2011/01/31

イスラエル保健省は、違法に効能を主張するホメオパシーのテレビCMを禁止した

イスラエルの法律では、ホメオパシーレメディは効果を認められてらず、効能を謳うことは違法である。にもかかわらず、放置していて、ホメオパシーレメディのテレビコマーシャルが流れる状況となっていた。そして、本日、Jerusalem Postの報道によれば、治療効果があると主張するホメオパシーレメディのテレビコマーシャルを、イスラエル保健省が禁じた。
[JUDY SIEGEL: "Health Ministry deems homeopathic drug TV ads 'misleading' (2011/01/31) on The Jerusalem Post]

Regulators nix ads from TV, call maker's claims "illegal."

規制当局は製造業者の主張は違法だとしてテレビコマーシャルを禁じた。

The Health Ministry’s pharmaceutical division will prevent further TV advertising of an unregistered homeopathic preparation, called Traumeel, that makes illegal therapeutic claims.

According to the law, only registered drugs can claim to provide medical benefits.

Division head Batya Haran thanked The Jerusalem Post this week for informing her that Channel 2 has been running ads for months on behalf of Traumeel, which claims to successfully treat back pain.

“We will investigate and deal with it,” said Haran, who added that she would inform the networks that they may not allow advertising of alternative medications that claim to treat serious medical conditions.

After the ministry initially failed to take action against that preparation, a different one, RD 49, was advertised on TV and claimed to treat nasal congestion.

They were apparently the first ads for homeopathic preparations to appear on Israeli television.

Packages of homoeopathic preparations sold in pharmacies must by law carry a printed disclaimer stating “This is a homeopathic preparation without an approved medical indication; This product is approved by the Health Ministry only from the safety aspect.”

The disclaimer is required, Haran said, “because homeopathy’s medical efficacy has not been proven scientifically as are registered medications.”

The TV ads did not bear any disclaimers, yet the product’s presenters claimed they treated medical conditions effectively.

イスラエル保健省の製薬部局は、非合法な治療可能性の主張を行っている、Traumeelと呼ばれる未登録のホメオパシー調合剤のテレビコマーシャルの継続を禁じた。法律によれば、登録薬剤は医学的効果を主張できる。

製薬部局の長であるBatya Haranは、Channel 2が背痛を治療できると主張するTraumeelの広告を数か月にわたって行っていたことを通報したJerusalem Postに感謝した。そして「我々は調査し、対処する。重篤な病気を治療できると主張する代替医療の広告が禁じれらていることをテレビネットワークに通達する。」と述べた。

保健省が初動を誤ったために、これとは別のRD 49という鼻づまりに効くと主張するテレビコマーシャルが放送された。これがイスラエル初のホメオパシー調合剤テレビコマーシャルとなった。

薬局で販売されるホメオパシー調合剤のパッケージには法律で「これはホメオパシー調合剤であり、医療効果の記載を認可されていません。この製品は安全性面のみで保健省から認可されています」で始まる注意書きをつけることが義務付けられている。

注意書きを義務付けているのは「登録薬品と違ってホメオパシーの医療効果は科学的に証明されていないからだ」とHaranは言う。テレビコマーシャルでは、製品のプレゼンターが医学的症状を効果的に治療できると主張しても、注意書きを言うことはほとんどない。





タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2011/01/31 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。