ワクチンと自閉症をめぐるSalonとRolling Stone

「自閉症はMMRワクチンの水銀が原因だ」と主張するDr. Andrew Wakefieldの1998年のLancet掲載論文のデータがフェイクだったことが2009年に明らかになり、2010年にはLancetは当該論文を撤回し、英国医療規制当局はDr. Andrew Wakefieldの医師資格を剥奪した

この件に関して、オンライン雑誌Salonは、2005年に掲載した「ワクチンと自閉症に関連がある」という記事を撤回した[via Retraction Watch]。
[KERRY LAUERMAN: "We've removed an explosive 2005 report by Robert F. Kennedy Jr. about autism and vaccines. Here's why" (2011/01/16) on Salon]

In 2005, Salon published online an exclusive story by Robert F. Kennedy Jr. that offered an explosive premise: that the mercury-based thimerosal compound present in vaccines until 2001 was dangerous, and that he was "convinced that the link between thimerosal and the epidemic of childhood neurological disorders is real."

2005年にSalonは「2001年までワクチンで使われていた水銀ベースのチメロサール化合物が危険であり、チメロサールと子供たちの神経疾患の流行の関連は本当だと納得している」という強力な前提を提示するRobert F. Kennedy Jr.の独占記事をオンライン掲載した。

The piece was co-published with Rolling Stone magazine -- they fact-checked it and published it in print; we posted it online. In the days after running “Deadly Immunity,” we amended the story with five corrections (which can still be found logged here) that went far in undermining Kennedy’s exposé. At the time, we felt that correcting the piece − and keeping it on the site, in the spirit of transparency − was the best way to operate. But subsequent critics, including most recently, Seth Mnookin in his book “The Panic Virus,” further eroded any faith we had in the story’s value. We’ve grown to believe the best reader service is to delete the piece entirely.

その記事はRolling Stone誌と共同で掲載されたもので、彼らはファクトチェックを行って紙媒体に掲載し、我々はオンラインに掲載した。"Deadly Immunity"(死に至る予防接種)の掲載後、5か所の訂正を以って記事を修正した(訂正内容はここ)。これによりKennedyの暴露記事を信頼性を大きく損なうことになった。記事を修正の上で掲載を続けることが、透明性という観点で最善の対処だと感じていた。しかし、最近のSeth Mnookinによる自著"The Panic Virus"での批判など、批判が続いて、当該記事に価値があるという我々の思いはさらに失われてきた。我々は最善の読者サービスが、当該記事削除であると考えるに至った。

“I regret we didn’t move on this more quickly, as evidence continued to emerge debunking the vaccines and autism link,” says former Salon editor in chief Joan Walsh, now editor at large. “But continued revelations of the flaws and even fraud tainting the science behind the connection make taking down the story the right thing to do.” The story’s original URL now links to our autism topics page, which we believe now offers a strong record of clear thinking and skeptical coverage we’re proud of − including the critical pursuit of others who continue to propagate the debunked, and dangerous, autism-vaccine link.

「ワクチンと自閉症の関連性をデバンクする証拠が続出してきたにもかかわらず、迅速に対処しなかったことを私は後悔している。誤りが引き続き明らかになり、ついには背後に科学を汚す詐欺があったことが明かとなり、記事撤回が正しいことであることが示された」と当時Salonの編集長であり、現在は上級編集者であるJoan Walshは述べた。元記事のURLは現在は我々の自閉症特集ページへのリンクとなっている。この特集ページは、今では我々が誇るべき、明確な思考と懐疑的な報道の強力な記録となっている。そして、いまでも、既にデバンクされている危険な自閉症ワクチン関連説を広め続ける者たちへの批判も載せている。

Kerry Lauerman is Salon's Editor in Chief. Follow him on Twitter: @kerrylauerman. More: Kerry Lauerman

一方、Retraction Watchによれば、同時掲載していたRolling Stone誌は、記載内容の個々の点について誤りを認めつつも、自分たちの掲載記事の大筋は正しいとする注記を2005年7月14日に掲載した。
... It is important to note, however, that none of the mistakes weaken the primary point of the story. The government’s own records show that it has failed to do the science necessary to put to rest reasonable concerns about vaccines. If the scientists had simply done their job rather than covering their tracks, there would be no controversy today. Instead, the government cannot even provide a definitive figure of the number of cases of autism among American children − a number obviously critical to any serious scientific investigation − and yet expects the public to believe that it has ruled out any link between vaccines and an illness it does not even track.

“Science,” as one doctor in our story insisted, “is best left to scientists.” But when the scientists fail to do their job, resorting to closed-door meetings and rigged studies, others in society have not only a right but a moral obligation to question their work. In the coming years, further research may indeed demonstrate that mercury in vaccines is not responsible for the rise in autism. For now, though, we can only raise a very real and legitimate alarm − and hope that the government’s well-documented mishandling of its own research did not needlessly jeopardize the health of hundreds of thousands of children. ...



[Kennedy Report Sparks Controversy (2005/07/14) on Rolling Stone [削除済み], COPY]
実際には、Rolling Stone誌などの記事による予防接種忌避が子供達を危険に晒し、自閉症の子供たちに有効性のない"治療"行為が行われる事態を引き起こした。

そして、Dr. Andrew Wakefieldの研究データ捏造が世に知れ渡ると、Retraction Watchによれば、Rolling Stoneは2010年のどの時点かに、断りなく記事を削除した。不誠実としか言いようのない対応である。

posted by Kumicit at 2011/02/09 08:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



コメント: [必須入力]


Excerpt: 当ブログのコメント欄で度々登場していた、ロバート・ケネディ・ジュニアによるワクチン陰謀論、一部では「ケネディレポート」と呼ばれているようですが、いつの間にか掲載先のローリング・ストーン誌のサイトから..
Weblog: ベムのメモ帳
Tracked: 2011-02-09 17:53