2010/12/11

進化論に抵抗のある生徒たちに対処する理科教育(1)

米国では半数の成人が"若い地球の創造論"(地球も宇宙も6000歳)を信じている。それがそのまま、子供たちにも引き継がれていて、生物の授業において進化を受け付けなくしている。このため、そのような子供たちに進化を受け入れさせることなく、理解させることが理科教育の上で重要な課題となっている。

その課題を取り上げた本のひとつ"Lee Meadows: The Missing Link"を見ていくことにする。この本は、米国の進化論教育を守る"National Center for Science Education"の立場に合致したものでもある。そこから、現時点の日本では想像もつかない米国の狂った状況を垣間見ることができるだろう。
[Excerpt from "The Missing Link: An Inquiry Approach for Teaching All Students About Evolution" by Lee Meadows]

Objections About Deep Time

Six billion years of evolution is hard for most humans to truly fathom. That's an incredibly long span of time. Students from young-Earth traditions have the additional challenge of approaching the study of evolution from a worldview telling them the Earth is only thousands, not billions, of years old. Where the scientific worldview talks about an amazingly long period of time required for cosmological evolution of the universe, then for geological evolution of the Earth, and the for biological evolution of life on Earth, many resistant students believe in an amazingly short period of supernatural creation of the universe, the Earth, and life on Earth. The conflict between the two worldviews is direct and deep.

6億年の進化は、ほとんどの人間にとって本当に理解するのは困難である。それは信じられないくらい長い時間である。"若い地球"の伝統にいる生徒たちは、地球が数十億歳ではなく数千歳だという世界観から、進化論にチャレンジするという余計な負担を負っている。科学的世界観が宇宙の進化に、そして地球の地質学的進化に、そして地球上の生命の生物進化に必要な驚くべき長い時間について語っている一方で、大kの抵抗生徒たちは、宇宙と地球と地球上の生命の驚くべき短時間の超自然による創造を信じている。この2つの世界観の衝突は直接的かつ深い。

Deep time is a key issue to understanding biological evolution because of the millions of years required for the evolution of species. (See the Appendix for more on deep time and radiometric dating.) Students who approach the fossil evidence with an assumption of a young Earth will encounter significant struggles in understanding how scientists explain the evidence with Darwin's theory. These students may even see very little use for evolution because they absolutely convinced that the world is young, not old, and that the long periods of time required by evolution just didn't happen.

種の進化には数百万年かかるので、深い時間が生物進化の理解の重要な問題となる。"若い地球"を仮定して化石証拠にアプローチする生徒たちは、ダーウィンの理論を科学者が説明する方法を理解するのに非常に苦闘する。これらの生徒たちは、世界が古くなくて若いと確信し、長期間を必要とする進化は起きていないと確信しているために、進化が使えないと見ているかもしれない。

Don't push hard on the issue of deep time because of how fundamental young-Earth belief are to some resistant students' faith. Asking them to accept the scientific worldview of a very old Earth will, for many of them, cause significant conflict in their belief systems, For some, believing in an old Earth could actually cause them to ostracized by their faith community; the stakes are high in this area. Instead, I would guide you toward helping them simply understand, but not accept, how scientists came to view the Earth as old enough to provide the time required for evolution to work and give us the life-forms we see today.

抵抗生徒たちの信仰にとって"若い地球"は根本的な信条であるので、深い時間の問題を強く押し付けてはいけない。非常に古い地球という科学的世界観を受け入れることを抵抗生徒たちに求めることは、彼らの信仰に深刻な衝突をもたらす。生徒たちの中には、古い地球を信じれば、彼らの信仰共同体から排斥される可能性がある者もいる。この分野の影響は非常に大きい。その代わりに、生物が進化して今日われわれが見るような生命形態に至るために必要な時間が確保できるくらいに地球が古いという見方に科学者たちが至った方法を、生徒たちが受け入れるのではなく理解することを助けるようにしたほうがいい。

Table 6.2 provides an analysis of objections to evolution that are rooted in misunderstanding of or disbelief in deep time. It also gives the beginning points of two lessons that you could teach to deepen your students' understanding of evolution. The first lesson focuses on radiometric dating as the key scientific evidence of the ancient age of the Earth. The second lesson extends the previous lesson you taught on bird evolution and gives students more experiences with understanding how evolutionary biologists explain the fossil record. The two lessons actually could be taught together. Without the eons established by radiometric dating, evolution does not have the time required for the development of species we see today.

