2010/12/31

「パスツールは間違っている」というホメオパシー支持者たち

病原菌やウィルスの発見がなされたのは19世紀末。ホメオパシーの始祖たるSamuel Hahnemannの死から半世紀あとのことである。当然のことながらホメオパシーの"理論"は「病原菌やウィルスが病気を起こす」という考えとは無関係につくられている。

したがって、現在でもホメオパシー支持者たちは、大なり小なり、「病原菌やウィルスが病気を起こす」という考えを否定することになる。その否定の論理は、ただのバカだったり、陰謀論だったり、部分的な否定だったり、人による。

それらの例を、ホメオパシー情報サイトとして、最も知られている、インド人ホメオパスDr. Manish Bhatiaが主宰するHpathyに見てみると...
[C. J. Varghese: "Homeopathy – Not Vaccines!" (2009/10/01) on Hpathy]

First of all, we should understand that the Germ Theory, on which the basis of vaccination rests, is not fully a truth. This theory states that the germs cause diseases and we have to kill them if we want to get well. At the same time, the body’s immune system produces antibodies to fight the germs. Therefore, if you inject germs (or weakened germs) into the body, the immune system will supposedly get roused up and produce the required antibodies that will prevent a full-scale attack of the disease. This is the theory. In reality, it is foolish to imagine that we have to train the body to do something it instinctively knows how to do. The very idea that by injecting a toxic, poisonous material into the body (that’s what vaccines are made of) we can produce health is really crazy. How can a toxic substance produce health?

まず理解すべきは、ワクチンの基礎となっている病原体理論は完全には正しくないことだ。この理論は「病原体が病気をおこし、回復したければ病原体を殺さなければならない。同時に人体の免疫系が病原体と戦う抗体を作る。したがって、病原体あるいは弱めた病原体を人体に入れれば、免疫系が準備できて、必要な抗体が作られ、病気を予防できる」と主張する。これは理論である。人体がどう対応すべきか方法を知っているのに、人体を訓練しないといけないとは馬鹿げている。毒物を人体に入れる(まさしくワクチンは毒物からできている)ことで、我々が健康になるという考えそのものが狂っている。毒物が人間を健康にできるわけがない。
これは、ただのバカ。

続いて、陰謀論を強く主張する例。Hpathyメンバーであり、ホメオパシー"学位"(DHOM)を持つGina Tylerは繰り返し、陰謀論を主張している。
[G Tyler, Hpathy Team, Posted: 30 Nov. 09 at 14:41 (forums.hpathy)]

We must remember as homeopaths that we do NOT go by Pasteur's Lies (Germ theory), but by the basic principles of homeopathic theory of "energy" medicine.

Allopaths/healhcare workers seek validation in Pasteur's faulty theory of germs. To believe this is a product of big pharma's manipulation. To believe this is the basis of using vaccines and using antibiotics and all the other useless prescriptions allopaths push onto their patients. Homeopathic practicioners DO NOT FOLLOW PASTEUR's theory of germs. ...

我々はホメオパスとして、パスツールの嘘(病原体理論)ではなく、エネルギー医療のホメオパシー理論の基礎原理に従うことを銘記されたい。

通常医療従事者はパスツールの病原体についての誤った理論を実証しようとしている。パスツールの病原体理論を信じることは、巨大製薬会社の情報操作の産物である。パスツールの病原体理論を信じることは、ワクチンや抗生物質やその他の役に立たない処方薬を通常医が患者に押し付けるための基礎である。ホメオパシー治療者はパスツールの病原体理論を基礎としてはならない。
「エネルギー医療(energy medicine)」は日本では「波動医療」に相当する。

このような完全にアッチ側なホメオパシー支持者もいるが、それらしく表現する者もいる。
[Mark OSullivan: "The Homœopathic Bowel Nosodes" (2010/02/15) on Hpathy]

Paterson’s conclusions at the centre of this page, were reached after extensive research into the effects of homeopathic remedies on bowel flora. He noticed that when a patient undergoing treatment was experiencing improvement and felt better in themselves, the amount of pathogenic bacteria yielded in their stool increased.

From the conventional point of view, this meant the patient had a disease and should not be feeling better at all. It contradicted the germ theory of disease espoused by Pasteur and others. Paterson concluded that the germs in the stool were the result of the action of the vital force of the patient as stimulated by the remedy administered. The patient was eliminating harmful germs as part of a curative process as his vital force strengthened.

このページ中ほどのPatersonの結論は、腸内細菌に対するホメオパシーレメディの効果の研究によるものである。彼は、治療中の患者が症状の回復を自覚するのに、便の中の病原菌の数が増加していることに気付いた。

通常の観点からすると、患者は病気なら、気分が良くなるはずがない。これはパスツールの病原体理論に反している。Patersonは「便の中の病原体は、服用したレメディによって刺激された患者のバイタルフォースの働きの結果である」と結論した。患者はバイタルフォースを強化して、治癒過程として、有害な病原体を排出したのだと。
「パスツールらの病原体理論に反しているから、レメディが効いている」というコンテキストでホメオパシーが正しいと主張する例。

別にホメオパシーレメディを使わなくても、病気によっては症状快復後も数カ月にわたって便中にウィルスを排出し続けるものもある(たとえば無菌性髄膜炎とか)。でも「パスツールらの病原体理論に反している」という。そして、「パスツールらの病原体理論に反している」ことを「ホメオパシーが正しい」ことと同一視するという詭弁だが、それらしく聞こえるので、ときどきホメオパシー支持者の記述に出現する。

いずれにせよ、ホメオパシー支持者には「パスツールは間違っている」と主張して、ワクチン否定などを行うものがいるのは事実。それもメジャーなホメオパシーサイトで。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2010/12/31 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。