2010/11/25

まさに「いんちき商品」

ForbesブログのSteven Salzbergが、ふざけたホメオパシー商品の宣伝を取り上げている。
[STEVEN SALZBERG: "Homeopathic Flu “Cures” and Dead Ducks" (2010/11/23) on Forbes(blog)]

Oscillo_pkg.jpg

It looks just like a box of anthistamines or other real medicines. With flu season coming soon, you might want to look at this box more closely before you buy it.

You can buy oscillococinum at Walgreen’s, Target, Amazon.com, and many other places. At Walgreen’s, one of the largest pharmacy chains in the U.S., it’s listed under “Cough and Cold” where it sells for $9.99 (a savings of $4.50!) for 6 doses.

It sounds like medicine, but it’s not. The front of the box says (in small print) that it’s “homeopathic medicine,” which isn’t medicine at all. In fact, it’s nothing more than a sugar pill, which is why the product can advertise that it has “no side effects” and “no drug interactions.”

But in much larger print, the package says “Flu-like Symptoms”, followed by a list of symptoms: “Feeling run-down, headaches, body aches, chills, fever.” Anyone might be fooled into thinking this product is supposed to treat these conditions. If you go to the manufacturer’s (Boiron) website, they make the explicit claim that it “Temporarily relieves flu-like symptoms such as feeling run down, headache, body aches, chills and fever.” The Walgreen’s website says the same thing.

抗ヒスタミン剤あるいは他の本物の医薬品のように見える。インフルエンザの季節が来たら、買う前に箱をよく見たくなるかもしれない。

このoscillococinumは、Walgreen'sやTargetやAmazon.comなど多くの場所で買える。Walgreen's米国で最大の薬局チェーンの一つでは、"咳と風邪"のところに分類され、6回分$9.99($4.50値引き)で売られている。

これは医薬品のように見えるが、そうではない。パッケージの表面には(小さな文字で)「ホメオパシー薬品」と書かれており、まったく医薬品ではない。事実、これはただの砂糖玉以上のものではなく、それ故に、副作用や併用による問題はないと宣伝されている。

しかし、はるかに大きな文字で、パッケージには「インフルエンザ様症状」と書かれ「体調不良、頭痛、体の痛み、悪寒、発熱感」という症状が列挙されている。誰もが、これらの症状に効くと騙されるだろう。製造元(Boiron)のサイトを見れば、「体調不良感、頭痛、体の痛み、悪寒、発熱感などのインフルエンザ様症状を一時的に軽減する」という主張が描かれている。Walgreen'sのサイトはこれをそのまま書いている。
効果を証明していない"医薬品"の販売をどこでも違法とされる。しかし、米国ではホメオパシーは効果を証明する必要なく販売できる。
The French-based manufacturer, Boiron, and the U.S. stores selling Oscillo can get away with this because it’s not a drug at all – it’s a supplement. Supplements are basically unregulated in the U.S., thanks to laws passed decades ago, some of them specifically designed to protect homeopaths. As long as you don’t claim that your product can treat a specific illness, you can sell it.

The box itself doesn’t say that Oscillococcinum cures the flu, but the product’s manufacturers have been making this claim on their website. Some of them have stepped over the line: the FDA sent a warning letter to one homeopathic marketer this past summer telling them that Oscillo “has not been approved or otherwise authorized by FDA for use in the diagnosis, mitigation, prevention, treatment , or cure of the H1N1 Flu Virus” and requesting that they “immediately cease marketing unapproved or unauthorized products for the diagnosis, mitigation, prevention, treatment, or cure of the H1N1 Flu Virus.”

Unfortunately, the FDA only steps in when the claims get particularly outrageous, or when (as here) they involve a high-profile disease such as avian flu. The purveyors of Oscillo can simply modify their packaging (and websites) slightly and go right ahead misleading the public.

フランスの製造業者Boironと米国の販売店がOscillococcinum を販売できるのは、これが医薬品でなくサプリメントだからだ。数十年前の幾つかの法改正により、サプリメントは基本的には米国では法規制されることがない。法改正のなかには特にホメオパシーの保護を意図したものもある。何らかの病気を治療できると主張しない限り、どんな商品でも販売できる。

パッケージ自体にはOscillococcinumはインフルエンザを治療可能だとは書かれていない。しかし、製造元は治療できるという主張をサイトに掲げている。そのようなものの幾つかは法規制の限度を超えている。米国食品医薬品安全局(FDA)は昨夏にホメオパシー業者のひとつに「Oscillococcinumは、H1N1インフルエンザウィルスの診断・症状緩和・予防・治療・治癒に用いることをFDAによって承認されていないので、ただちに未承認製品のH1N1インフルエンザウィルスの診断・症状緩和・予防・治療・治癒するという製品の販売を中止する」ように警告する手紙を送った。

残念ながら、FDAはあまりにひどい主張をしているときか、鳥インフルエンザのような良く知られた疾患についてのみ、警告を出す。そして、Oscillococcinumの製造元/販売店はパッケージとサイトをちょっと変えて、人々をミスリードし続ける。
現在のWalgreen'sサイトには次のような文言がある。

  • Boiron Oscillococcinum Homeopathic Flu Medicine 6 Pack Quick Dissolving Pellets
    商品名として「インフルエンザ薬」と書いているが、別に効くとは言ってない。
  • Relieves body aches, chills and fever
    「体の痛みと悪寒と熱の症状緩和」とあるが、別に治療するとは言ってない。
  • Take at the first sign of flu-like symptoms
    「インフルエンザ様症状の最初の兆候のときに服用してください」とあるが、「服用したら効く」とは言ってない。もちろん、「インフルエンザ」とも言ってない。

パッケージには「インフルエンザ様症状」と症状が列挙してあるが、「治療薬」とは一切書かれていない。

こういうものを普通は「いんちき商品」と呼ぶ。


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/11/25 00:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。

Boiron社は、フランス大企業であり世界最大のホメオパシーサプライヤーですよね。
その会社が「いんちき商品」を一押しで世界的に販売している……他も推して知るべし、と思います。
Posted by うさぎ林檎 at 2010/11/25 09:22
アメリカでは、ロビー活動の賜物で、サプリメントの規制が緩いとどこかで聞きました。(ひっとしたらここかも。)その弊害が出ているようにも思いました。
Posted by meineko at 2010/11/25 10:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。