表6.2は、深い時間についての誤解あるいは不信に根差す進化論への異論の分析である。さらに表には、生徒たちの進化論についての理解を深めるための2つの授業の開始点を提示してある。第1の授業は、"古い地球"の重要な科学的証拠である放射性同位元素による年代測定についてである。第2の授業では、鳥の進化を教えた授業を発展させて、生徒たちに進化生物学者が化石記録を説明する方法を理解について経験を積ませる。2つの授業はいっしょに実施することも可能である。放射性同位元素による年代測定用によって確立された永劫の時間がなければ、今日我々が見るような種の発展に必要な時間を、進化は確保できない。

Note how for each objection, the table gives the corresponding scientific understanding, a possible focus question for the lesson, possible resistant students' struggle, and a message you can use in guiding the student toward understanding, but not accepting, evolution. The other tables in this chapter will follow a similar format. The Target Scientific Understandings column gives you the science that contrasts with typical student objections. The Focus Question for Lesson column helps you think about how to focus the lesson away from controversy. The Resistant Students' Struggles column gives examples of possible struggles your students are facing, in case you're not sure why resistant students raise objections in this area. The Key Message column gives you an example of the kind of messages that you can use to continue to reinforce with you resistant students how you don't want them to abandon their faith, but do want them to understand science.

各異論に対応する、科学的理解、授業でフォーカスする質問、抵抗生徒の想定される苦闘、生徒たちに進化を受け入れさせるのではなく、理解させるための導きとなるメッセージが表に記載していある。この章の他の表も同様の形式となっている。"目標とする科学的理解"の列には、典型的な生徒の異論についての科学的回答がある。"授業でフォーカスする質問"の列には、授業が論争にならないようにする方法を考える手助けがある。"抵抗生徒の苦闘"の列には、生徒たちが直面すると想定される苦闘の例がある。"キーメッセージ"の列には、先生が抵抗生徒に対して、信仰の放棄を求めているのではなく、科学の理解を求めていることを知らしめるために使えるメッセージの例がある。

Inquiry is probably your best approach for helping students understand deep time. As you've done through the unit, present students with evidence for an old Earth and guide them in seeing how scientists explain that evidence from natural causes at work. Don't simply tell them what they should believe. Several of the resources identified in the Deep Times and Radiometric Dating section of the Appendix should help you identify evidence you can use for building an effective inquiry. Hopefully all of your students, including you resistant ones, will see how natural causes provide a plausible explanation for the evidence. Be aware, though, the resistant students may be quite skeptical of those explanations because of their disbelief about deep time. Help them to understand the evidence for deep time, without requiring they accept that the Earth is old.

探求がおそらく、生徒たちの深い時間の理解を手助けするための最善のアプローチである。この単元を通してやってきたように、生徒たちに"古い地球"の証拠を提示し、働く自然原因からの証拠を科学者たちが説明する方法を理解できるように導くこと。生徒たちに何を信じるべきかを単に告げるということをしてはいけない。Appendixにある深い時間と放射性同位元素による年代測定に関するリソースが、効果的な探求の構築に使える。うまくいけば、抵抗生徒を含む全生徒が、自然原因が証拠に対して尤もらしい説明を与える方法を理解できるだろう。しかし、深い時間に対する不信から抵抗生徒たちは、これらの説明に全く懐疑的であるかもしれないことに注意しよう。彼らに古い地球を受け入れさせることなく、深い時間についての証拠を理解できるようにしよう。

Objection62.png

生物進化の前に、そもそも「135億歳の宇宙・45億歳の地球」を受け入れられない生徒たちが多くいるという現実に対処しなければならないのが米国の理科教育のようである。

しかも、「135億歳の宇宙・45億歳の地球」が、信仰の危機あるいは信仰共同体における立場といったものへと波及するために、ファクトとして提示すべきでないと先生たちに助言せざるをえない。それが、19世紀ではなく、21世紀の米国の現実である。
posted by Kumicit at 2010/12/11 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。