2006/05/31

進化論は唯物論だが、気象学は唯物論ではない by Casey Luskin

自然科学は機械論であり、方法論的自然主義に基づく。進化生物学であろうが、宇宙空間物理であろうが、気象であろうが、宇宙論であろうが違いはない。しかし、インテリジェントデザイン運動が、それは"唯物論"だと批判するのは進化論のみ。宇宙論については"The Privileged Planet"という本1冊だけ。

そこで、進化論が唯物論で無神論だというなら、気象学はどうなんでい!!とNick Matzkeが突っ込みを入れたら、Casey Luskin [現在はインテリジェントデザインの本山たるDiscovery Institute所属で、当時はIDEA CENTER]が自爆方向に反応した。

==>Panda's Thumb: Note to meteorologists: You’re next [by Nick Matzke, 2005/05/16]

Nick Matzkeが注目したのは、Casey Luskinの長々しい反論から:
[Matzke] suggests that if the weather is undirected, then meteorologists should rightly employ the same materialist philosophy Wells criticizes. However, the difference between the weather and evolution is that the processes controlling weather are be observed in the present to be based upon chance and law. The origin of biological organisms took place in the past, where the processes involved cannot be accessed. By assuming that only naturalistic processes were at work in the past, evolutionists make stronger philosophical statements than meteorologists, who can directly observe that naturalistic processes are at work in the present. Given that many unknowns about causes of weather will always exist, for we cannot know what is always happening in the sky, it is possible that God “makes clouds rise from the ends of the earth; [and] sends lightning with the rain” after all! However, given that we observe weather in the present obeying natural laws, scientists are not unjustified in relegating explanations of present weather to the natural realm.

天候が指示されないなら、Wells[訳注: 統一教会信者でDiscovery InstituteのシニアフェローであるJonathan Wells]が批判するように、気象学者は同様に唯物論哲学を採用しているとMatzkeは示唆する。しかしながら、天候と進化との違いは、天候を制御する過程が、偶然と自然法則に基づくものだと現在において観測されていることにある。生命の起源は過去にあり、関係する過程を見ることはできない。現在において自然主義的過程が働くのを観測できる気象学者に対して、過去において自然主義的過程だけが働いたと仮定する進化論者は、より哲学的に強い主張をしている。天候の原因には未知なことが多くあり、我々は常に空で起きていることを知りえないので、結局は、神が「地の果てに雨雲を湧き上がらせ/稲妻を放って雨を降らせ/風を倉から送り出される。」かもしれない[詩篇135編7節]。しかし、現在において自然法則に従っている天候を観測しているので、科学者が天候の説明を自然主義に追いやることは不当ではない。


これに対して、Nick Matzkeは:
To summarize, Luskin says:

  1. Meteorologists observe natural processes operating today
  2. Evolutionists, although they can observe natural processes operating now, can’t observe natural processes operating in the past
  3. Meteorologists actually can’t directly observe all the natural processes operating today in controlling the weather (weather is a chaotic system, highly sensitive to initial micro-conditions that cannot be observed — this is the butterfly effect)
  4. So maybe God is miraculously intervening in the weather after all, like the literal reading of the Bible says
  5. But meteorologists are justified in using exclusively natural processes in their work, while evolutionary biologists are being dogmatic philosophical materialists for doing so.


まとめるとLuskinはこう言っている:

  1. 気象学者は、今日働いている自然の過程を観測している
  2. 進化論者は、現在働いている自然の過程を観測できるが、過去に働いていた自然の過程を観測できない
  3. 気象学者は、今日において天候の制御に働いている自然の過程をすべてを直接に観測できるわけではない(天候はカオスな系であり、観測不可能な微視的な初期条件に大きく支配される。これはバタフライ効果)
  4. 従って、結局は、聖書の字義通りのように、神が奇跡のように天候に介入しているかもしれない。
  5. しかし、気象学者は排他的に自然の過程を使っても正当だが、進化生物学者が排他的に自然の過程を使うと、独断的な哲学的唯物論者だ。


It makes perfect sense!
それは、完全に意味をなす!

The only way the IDists can escape the Meteorology Argument is (1) give up on their core claim, or (2) be self-consistent, and state that meteorologists are also nasty, society-undermining secular dogmatists promoting atheism, philosophical materialism, and moral decay under the guise of science. Option #1 doesn’t seem very likely, so I bet we’ll be seeing meteorology warning labels in public schools and on the public airwaves (your local news weatherman is actually promoting atheism over the air!) sooner or later.

インテリジェントデザイン論者が"気象学の論"から逃れる方法は(1) 中心的な主張を引っ込めるか (2) 整合性をとるために、気象学者は不当に、社会を蝕む無神論を広める世俗的独断論者で、哲学的唯物論者で、科学の名の下に倫理を崩壊させると主張するしかいない。選択肢(1)はありそうにもないので、私は、遅かれ早かれ、公立学校と公共放送で気象学が警告ラベル(ローカルニュースの天気予報担当は実際に無神論を放送で広めている)
を貼られるのを見る方に賭ける。
とさらなる突っ込みを入れている。

確かに、Luskinの反論は自爆方向にある。過去の気候は観測できないので、神の介入を排除すると、Luskinは唯物論だ!!と批判しないといけなくなる。"過去"が古生代はもちろんのこと、観測が断片的でしかない1816年頃でも同様だ。ニューイングランドに夏が来なかった1816年(Eighteen Hundred and Froze To Death)の原因を、神の介入を排除して、前年のTambora火山噴火に求めると、Luskinは唯物論だ!!と批判するだろうか。



タグ:id理論
posted by Kumicit at 2006/05/31 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック