2011/02/16

ハーブ覚醒剤チャットによる死亡事故

チャットは「東アフリカとアラビア半島の熱帯に自生するニシキギ科の常緑樹の一種で、アンフェタミンに似た覚醒作用をもたらすアルカロイドの一種カチノンが含まれており、新芽の葉を噛むことで高揚感や多幸感が得られる。」国により非合法・合法と対応の違いがあり、英国では法規制されていない。

このハーブ覚醒剤チャット服用後に死亡したと見られる事件についての報道があった。
[Northampton woman died in fall after using drug, khat (2011/02/09) onBBC
ノーザンプトンの女性が覚醒剤チャットを服用後に死亡した]

A coroner has recorded a verdict of accidental death on a Northampton woman who may have jumped from a window after chewing the herbal stimulant, khat.

The inquest heard the body of Halima Hassan, 31, was found in the grounds of flats in Northampton in May 2009.

She had been chewing khat, an amphetamine-like stimulant popular in east Africa, shortly before her death.

Northamptonshire coroner Anne Pember said: "I don't think there was any intention on her part to end her life."

Her husband found her outside their friend's flat after she disappeared from the room.

The court heard Mrs Hassan died of multiple injuries consistent with a fall and there was no suggestion another person had been involved.

検死官はハーブ覚醒剤チャット(アラビアチャノキ)を噛んだ後に窓からジャンプしたとみられるノーザンプトンの女性の事故死についての評決を記録した・

死因審問は、2009年5月にHalima Hassan(31歳)の死体がノーザンプトンのアパートの敷地内で発見された事件を調査した。彼女は死亡の直前に、アンフェタミンに似た覚醒剤で、東アフリカで広く知られるチャット(アラビアチャノキ)を噛んでいた。ノーザンプトン検死官Anne Pemberは「人生を終わらせようとした意図はなかったと考えている」と述べた。Halima Hassanの夫は彼女が部屋から消えた後、外で彼女を見つけた。検死法廷は、Halima Hassanの死が落下による多発外傷と矛盾せず、第3者の関与を示すものはないとの証言を得た。

'Psychotic symptoms'

A report from pathologist Dr Elizabeth Turk said a possible explanation for a jump from a window may have been khat.

Khat can cause excitement, euphoria and hyperactivity, the inquest heard.

On rare occasions it can also cause psychotic symptoms including paranoid delusions.

Dr Turk said khat toxicity had neither directly caused nor directly contributed to the cause of death but added: "Psychotic symptoms or hallucinations could be a possible explanation for a jump out of a window."

The court heard Mrs Hassan, of Dover Court, suffered mental health problems.

Mrs Hassan's husband, Asad Mohamed, told the inquest his wife chewed two bundles of khat two to four times a week.

She had been chewing khat with a friend at a flat at St Katherine's Court on 31 May, and when Mr Mohamed returned from the bathroom he could not find her and discovered her body outside.

Mrs Pember said: "We heard that she had been chewing khat and I think that this may have affected how she came to be found on the ground outside St Katherine's Court."

病理学者Dr. Elizabth Turkの報告書によれば「窓からジャンプした原因と考えられるのは、チャットであるかもしれない」 チャットは興奮・幸福感・多動をもたらす。また、まれに妄想などの精神症状を引き起こす可能性があり。

Dr. Elizabeth Turkは「チャットの毒が彼女の死の直接的原因あるいは死亡への直接的影響ではない。しかし、精神的症状や幻覚は窓からジャンプした原因かもしれない」と述べた。

検死法廷はHalima Hassanが精神的な問題を抱えていたとの証言を得た。彼女の夫Asad Mohamedは「妻は週2〜4回、チャットを2つ噛んでいた」と証言した。

Halima Hassanは、2009年5月31日にSt Katherine's Courtのアパートで友人とチャットを噛んでいた。夫Asad Mohamedが風呂から出たとき彼女は見当たらなくなっていた。そして、屋外で彼女を見つけた。

Mrs Pemberは「私たちは彼女がチャットを噛んでいたと聞きました。それがSt Katherine's Courtの屋外で彼女が発見されたことに影響したと思います。」と述べた。
なお、英国・豪州などには死因を特定することのみを目的とする検死官/検死法廷制度がある。
posted by Kumicit at 2011/02/16 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。