2006/05/11

Consolmagnoの"創造論は異教"にやっと反応したAiG

Scotsman.com の2006年5月5日付のIAN JOHNSTON執筆の記事「Creationism dismissed as 'a kind of paganism' by Vatican's astronomer」によれば:

BELIEVING that God created the universe in six days is a form of superstitious paganism, the Vatican astronomer Guy Consolmagno claimed yesterday.
神が宇宙を6日間で創造したと信じるのは迷信的な異教のひとつの形だと、バチカンの天文学者Guy Consolmagnoは昨日、主張した。

He described creationism, whose supporters want it taught in schools alongside evolution, as a "kind of paganism" because it harked back to the days of "nature gods" who were responsible for natural events.
学校で進化論とともに教えてほしいという支持者がいる創造論を、彼は自然現象の原因たる"自然神"の時代に立ち戻るものであって、一種の異教だと表現した。

に対して、ようやく、Ken Ham主宰の若い地球の創造論サイト"Answers in Genesis"が反応した。Answers in Genesis英国支部のPaul Taylorによる2006年5月9日付の記事「Creationists—the new pagans?」で:
The Apostle Paul would have had something to say about Consolmagno’s bizarre contention. In Acts 17, Paul was distressed by paganism: “Now while Paul waited for them at Athens, his spirit was provoked within him when he saw that the city was given over to idols” (Acts 17:16). He then used the doctrine of creation to counter the paganism, for in Acts 17: 23, 24 (in his talk at the Areopagus), he declared:

使徒パウロなら、Consolmagnoの奇怪な主張についてこう言うだろう。使徒言行録17章において、パウロは異教に憤慨した:「パウロはアテネで二人を待っている間に、この町の至るところに偶像があるのを見て憤慨した」(使徒言行録17章16節)。パウロはそして異教に対抗するために創造の教義を用いた。使徒言行録17章23,34節のアレオパゴスの話において、パウロはこう言った:

As I was passing through and considering the objects of your worship, I even found an altar with this inscription: TO THE UNKNOWN GOD. Therefore, the One whom you worship without knowing, Him I proclaim to you: God, who made the world and everything in it, since He is Lord of heaven and earth, does not dwell in temples made with hands (Acts 17:23, 24; emphasis added).
道を歩きながら、あなたがたが拝むいろいろなものを見ていると、『知られざる神に』と刻まれている祭壇さえ見つけたからです。それで、あなたがたが知らずに拝んでいるもの、それをわたしはお知らせしましょう。 世界とその中の万物とを造られた神が、その方です。 この神は天地の主ですから、手で造った神殿などにはお住みになりません。
[聖書日本語訳は日本聖書協会訳を使用]
と書いている。
うーん。これは反論としては冴えない。決め手が新約聖書使徒言行録の引用の"everything in it"では。「自然現象を起こす神」は自然神であって、超越的な神ではないので、異教の神だというのがGuy Consolmagnoの主張だった。それにはまったく対応していない。

このごときに4日間かかったのは、"God, who made the world and everything in it"を検索するために時間がかかったせいだろうか。

もちろん、Answers in Genesisおニュースリリースは、あくまでもGuy Consolmagnoへの反論ではなく、Answers in Genesisの顧客たる創造論支持者たちへを安心させるためのもの。論理的反論は無意味といえば無意味。その観点では有効な作文ではある。
posted by Kumicit at 2006/05/11 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。