2011/02/17

まだまだ販売が続く"だうじんぐマシン" それを支援する英国工兵隊

BBC Newsnightの2011年1月27日の報道によれば「だうじんぐマシン」が未だ販売され、英国工兵隊がその販売支援を行っていた。
[Meirion Jones and Caroline Hawley, BBC Newsnight: "UK government promoted useless 'bomb detectors'" (2011/01/27) on BBC]

The government has admitted that the Army and UK civil servants helped market so-called "bomb detectors", which did not work, around the world.

英国政府は陸軍および英国公務員が、機能しない、いわゆる「爆発物検出器」を世界中に販売するのを支援していることを認めた。


Export of the "magic wand" detectors to Iraq and Afghanistan was banned on 27 January 2010 because of the threat they posed to British and allied troops.

The move followed a BBC Newsnight investigation showing they could not detect explosives - or anything else.

Now Newsnight has learned that they are still being sold around the globe.

At least four rival manufacturers have sold their own versions of these devices and they are now the subject of a major fraud investigation by the City of London police.

「魔法の杖」な検出器のイラク及びアフガニスタンへの輸出は、英国軍および同盟軍への脅威となるという理由で、2010年1月27日に禁止された。BBC Newsnightの調査を受けた動きで、これらの検出器が爆発物あるいは何らかのものを検出できないことが示された。

そして現在、BBC Newsnightはこれら検出器が世界中で今もなお販売されていることを知った。少なくとも4つの競合他社がこれらの検出器の自社バージョンを販売し、ロンドン市警による詐欺の操作対象となっている。


One maker, ATSC Ltd, sold thousands of the so-called detectors, which essentially consist of a radio aerial on a hinge attached to a plastic handle, to Iraq for $85m.

It has been alleged that hundreds of Iraqis died in explosions in Baghdad after ADE651 detectors failed to detect suicide bombers at checkpoints.

ATSC boss Jim McCormick is currently on bail after being arrested on suspicion of fraud in connection with the so-called detectors.

The profit margins in the sale of this equipment are enormous.

The manufacturer of another of the devices, the Alpha 6, has admitted to Newsnight that they make them for £11 and then they are sold for £15,000 each to the end user.

製造業者のひとつATSC Ltdは数千台のいわゆる検出器をイラクに8500万ドルで販売した。この検出器は実質的にはプラスチックのハンドルにラジオのアンテナを取り付けたものである。ADE651検出器が検問所で自爆テロ犯の爆発物を検出できず、その爆発でバクダッドで数百人が死亡したと疑われている。ATSCの社長Jim McCormickはいわゆる検出器に関連した詐欺の容疑で逮捕されて、保釈されている。

この検出器の販売利益は膨大なものである。ADE651とは別の機種Alpha 6の製造業者はBBC Newsnightに対して、11ポンドで製造して、15000ポンドでエンドユーザに販売されていることを認めた。


'Unsuitable for British Army' (英国陸軍には不適切)

On Thursday, the UK government told BBC Newsnight that between 2001 and 2004 a Royal Engineers sales team went around the world demonstrating the GT200, another of the "magic wand" detectors which has been banned for export to Iraq and Afghanistan, at arms fairs around the world even though the British Army did not consider them suitable for its own use.

The government's Department of Trade and Industry, which has since been superseded by the Department for Business, Innovation and Skills, helped two of the manufacturers sell their products in Mexico and the Philippines.

Newsnight has also found that the manufacturers are still trying to market so-called "bomb detectors" which do not work.

木曜日(2011/01/27)に、英国政府はBBC Newsnightに対して「2001〜2004年に英国工兵隊のセールスチームが世界中をまわってGT200のデモンストレーションを軍事フェアで行ったと述べた。このGT200は「魔法の杖」な検出器の別バージョンで、イラク及びアフガニンスタンへの輸出が禁じられており、英国陸軍は自軍用途には不適切だと考えているものである。

その後にビジネス・イノベーション・技能省に改組された貿易産業省は、製造業者2社のメキシコおよびフィリピンで検出器での販売を支援した。Newsnightはこれら製造業者が、機能しない「爆発物検出器」を現在も販売しようとしていることを発見した。

Just three months after the ban on sales to Iraq and Afghanistan, a product called the HEDD1, consisting of a radio aerial on a handle made in Bulgaria, was displayed at a security exhibition at Olympia in London.

The company selling the devices, Unival, claimed that while all the other products which looked like it were a "massive scam", theirs was different.

The HEDD1 was marketed by a retired British Army colonel, John Wyatt, who told prospective buyers that it had "proved extremely successful in several foreign countries", including in "double blind" tests.

イラクとアフガニスタンへの販売禁止から3か月後には、ブルガリアで製造された、ハンドルにラジオアンテナを付けたHEDD1と呼ばれる検出器がロンドンのオリンピアで開かれた安全保障展示会で出品されていた。

この検出器を販売するUnival社は「これと同様の形状の検出器は巨大な詐欺だが、これはちがう」と主張していた。

HEDD1は退役英国陸軍大佐John Wyattによって販売されていた。彼は見込み客に「いくつかの国で、二重盲検で、非常にうまく動作することが証明されている」と言っていた。

In reality the maker of HEDD1, Yuri Markov, had been charged in the United States in 2008 for fraudulently claiming that the previous version of his so-called bomb detector could detect explosives.

The US Navy had subjected it to a double-blind test and found it "does not work".

Asked by Newsnight why he had promoted such a product, Col Wyatt said: "I would never put lives at risk on this at all - it is intangible science - I wouldn't use it in a life or death situation."

Nevertheless, in July 2010 he demonstrated the HEDD1 to the Royal Engineers at an army base in Surrey as a potential bomb detector to be used in Afghanistan to deal with IEDs.

実際のところは、HEDD1の製造者Yuri Markovは、いわゆる爆発物検出器の前バージョンが爆発物を検出可能だという詐欺主張を行ったとして、米国で2008年に告発されている。

米国海軍はHEDD1の二重盲検を行って、機能しないことを確認していた。

BBC NewsnightはWyatt大佐に何故そのような検出器を販売していたのか質問したところ、彼は「私はこれに生命を賭けたことは全くない。これは実体のない科学だ。生存か死亡かという状況では私はこれを使わない」と応えた。

しかし、2010年7月に彼は、Surreyにある陸軍基地で英国工兵隊に対して、IED(簡易爆弾)に対抗するためにアフガニスタンで使用可能な爆弾検出器として、HEDD1をデモンストレーションした。


Tests (試験)

The Royal Engineers showed the HEDD1 to explosives expert Sidney Alford of Alford Technologies, who has previously helped Newsnight expose other so-called detectors.

The HEDD1 failed to find any explosives during a double blind trial and Mr Alford's report concluded by saying "this equipment does not detect explosives".

英国工兵隊はHEDD1を爆発物の専門家であるAlford TechnologiesのSidney Alfordに見せた。彼は前回、いわゆる爆発物検出器が機能しないことを暴露した際にBBC Newsnightに協力していた。

HEDD1は二重盲検で爆発物を検出できなかった。Alfordの報告書は「この検出器は爆発物を検出できない」と結論した。

Col Wyatt told Newsnight he would have made 3,000 euros profit on every HEDD1 he sold but that he had not sold any so far and would not do so without further testing.

Asked by Newsnight whether he had given the product's makers an air of respectability by becoming their agent he said: "If you perhaps feel that they're gaining an edge by my involvement, I'd say probably, yes I'm guilty."

Wyatt大佐はBBC Newsnightに対して「HEDD1を1台売るごとに3000ユーロの利益を上げることになっていた。しかし、今のところ販売できておらず、さらなる試験をおこなわずに販売することもない」と述べた。

自分が販売代理人となることで製造業者にそれらしい信頼性を与えたのではないかというBBC Newsnightの質問に対して、彼は「私の関与によって彼らが何らかの優位性を得たと感じたとするなら、私は有罪だと言うだろう」と応えた。

After the Moscow bombing on Monday there will be questions about why the ban on exports to Iraq and Afghanistan has not been extended to protect the citizens of other countries.

The Department of Business, Innovation and Skills told Newsnight that there was little point: "The impact of any further UK action in preventing the supply of these devices from the UK would be limited if they are available elsewhere".

月曜(2011/01/24)にモスクワで爆発事件が起きて、イラク及びアフガニスタンへの輸出禁止措置が、それ以外の国へ適用されなかったことが疑問視される。

ビジネス・イノベーション・技能省はBBC Newsnightに対する回答は「他国からの供給が可能であるなら、英国でのこれらの検出器の供給を抑止する措置の影響は限定される。」という何の意味もないものだった。
自軍に被害が及ばなければ、他国への輸出を禁じない英国政府、そして販売支援する英国陸軍。と同時に、BBC Newsnightは一歩も引かない。こういうのが英国なのだろうね。



関連エントリ



posted by Kumicit at 2011/02/17 06:26 | Comment(1) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tnfuk [today's news from uk+]: 英国製インチキ「爆発物検知器」を、英国政府がいかに国外にのみ売り込んだか(ガーディアン報道)
http://nofrills.seesaa.net/article/386337404.html
で,ガーディアン紙の報道
http://www.theguardian.com/politics/2014/jan/26/fraudster-paid-government-promote-fake-bomb-detectors
と,この記事が紹介されています.

海外売り込みの箔付けに政府組織が関与してノーチェック(汚職絡みですが)だったとは….ひどい話です.
Posted by 育野 at 2014/02/03 16:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186304277
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

インチキ 英国製インチキ「爆発物検知器」を、英国政府がいかに国外にのみ売り込んだか(ガーディアン報道)
Excerpt: 記事には関係者の言葉として、"embarrassment" というのが出てくるのだが、その域ではないと思う。実際に、このインチキな「検知器」が信じられた結果「OK」と判断された上で..
Weblog: tnfuk [today's news from uk+]
Tracked: 2014-01-28 16:02