2011/01/25

再挑戦する"cdesign proponentsists"たち

テキサス州のTexas Freedom Networkや米国の進化論教育を守るNCSEによれば、テキサス州の理科の授業用の副読本の承認申請を行った創造論団体がある。
[Ryan: "Of Pandas and Texas" (2011/01/20) on Texas Freedom Network]

CREATIONIST GROUP PUSHES ANTI-EVOLUTION MATERIALS IN TEXAS SCIENCE CLASSES
Texas SBOE Asked To Consider Materials from Fringe Anti-Science Group

FOR IMMEDIATE RELEASE January 20, 2011

In a move that should not surprise anyone, a well-known creationist/“intelligent design” group appeared on a list of publishers that have indicated an intent to submit science curriculum materials for approval by the Texas State Board of Education (SBOE) later this spring. The formal inclusion of this creationist group means Texas will once again be ground zero for creationist attacks on 21st-century science, TFN President Kathy Miller said.

“In 2009 the State Board of Education approved new science curriculum standards that opened the door to creationist materials in Texas classrooms. Today we saw that one prominent creationist group intends to walk through that door,” Miller said. “Getting their materials in public schools has long been a top priority for creationists, and it’s clear that they intend to make Texas their flagship. Teaching inaccurate information rejected by the scientific community would be a huge disservice to Texas kids and a major setback for science education everywhere.”

誰にとっても驚きではないが、有名な創造論/インテリジェントデザイン団体が、理科の授業の副読本の承認をテキサス州教育委員会にこの晩春に申請する。この創造論団体の副読本を公式に認めることは、テキサス州を21世紀の化学に対する創造論者による攻撃のグラウンドゼロにしようつるものであると、TFN代表Kathy Millerは述べた。

「2009年にテキサス州教育委員会は創造論者の教材をテキサス州の学校の授業で使える扉を開く理科カリキュラム標準を承認した。今や、この扉を通って、著名な創造論団体が入って来る。彼らの教材を公立学校で使うことは、創造論者の最高優先順位の目標であった。そして、その先頭としてテキサス州を標的としてきた。科学コミュニティが否定した誤った情報を教えることは、テキサス州の子供たちに多大なるダメージを与え、米国全土の理科教育に大迷惑を与えることになる」
副読本に承認申請したのは、テキサスを本拠地とするFoundation for Thought and Ethics(FTE)である。このFTEは、創造科学からインテリジェントデザインへの中間化石である全置換失敗「cdesign proponentsists」で有名になった"Of Pandas and People"を出版し、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiを名を連ねている法人である。

TFNNCSEなどによれば、この副読本は2011年3月までは公開されない。しかし、テキサス州教育委員会はレヴュー委員を任命してレビューを開始しており、4月には公聴会が開かれる。その上で、テキサス州教育委員会が承認すれば、テキサス州の公立学校で副読本として使用可能となる。

当面は、この副読本の承認をめぐって、3か月ほど創造論者との戦いが続くことになる。
posted by Kumicit at 2011/01/25 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック