2011/01/08

神への怒り

「陰謀論を信じれば事件の原因と動機が定まり、単なる偶発事件と考えるよりも合理的だと思える」ことにより、次に何をすべくかアクションを決定できるようになる。

==>自然現象としてのカウンターナレッジ選好 (2009/08/26)

そして究極の陰謀論はもちろん神。

Case Western Reserve Universityの心理学者Julie Exline準教授によれば、敬虔な信者から神を信じない人まで、様々な人々が不幸な事態に遭遇すると、「そのような事態を起こした神」に怒りを感じる。
[Angry at God? If so, you're not alone, says CWRU psychologist (2011/01/01) on Eurekalert]
「神に対して怒ってる? それはあなたひとりではない」とCase Western Reserve Universityの心理学者は言う。


The notion of being angry with God goes back to ancient days. Such personal struggles are not new, but Case Western Reserve University psychologist Julie Exline began looking at "anger at God" in a new way.

"Many people experience anger toward God," Exline explains. "Even people who deeply love and respect God can become angry. Just as people become upset or angry with others, including loved ones, they can also become angry with God."

Exline, an associate professor in Case Western Reserve's College of Arts and Sciences, has researched anger toward God over the past decade, conducting studies with hundreds of people, including college students, cancer survivors and grief-stricken family members.

She and her colleagues report their results in the article, "Anger toward God: Social-Cognitive Predictors, Prevalence, and Links with Adjustment to Bereavement and Cancer" in the new issue of the Journal of Personality and Social Psychology.

神への怒りは古代より存在する。そのような個人的葛藤は新しいことではない。しかし、Case Western Reserve Universityの心理学者Julie Exlineは「神への怒り」を新たな方法で見つめ始めた。

「多くの人々が神への怒りを経験する。神を深く愛し敬う人々であっても、神に対して怒ることがある。それは人が、たとえ愛する人に対しても苛立ち怒ることがあるのと同様だ。」とJulie Exlineは説明する。

Case Western Reserve大学のCollege of Arts and Sciencesの準教授であるExlineは、神への怒りを、学部学生や癌の生存者や家族を亡くした人々を含む数百人の被験者を使って、十年以上研究してきた。Exline準教授と共同研究者たちは、研究結果をJournal of Personality and Social Psychologyの最新号に掲載された論文"Anger toward God: Social-Cognitive Predictors, Prevalence, and Links with Adjustment to Bereavement and Cancer"で発表した。

Anger toward God often coincides with deaths, illnesses, accidents or natural disasters. Yet anger is not limited to traumatic situations. It can also surface when people experience personal disappointments, failures, or interpersonal hurts. Some people see God as ultimately responsible for such events, and they become angry when they see God's intentions as cruel or uncaring. They might think that God abandoned, betrayed, or mistreated them, Exline says.

Exline notes that it can be difficult for people to acknowledge their anger toward God. Many people are ashamed and don't want to admit their feelings, she says. In particular, people who are highly religious may believe that they should focus only on the positive side of religious life.

"But religion and spirituality are like other domains of life, such as work and relationships," Exline says. "They bring important benefits, but they can bring difficulties as well. Anger with God is one of those struggles," she adds.

According to Exline's findings, Protestants, African Americans, and older people tend to report less anger at God; people who do not believe in God may still harbor anger; and anger toward God is most distressing when it is frequent, intense, or chronic.

「神への怒りは、死や病気や事故や自然災害とともに起きることが多い。しかし、神へ怒りはトラウマな状態だけに限らない。人々が個人的な失望や失敗や対人関係の問題を経験したときにも起きる。神はそのような出来事の究極の責任者だと考える人々もいる。そして、そのような出来事が起きると、残酷で面倒を見ない神の意図を見出して怒る。彼らは神が自分を見捨て、裏切り、不当な扱いをしたと考えるかもしれない。

「自分が神に怒っていることを認めるのは困難かもしれない。多くの人々は、そのような感情を恥と思い、認めたがらない。特に、非常に宗教的な人々は、宗教生活のポジティブな面だけにフォーカスすべきだと考えているかもしれない。

「しかし、宗教やスピリチュアリティも、労働や人間関係など人生の他の面と同様なものだ。それらは重要な利点をもたらすとともに、問題も起こす。神への怒りも、その葛藤のひとつである。」とExline準教授は言う。

Exline準教授の研究成果によれば、プロテスタントとアフリカ系アメリカ人と老人には、神への怒りを少なめである。神を信じない人々であっても、神に怒ることがある。神への怒りが頻繁もしくは強い、あるいは慢性的である場合、最も苦痛が大きい。

Overcoming anger at God, she says, may require some of the same steps needed to resolve other anger issues.

"People may benefit from reflecting more closely on the situation and how they see God's role in it," Exline suggests. "For example, they may become less angry if they decide that God was not actually responsible for the upsetting event, or if they can see how God has brought some meaning or benefit from a painful situation."

People who feel angry toward God also need to be reassured that they are not alone. Many individuals experience such struggles, she adds. She suggests that people try to be open and honest with God about their anger, rather than pulling away or trying to cover up their negative feelings.

「神への怒りを克服するには、他の怒りの問題を解決するのに必要な手順を含む必要があるかもしれない。人々は状況をしっかりと思い起こし、その出来事にける神の役割を見方を変えることで、人々は有益な結果を得られるかもしれない。たとえば、苛立っている出来事が神のせいではないと考えたり、苦しい状況から神が何らかの意味や利益をもたらしてくれると考えたりすることで、神への怒りがおさまるかもしれない。

「神への怒りを持ったとき、それが自分ひとりではないと知る必要がある。多くの人がそのような葛藤を経験している。逃れようとしたり、ネガティブな感情を隠蔽したりするより、神への怒りをオープンにして正直になった方がいい。」とExline準教授は言う。


posted by Kumicit at 2011/01/08 06:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック