2011/01/29

現場レベルでよろめく進化論教育

米国では、創造論やインテリジェントデザインを教えることを可能にする州法案をめぐる戦いが州議会であったり、成立していしまうと地方あるいは連邦法廷で合憲性をめぐって戦いがあったりする。これらは表の戦いと言ってい良い。

実際には現場レベルで、創造論を教える場合がある。Pennsylvania State Universityの政治科学者Michael BerkmanとEric Plutzerによれば、ちゃんと進化論を教えている教師は28%に過ぎない。
[High School Biology Teachers in U.S. Reluctant to Endorse Evolution in Class, Study Finds (2011/01/27) on ScienceDaily]

ScienceDaily (Jan. 27, 2011) − The majority of public high school biology teachers in the U.S. are not strong classroom advocates of evolutionary biology, despite 40 years of court cases that have ruled teaching creationism or intelligent design violates the Constitution, according to Penn State political scientists. A mandatory undergraduate course in evolutionary biology for prospective teachers, and frequent refresher courses for current teachers, may be part of the solution, they say.

Pennsylvania State Universityの政治科学者たちによれば、過去40年間にわたって、創造論やインテリジェントデザインを教えることが違憲であるという判例があるにもかかわらず、米国の高校の生物学教師たちの過半数が授業で進化生物学を強く教えていない。そして、教師を志望する学部学生や教師の再教育において進化生物学の必修化が解決策のひとつになると言う。



"Considerable research suggests that supporters of evolution, scientific methods, and reason itself are losing battles in America's classrooms," write Michael Berkman and Eric Plutzer, professors of political science at Penn State, in the January 28 issue of Science.

The researchers examined data from the National Survey of High School Biology Teachers, a representative sample of 926 public high school biology instructors. They found only about 28 percent of those teachers consistently implement National Research Council recommendations calling for introduction of evidence that evolution occurred, and craft lesson plans with evolution as a unifying theme linking disparate topics in biology.

In contrast, Berkman and Plutzer found that about 13 percent of biology teachers "explicitly advocate creationism or intelligent design by spending at least one hour of class time presenting it in a positive light." Many of these teachers typically rejected the possibility that scientific methods can shed light on the origin of the species, and considered both evolution and creationism as belief systems that cannot be fully proven or discredited.

Berkman and Plutzer dubbed the remaining teachers the "cautious 60 percent," who are neither strong advocates for evolutionary biology nor explicit endorsers of nonscientific alternatives. "Our data show that these teachers understandably want to avoid controversy," they said.

「少なからぬ調査は、米国の学校授業での戦いで、進化論支持や科学的方法や理性が敗れつつあることを示している」とPennsylvania State Universityの政治科学の教授であるMichael BerkmanとEric PlutzerがScience(2011/01/28)に書いている。彼らは、全米926の公立学校を代表する高校生物教師に対する全米調査のデータを調べた。彼らは約28%の教師たちが、「進化が起きた証拠の提示と、生物学の様々なトピックを統一するものとして進化を教える授業計画」を求めるNational Research Councilの推奨を実施していることを見出した。

これに対して、BerkmanとPlutzerは13%の生物学教師が「少なくとも1時間をかけて、創造論あるいはインテリジェントデザインを直接的かつ肯定的に提示している」ことを発見した。これらの教師たちの多くは「科学的方法が種の起源を明らかにする」という可能性を否定し、進化論も創造論も完全には証明も否定もできない信仰だと考えていた。彼らは「進化生物学を強く教えることも、非科学な代替説を直接教えることもない」残りの教師たちを「慎重な60%」と呼んだ。「我々のデータは、これらの教師が当然のことながら、論争を回避したがっていることを示している」


The researchers found these teachers commonly use one or more of three strategies to avoid controversy. Some teach evolutionary biology as if it applies only to molecular biology, ignoring an opportunity to impart a rich understanding of the diversity of species and evidence that one species gives rise to others.

Using a second strategy, some teachers rationalize the teaching of evolution by referring to high-stakes examinations.

These teachers "tell students it does not matter if they really 'believe' in evolution, so long as they know it for the test," Berkman and Plutzer said.

Finally, many teachers expose their students to all positions, scientific and otherwise, and let them make up their own minds.

This is unfortunate, the researchers said, because "this approach tells students that well established concepts can be debated in the same way we debate personal opinions."

BerkmanとPlutzerはこれらの教師たちが共通して、論争回避の3つの戦略の1つ以上を使っていることを発見した。ある教師たちは進化生物学を分子生物学だけに適用し、種の多様性の深い理解や種が別の種から出現する証拠を提示する機会を無視する。

第2の戦略を使う教師たちは、試験のスコアに触れて、進化論教育を正当化する。これらの教師たちは「生徒に進化論を本当に"信じる"必要はなく、試験で答えられればいいと告げる」とBerkmanとPlutzerは言う。

そして最後に、教師たちは生徒たちにすべての立場、科学的なものと非科学的なものを提示し、生徒たちに選ばせる。これは良くないことだとBerkmanとPlutzerは言う。「このアプローチでは、個人的意見を論じるように、確立された概念を論じることが可能だと生徒たちに告げることになる。」

...
福音主義キリスト教などの宗教の影響のもとにある子供たちの抵抗の前に、逃げ腰という実態が米国にある。

posted by Kumicit at 2011/01/29 18:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック