 2010

1年ほど前(2009/08/31)、過体重の人々は正常体重の人々よりも倍速で前頭葉が失われ、よりアルツハイマー症・痴呆・認知症に対して脆弱であるとういいうCyrus Rajiの研究の話をした。
研究は70歳以上の被験者94名にフォーカスした。彼らは過体重(BMI=25〜29.9)あるは肥満(BMI>=30)である。正常なBMIは18.5〜24.9である。

5年後に臨床追跡試験で脳をスキャンした際に、被験者たちはアルツハイマー症や痴呆の臨床兆候がなかった。研究の目的は、肥満および体重増加による脳体積への影響を示すことであり、アルツハイマー症や脳の病気を対象としたものではない

正常体重の人々と比較して、過体重の人々は前頭葉組織の4%を喪失した。肥満の人々はその2倍である8%を失った。この前頭葉は注意と計画にとって重要な部分である。

証拠は、心血管疾患と2型糖尿病を含む心臓に影響を与える病気の過程が、脳にも同様に影響をしていることを示している。Rajiは「体重増加が、脳組織に到達する血液流量や栄養分や酸素を減少させ、結果として脳を委縮させる」と述べた。

これらの研究結果に基づいて、肥満に分類された老人たちが、脳の5つの領域で組織を喪失が起きていることがわかった。前頭葉と側頭葉(計画力と記憶)、前帯状回(注意力と遂行機能)、ヒッポカンポス(長期記憶)、そして基底神経節(運動)である。過体重の被験者は、大脳基底核で組織の喪失が起きていたが、さらに放射冠と軸索白質と頭頂葉(知覚と認識)で委縮が見られた。

この研究は、肥満の人々は痩せた人々よりも脳が16歳老いているように見え、過体重の人々は8歳老いているように見えたと結論した。

[DAVID TEMPLETON: "Obesity can inflict big toll on brain -- Study shows weight can increase risk of dementia in elderly" (2009/08/27) on Pittsburgh Post-Gazette () ]
これと似たようなことが17歳前後の子供たちでも見られるという研究が最近、発表された。
A brain region in charge of controlling impulsively is smaller in obese teens than in lean ones, according to a new study.

新たな研究によれば、衝動をコントロールしている脳の領域の大きさが、肥満のティーンエイジャーの方が、痩せているディーンエイジャーよりも小さいことがわかった。

The results suggest the bad eating habits that lead to obesity aren't simply due to a lack of self-restraint, researchers said. Rather, the smaller size of this impulse-control region in the brain might predispose certain children to gain weight. Or the obesity itself may even influence brain size, which in turn fuels uninhibited eating.

この結果は、肥満につながる正しくない摂食習慣が、自制心の欠如にのみよるものではないことを示唆していると研究者たちは言う。むしろ、衝動を制御する脳の領域が小さいことが、そのような子供たちを太らせているかもしれない。あるいは肥満自体が脳の大きさに影響を及ぼし、それが接触を抑制を困難にしているかもしれない。

"It's not as simple as kids who have weight problems simply don’t have enough willpower to actually lose weight," said study researcher Dr. Antonio Convit, of the New York University School of Medicine and the Nathan S. Kline Institute for Psychiatric Research in NY

"It could be that their brains are either wired differently, or damaged in a particular way that leads them to gain weight from overeating," he said.

「体重に問題のある子供たちには、体重を本当に減らそうという意志力が足りないのだというほど単純な話ではない。そのような子供たちの脳のつくりが違っているのかもしれず、あるいは過食によって体重が増加するような形で脳がダメージをうけているのかもしれない。」とNew York University医学部およびNathan S. Kline Institute for Psychiatric ResearchのDr. Antonio Convitは言う。

Convit and his colleagues administered questionnaires on eating behaviors to 91 adolescents. The teens were on average 17 years old; 37 were normal weight and 54 were obese. The obese teens had an average body mass index, or BMI, of 39, and weighed 300 pounds on average.

The researchers scanned the teens' brains using magnetic resonance imaging (MRI), and the teens completed several cognitive tests designed to see how well a particular brain region, known as the frontal lobe, was working. The frontal lobe is essential for planning, self-monitoring and modifying behavior. People who have damage to this area are less likely to have good impulse control, Convit said.

Dr. Antonio Convitたちは91人のディーエイジャーたちに食習慣についてアンケートを取った。彼らの平均年齢は17歳。37名が正常体重、54名が肥満。肥満のティーンエイジャーたちの平均BMIは39で、体重は平均135kgである。

研究者たちはMRIで脳をスキャンした。そして、前頭葉として知られる特定脳領域の働きを調べるための、認知テストを行った。「前頭葉は計画や自己観察や行動変化について不可欠な領域である。この領域にダメージを受けた人々は衝動を制御しにくくなる。」とCovitは言う。

As expected, the obese teens were more impulsive in their eating behaviors. They also had a smaller orbitofrontal cortex, part of the frontal lobe, and performed worse on the cognitive tests than lean adolescents did. In addition, the adolescents with a smaller orbitofrontal cortex were more likely to eat impulsively, known in psychology as "disinhibited" eating.

