2011/02/11

"何か"を見たRoy医師のOscillococcinum

以前にも取り上げたホメオパシーレメディ製造の大手Boironの商品Oscillococcinumは...
でもおなじみ。
[Facts About Oscillococcinum]

Uses:用法
Temporarily relieves flu-like symptoms such as feeling run down, headache, body aches, chills and fever.
体調がすぐれない、頭痛、身体の痛み、悪寒、熱などのインフルエンザ様症状の一時的緩和

Active Ingredient:有効成分
Anas barbariae hepatis et cordis extractum 200CK HPUS – To reduce the duration and severity of flu-like symptoms (インフルエンザ様症状の持続期間の短縮・症状の重さの緩和)

The letters “HPUS” indicate that the active ingredients are officially included in the Homeopathic Pharmacopœia of the United States.
「HPUS」は有効成分が米国ホメオパシー薬局方に公式に記載されていることを示す。

oscillo-about1.jpg
この商品の始まりはこんなものだった...
[Jan Willem Nienhuys: "The True Story of Oscillococcinum" on HomeoWatch]

Oscillococcinum was discovered by Joseph Roy (1891-1978), a French physician who was on military duty when the Spanish flu hit the world in 1917. He examined the blood of victims and found a strange microorganism: a bacterium that consisted of two unequal balls that performed a quick vibratory motion. Roy called them "oscillococci" and thought they could vary much in size. Sometimes they shrunk so much that he couldn't see them with his microscope. But they could also grow and get one or two more balls.

Oscillococcinumは1917年にスペインインフルエンザが世界流行した時に軍務にあったフランス人医師Joseph Roy[1891-1978]によって発見された。彼は患者の血液を調べて、奇妙な微生物を発見した。その細菌は、すばやく振動する2つの大きさの違う球体から構成されていた。Royはそれを"oscillococci"と呼び、それは大きさが変化すると考えた。それは時には非常に小さくなって、彼の顕微鏡では見れなくなった。しかし、それは大きなって、さらに1つか2つの球体を取り入れたりした。

Next Roy discovered these bacteria in the blood and the tumors of cancer patients, in syphilitic ulcers, in the tubercles of tuberculosis patients and in the pus of gonorrhea sufferers. Also people who had eczema, rheumatism, mumps, chickenpox and measles turned out to harbor this "universal germ."

次にRoyはこれらの細菌を、血液や、癌患者の腫瘍や、梅毒患者の潰瘍や、結核患者の結核結節や、淋病患者の膿から発見した。さらに、湿疹やリューマチや流行性耳下腺炎や水痘や麻疹の人々が、このユニバーサルな病原体の寄生先になっていることを見出した。

It is not clear today what Roy saw through the eyepiece of his microscope. But one thing is certain: he did not see the causes of those diseases. Rheumatism, eczema, and most forms of cancer are not caused by microbes, and mumps and measles are caused by viruses, which can't be seen with an ordinary microscope. Moreover, no other bacteriologist has ever reported seeing Roy's special cocci again

今となってはRoyが自身の顕微鏡で何を見ていたのかわからない。しかし、ひとつだけ確かなことがある。彼はこれらの病気の原因を見ていない。リューマチや湿疹や多くの癌は微生物では起きない。そして、流行性耳下腺炎や麻疹はウィルスで起きる者であり、ウィルスは通常の顕微鏡では見えない。さらに、Royの特別な菌類球菌を見たと、他の細菌学者が報告したことがない。
"何か"を見てしまったRoy医師。そして、治療薬としてアヒルの肝臓を希釈して一分子も残っていないホメオパシーレメディを作った。そのときRoy医師はこう考えていたという:
Why liver? Doctor Roy writes: "The Ancients considered the liver as the seat of suffering, even more important than the heart, which is a very profound insight, because it is on the level of the liver that the pathological modifications of the blood happen, and also there the quality of the energy of our heart muscle changes in a durable manner."

何故、肝臓なのか? Roy医師は「古代人は肝臓を苦痛の起きる場所だと考え、心臓よりも重視した。これは深い洞察である。というのは、血液の病変が起きるのは肝臓レベルであり、また我々の心筋のエネルギーの品質が持続的な方法で変化する場所でもあるからだ。」と書いている。

[Jan Willem Nienhuys: "The True Story of Oscillococcinum" on HomeoWatch]
呪術的な思いに基づくものだったようだ。

なお、Roy医師が"何か"を見てしまったことにより始まったOscillococcinumは今でもBoironの主力商品であり、販売している業者たちも多い。そんな業者のひとつが昨年(2010年)、米国FDAから広告についての警告を受けている:
[WARNING LETTER (2010/06/08) on FDA]

To: www.elixirs.com / health@elixirs.com
The Food and Drug Administration and the Federal Trade Commission
Date: June 8, 2010
...

Boiron Oscillococcinum
-“Anas barbariae hepatis et cordi extractum, a nosode made from a fowl bird source, so look at this product for emergency preparedness for swine flu, which is a mutation of bird or avian influenza, swine influenza and human influenza.”
- “Use Oscillococcinum for fast relief of flu infection symptoms.”



タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2011/02/11 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。