2011/01/30

南部バプテスト連盟理事長を目指す呪詛牧師Wiley Drake師

「呪詛の祈り」で知られる"First Southern Baptist Church of Buena Park"のWiley Drake牧師:

  • 朝の呪詛の祈りをする牧師 (2007/08/17)
    カリフォルニア州の"First Southern Baptist Church of Buena Park"のWiley Drake牧師が、AU(政教分離のためのアメリカ連盟)のJoe ConnとJeremy Learingに対する呪詛の祈り(Imprecatory Prayer)を開始した。これはAUが、内国歳入庁に対して、非営利団体による選挙運動という連邦税法違反の疑いのある、カリフォルニアのFirst Southern Baptist Church of Buena Parkを調査するように依頼したことに対する報復。
  • Huckabee選対事務所曰く「呪詛牧師Drakeを容赦しない」(2007/08/22)
    選挙運動の対象が共和党大統領予備選を戦っていたHuckabeeだった。木曜日はHuckabee候補は州外で活動していた。選挙広報担当Alice Stewartは、「Drakeがばらまいたアメリカ人連盟に対して抗議する資料について、選挙対策事務所はDrakeと話したことはない。我々は Drakeの邪悪なコメントを絶対に容赦しない」と述べた。
  • まだまだ叩かれる呪詛牧師 (2007/09/04)
    被害拡大を怖れる南部バプテストの牧師からも叩かれるWiley Drake牧師。南部バプテスト連盟理事長の座はもはや無理か。
  • 呪詛牧師Wiley Drake師、Obama大統領を呪詛中... (2009/07/17)
    懲りないWiley Drake師は、今度はObama大統領を呪詛。

さて、それから1年半の時が流れ、呪詛牧師Wiley Drake師が南部バプテスト連盟理事長の座を狙い始めた。諦めない人である。
As most of you know I have served the Lord Jesus through my relationship with the denomination, The Southern Baptist Convention, since 1965. It was my privilege in 2007/2008 to be elected as Second Vice President of the Southern Baptist Convention.

My question and request for counsel is simply this, "Should I allow my nomination for the position of President of The Southern Baptist Convention in June 2011, and make a run for this position?"

知っての通り、私は1985年以来、南部バプテスト連盟との関係を通して主なるイエスに仕えてきた。2007〜2008年には南部バプテスト連盟の次席副理事長をに選出された。

神学勧告についての私の質問および要請は単純だ。「私が2011年6月の南部バプテスト連盟理事長候補となるべきか、そして理事長の座を争うべきか」

[Controversial Pastor Wiley Drake Asks for Christian Counsel on Run for President of The Southern Baptist Convention (2011/01/24) on ChristianNewsWire via Right WIng Watch via Ed Brayton]
で、次は理事長選挙の対立候補を呪詛するのだろうか?


posted by Kumicit at 2011/01/30 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。