予想通り、肥満のディーエイジャーは摂食行動の衝動が強かった。さらに肥満のディーンエイジャーたちの方が痩せたティーンエイジャーたちよりも、、前頭葉の一部である眼窩前頭皮質が小さく、認知テストの成績も悪かった。さらに、眼窩前頭皮質が小さいティーンエイジャーたちは、より衝動的な摂食行動をとっていた。

Because the children came from families with the similar income levels , it's unlikely that their socioeconomic class played a role in their performance on the cognitive tests. And the results held even after the researchers took into account the participants' blood pressure, which may influence frontal lobe function, Convit said.

「被験者たちの家族は同程度の収入水準にあり、その社会経済的階層が、認知テストの成績に影響したとは考えにくい。この結果は前頭葉の機能に影響する、被験者の血圧を考慮しても、消えなかった。」とConvitは言う。


[Rachael Rettner: "Brain Size, Not Lack of Willpower, May Fuel Obese Bad Eating" (2010/10/28) on LiveScience]
ただし、これは因果関係を示すものではない。
The researchers noted the study only shows an association, and not a cause-effect link. And they don't know whether it's obesity that may lead to a smaller frontal lobe, or the small frontal lobe that may contribute to obesity.

「この研究は2つが同時に起きていることを示しているだけで、因果関係を示したわけではない。肥満が前頭葉を小さくしているのか、小さな前頭葉が肥満に寄与しているのかわからない」と研究者たちは言う。

But there is a plausible explanation for how obesity changes the brain.

しかし、肥満が脳を変化させる方法についての納得できる説明がある。

Obesity is known to cause changes to the immune system, boosting inflammation in the body. This increased inflammation may impact the brain and "lead to a vicious cycle, where the obesity leads to inflammation, which damages certain parts of the brain, which in turn leads to more disinhibited eating and more obesity," Convit told MyHealthNewsDaily.

肥満は免疫系を変化させ、身体の炎症を大きくする。炎症の増大は脳にも影響を与える。肥満が炎症を起こし、炎症が脳にダメージを与えて、抑制の効かない摂食行動へとつながるという悪循環が起きるかもしれない。

[Rachael Rettner: "Brain Size, Not Lack of Willpower, May Fuel Obese Bad Eating" (2010/10/28) on LiveScience]
現時点では因果関係は不明だが、もし本当に悪循環が起きるとしたら、肥満は根性を以て解決できるような問題ではないことになる。

因果関係が確定したとすると、もし有効かつ安全な肥満治療薬・体重減少薬剤があれば、積極的に使うことになるかもしれない。しかし、副作用やプラセボ以上の効果が見られないなどに理由により、米国FDAはそのような薬品の認可を1999年のスイスRoche社のXenical(orlistat)以降、行っていない。そして..今や、唯一市場に残っているのは、Xenicalのみ。

そして、実際のところ、効果の小ささから、意外に体重減少薬剤は使われていないという:
Yet no diet pill has ever become a true blockbuster. Combined sales of all prescription obesity drugs in the United States have been falling over the last few years and totaled only $154 million in 2009, according to IMS Health, a health care information company.

That is mainly because they generally produce a weight loss of only 5 percent or so. The body has so many mechanisms to maintain weight that any one drug is not likely to have much effect, scientists say.

ヒット作となっている体重減少薬剤は存在しない。米国における肥満治療薬品の全処方の売り上げは、過去数年減少しており、健康管理情報会社IMS Healthによれば、2009年には1億5400万ドルだった。これは主として、一般に5%程度の体重減少しか実現しないことによる。「人間の身体は多くのメカニズムで体重を維持しており、ひとつの薬剤では大きな効果は期待できないのだ」と、科学者たちは言う。

A study published in the journal Obesity in January that used insurance records found that fewer than 1 percent of adults used obesity pills despite the considerable number of obese people. And only 11 to 18 percent of the users stayed with the drugs for longer than three months, a far greater dropout rate than for statins.

Obesity誌1月号に掲載された研究によれば、肥満の成人が多くいるにもかかわらず、保険記録から1%未満の成人しか肥満治療薬を使っていなかったことがわかった。そして、使った人々のうち、3か月以上使い続けたのは11〜18%だった。これはコレステロール低下薬よりも、はるか小さい値である。

“With a statin, patients rely on their doctor to tell them whether they should be taking it or not,” said John A. Tucker, a pharmaceutical industry consultant in San Diego. “With an obesity drug, they can judge for themselves,” and many are disappointed in the weight loss they achieve.

「コレステロール低下薬では、患者は医師の判断にしたがって服用するか否かを決める。しかし、肥満治療薬では患者自身が判断する。多くの人々は高価の小ささに失望する。」とSan Diegoの製薬会社コンサルタントJohn A Tuckerは言う。

[ANDREW POLLACK: "F.D.A. Rejects Qnexa, a Third Weight-Loss Drug" (2010/10/28) on NY Times]
ということで、どうにもこうにも、米国の肥満はとどまるところをしらない...
[CDC]
posted by Kumicit at 2010/10/29 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック