2006/04/28

創世記を字義通り解釈することは...

これは誰の本からの引用だろうか?聖書の記述をもとに自然を語ることを批判したものだが...
地のことについて、天空のことについて、星辰の運動や回転あるいはさらにその大きさや距離についてさえも、また太陽や月の蝕について、年月や季節の周期について、動物や植物や石やその類の他のものの本性について、キリスト者でない人が、きわめて確実な理性と経験によって支持された知識を持っていることがしばしばである。キリスト者がこうした事柄について、いわば聖書に基づいて語ると言いながら戯言を語るのを他の人が聞き、天地の相違とよく言われるような誤りを犯しているのを見て取り、笑いを禁じえなくなるなどというのは、きわめて見苦しいことであり、有害であり、つとめて避けるべきことである。誤った人が嘲笑されるというのは、それほどおぞましいことではない。しかしわれわれの聖書の記者が、[教会の]外にいる人々から、このようなことを考えていたと信じられ、いわば無学の人々として批難され、唾棄されるなら由々しきことであり、われわれがその救いのために心を尽くしているこれらの人々にも有害な結果をもたらすことになろう。というのも[教会の]外にいる彼らが最もよく知っている事柄に関して、キリスト者の数のうちにあるある人が誤ったことを言っており、われわれの聖書から、自分で虚しい考えをつくりあげ、主張しているのを知るなら、どうして彼らは死人の甦りや永遠の生への希望や天の御国についての聖書の証言を信じるようになるだろうか。すでに自分が経験しえた、あるいは確実なものとして覚知しえた事柄に関してさえ、[聖書に]誤ったことが記されていると考えることになるのであるから。軽率な自惚屋がどれほどの煩わしく、みじめな思いを、思慮ある同信の兄弟に与えることになるかは、十分言葉に尽くせないほどである。というのも彼らの歪んで誤った意見が、われわれの聖書の権威を信じない人々によって批難され、正され始めると、彼らは浮ついた軽率さで語ったことや明白な誤りを擁護するために、自分の説の拠り所とした同じ聖書を引きあいに出そうとしたり、証言として通用すると考える聖書の多くの箇所から、記憶を頼りにして言葉を寄せ集めて語りだすことさえする始末である。彼らは「自分の言っていることも主張している事柄についても理解していない」(Iテモ1・7)のである。


これは、古代キリスト教最大の神学者、哲学者、ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人であるAurelius Augustinus(354〜430)の「創世記注解」からの引用。

アウグスティヌス (著), 片柳 栄一 (翻訳):アウグスティヌス著作集 第16巻 創世記注解, 教文館,1994 (Amazon ) 第1巻第19章39 p.35

英語版Wiki Augustine of Hippoには:
Augustine took the view that the Biblical text should not be interpreted literally if it contradicts what we know from science and our God-given reason.
アウグスティヌスは、聖書の記述が我々の科学と神に与えられた理性から知ったことと相反するなら、聖書の記述を字義通り解釈してはならないという見方をとっていた。
とある。そして、さらに次の部分を引用している:
また天体の形相と形姿とがいかなるものであると、われわれの聖書に従って信ずればよいか、しばしば問題とされる。というのも多くの人々が頻繁にこうした事柄に関して議論しているが、われわれの著者たちは、至福なる生に益なきものとして、学ぶ者たちにこうした問題を扱うことを大いなる賢慮をもって省いてきた。益がないばかりでなく、さらに悪いことに、こうした問題にかかずらうと、救いに関わる問題にふりむけるべき貴重な時間の多くをとられてしまうのである。世界の中心で平衡を保っている地球を、大空がいわば球のように全方向から包んでいるのか、あるいはいわば皿のごとき地球を上方一方からだけおおっているのかといった問題が、わたしに何の関わりがあろうか。しかしここでは聖書の信仰が問題となっており、一度ならず言及したことであるが、ある人が聖書の語り方を理解せず、こうした事柄に関して、それ自体明証的に認識される理拠に反するように見えることを聖書のうちに見出したり、あるいは読まれるのを聞いたりする場合に、その他のことで有益なことを聖書が勧め、物語り、宣べ伝えても、その人がもはや聖書を信じなくなるというようなことにならないように、手短に次のことは言っておくべきだろう、つまりわれわれの著者たちは、天体の形状について真理であることを知っていたが、これらの人々を通して語りたもう神の霊は、救いに何ら益ないことを人々に語ろうとは望まれなかったのだと。
[第2巻第9章20 p.53]

聖書は科学の書ではなく、救いのためのものだという論理で、創世記を処理しようとしたアウグスティヌス。ネタは変われど、聖書の記述と自然に関する知識の乖離をめぐって、1600年にわたって変わらない風景というべきだろうか。


posted by Kumicit at 2006/04/28 00:33 | Comment(3) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変興味深く読ませて頂きました!
Posted by あつ at 2006/05/14 21:23
"あつ"さん

お楽しみいただき幸いです。
で、もうちょっと追加しますと:

「創世記の「日数」を額面どおりに受け取ってはならぬ、と強く警告したのはアウグスティヌスその人なのだ。」(J.H.ブルック:科学と宗教 p46)

http://www.catholic.com/library/Creation_and_Genesis.asp
"At least we know that it [the Genesis creation day] is different from the ordinary day with which we are familiar" (The Literal Interpretation of Genesis 5:2 [A.D. 408].
「少なくとも[創世記の創造の日]は我々が慣れ親しんでいる普通の日とは違っている。」(アウグスティヌス:創世記注解5章2節)

Posted by Kumicit 管理者コメント at 2006/05/16 00:08
はじめまして大絶画と申します。
復刊ドットコムにアウグスティヌス『創世記注解』の文庫化をリクエストしました。みなさんの投票次第で『創世記注解』が文庫化される可能性があります。
投票ページへはURLからアクセス可能です。投票にご協力ください。
なおこのコメントが不適切と判断されたら削除していただいてかまいません。
Posted by 大絶画 at 2011/01/28 21:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック