2011/01/16

2011年の2番目の反進化論州法案がミズーリ州に登場

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、ミズーリ州下院に反進化論州法案が登場した。これは年中行事なので、特に変わった出来事ではない。
[Antievolution
legislation in Missouri
(2011/01/14) on NCSE]

House Bill 195, introduced in the Missouri House of Representatives on January 13, 2011, and not yet referred to a committee, is apparently the second antievolution bill of 2011. The bill would, if enacted, call on state and local education administrators to "endeavor to create an environment within public elementary and secondary schools that encourages students to explore scientific questions, learn about scientific evidence, develop critical thinking skills, and respond appropriately and respectfully to differences of opinion about controversial issues, including biological and chemical evolution" and to "endeavor to assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies." "Toward this end," the bill continues, "teachers shall be permitted to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of the theory of biological and hypotheses of chemical evolution."

2011年1月13日にミズーリ州下院にHB195が提案されたが、委員会には送られていない。これは2011年の2番目の反進化論集法案である。この州法案が成立すれば、州および地域教育管理部門に対して「生徒たちが生物進化と化学進化を含む論争な問題について、科学的問いを探求し、科学的証拠について学び、クリティカルシンキングのスキルを発達させ、異なる意見に適切かつ敬意をもって対応できるような環境を公立小学校および中学校に作ることを推進し」「教師が科学的論争に関する理科カリキュラムの提示をより効果的にできる方法を見出すのを支援する」を義務付ける。州法案はさらに「この目的を達成するために、教師たちが生物進化論および化学進化仮説についての強いところと弱いところを理解・分析・批判・客観的レビューできるように生徒たちを助けることを認める」とある。

HB 195 is virtually identical to HB 1651, introduced in the Missouri House of Representatives on January 13, 2010. The main difference is that HB 1651's ornate disclaimer − "this section shall not be construed to promote philosophical naturalism or biblical theology, promote natural cause or intelligent cause, promote undirected change or purposeful design, promote atheistic or theistic belief, promote discrimination for or against a particular set of religious beliefs or ideas, or promote discrimination for or against religion or nonreligion" − was replaced in HB 195 with "this section shall not be construed to promote any religious or nonreligious doctrine, promote discrimination for or against a particular set of religious beliefs or nonbeliefs, or promote discrimination for or against religion or nonreligion." When the Missouri legislative session ended on May 14, 2010, HB 1651 died without ever having been assigned to a committee.

HB195は事実上、2010年1月13日にミズーリ州下院に提案されたHB1651とおなじである。違いはHB1651の飾り立てた注意事項「このセクションは、哲学的自然主義あるいは聖書進学、自然原因あるいはインテリジェントな原因、方向性のない変化あるいは目的あるデザイン、無神論あるいは有進論の信条、特定宗教信条あるいは考えについての支持・不支持に対する差別、宗教あるいは非宗教の支持あるいは反対についての差別の宣伝・推進を意味しない」がHB195では「このセクションは、いかなる宗教あるいは非宗教的教義、特定宗教信条あるいは非信条の支持・反対についての差別・宗教あるいは非宗教の支持あるいは反対についての差別の宣伝・推進を意味しない」に置き換わっていること。HB1651は委員会に送られることなく、2010年5月14日の会期切れで廃案となった。

The chief sponsor of HB 195 is Andrew Koenig (R-District 88), joined by Doug Funderburk (R-District 12), Kurt Bahr (R-District 19), Charlie Davis (R-District 128), Bill Reiboldt (R-District 130), Thomas Long (R-District 134), Dwight Scharnhorst (R-District 93), Shane Schoelle (R-District 139), Kathie Conway (R-District 14), Chuck Gatschenberger (R-District 13), Darrell Pollock (R-District 146), Rick Stream (R-District 94), Rodney Schad (R-District 115), and David Sater (R-District 68). Funderburk, Davis, Sater, Stream, Schad, and Pollock were also cosponsors of HB 1651 in 2010. HB 1651's chief sponsor Robert Wayne Cooper (R-District 155), who previously introduced a string of unsuccessful antievolution bills − HB 911 and 1722 (which called for equal time for "intelligent design" in the state's public schools) in 2004, HB 1266 in 2006, HB 2554 in 2008, and HB 656 in 2009 − in Missouri, was termed out of office in 2010.

HB195の主提案者はAndrew Koenig(共和党District 88選出)であり、共同提案者はDoug Funderburk (共和党District 12選出), Kurt Bahr (共和党District 19), Charlie Davis (共和党District 128), Bill Reiboldt (共和党District 130), Thomas Long (共和党District 134), Dwight Scharnhorst (共和党District 93), Shane Schoelle (共和党District 139), Kathie Conway (共和党District 14), Chuck Gatschenberger (共和党District 13), Darrell Pollock (共和党District 146), Rick Stream (共和党District 94), Rodney Schad (共和党District 115), and David Sater (共和党District 68)である。うち、Funderburk, Davis, Sater, Stream, SchadおよびPollock州下院議員は2010年のHB1651の共同提案者でもある。HB1651の主提案者Robert Wayne Cooper (共和党District 155選出)は、廃案になった一連の反進化論集法案(インテリジェントデザインに進化論と同じ時間を使うことを義務付ける2004年のHB911とHB1722と、2006年のHB1266と、2008年のHB2554と2009年のHB656)の提案者でもあり、2010年に任期切れとなっている。
これも、昨年同様に放置モードで終了すると思われる。もちろん、放置しているのは、議案の優先順位を決めている、ミズーリ州下院の共和党と民主党のボスたち。


現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は1月15日現在で2個:


2010年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
2009年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


posted by Kumicit at 2011/01/16 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。