2011/02/21

Ben Goldacre on 英国医薬品庁のホメオパシー規制案

あまり冴えた変更というわけでもない英国医薬品庁によるホメオパシー規制変更案。これに関して、ホメオパスたちが何故かあわてて「私たちが求めるバージョンのキーワードは、ホメオパシーが継続できる『ホメオパシーの伝統の範囲内での使用』です。これにより、レメディ処方の科学の証明の必要がなくなり、これまで通り治療が行えます」と言ってみたりとひとさわぎ。

そんな英国医薬品庁のホメオパシー規制変更について、Ben GoldacreがThe Guardian連載でホメオパシー錠剤のラベル記述案を書いている。
[Ben Goldacre: "In case of overdose, consult a lifeguard" --The authorities have just finished a lengthy consultation to decide how homeopathy pills should be labelled. How amusing (2011/02/19) on The Guardian]

[過剰摂取した場合は医師に相談のこと -- 規制当局はホメオパシー錠剤のラベルの記述についての長々しいコンサルテーションを終了した。]

For the last two weeks we've followed the government's misuse of evidence on NHS reforms, remembering that it is perfectly permitted to reform things with no evidence at all, like everyone else does – it just shouldn't pretend to have evidence. On Thursday, the health minister, Simon Burns, appeared before a BMA meeting in London.

過去2週間、我々はNHS改革についての政府による証拠の誤用を見てきた。それは、誰もが持つべき証拠をまったく持たないで物事を改革できるというものだった。証拠を持っているふりをすべきでない。木曜日にSimon Burns保健相はロンドンでの英国医師会総会に現れた。

He tried to persuade a room full of nerds that the pathfinder initiative was a pilot scheme, to test the reforms before national introduction, even though it covers more than half of all the patients in England. Then he explained that doctors obviously don't understand what the word "pilot" means. Then he explained that the evidence of what doctors say to him when he meets them is more reliable than good quality survey data.

保健相は、「たとえ英国の全患者の半数以上が参加しているとしても、パスファインダーイニシアチブはパイロットスキームであり、英国全体への改革の導入前の改革のテストである」と専門家たちを説得しようとした。そして、保健相は医師たちが「パイロット」の意味を明らかに理解していないと説明した。そして、保健相は「高い品質の調査データよりも、自分が医師に会ったときに、医師が自分に言ったことの証拠の方が信頼できる」と説明した。

Things get tricky when evidence collides with what people would simply like to crack on and do anyway. At midnight, the Medicines and Healthcare Regulatory Authority (MRHA) closed its consultation on how it should label homeopathy sugar pills. You may not think this is a difficult task, but politics makes it so.

証拠と人々がやりたいこととが対立したときに、物事はトリッキーなことになる。深夜、英国医薬品庁はホメオパシー錠剤のラベルの記述をどうすべきかについてのコンサルテーションを終了した。これは難しい仕事だと思えないかもしれないが、政治が難しいものにした。

To recap: homeopathy pills don't work better than placebo dummy pills in trials. They are made by taking one drop of the original substance and diluting it in 1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000 drops of water, then taking one drop of that solution, which is now just water, and shaking it near some pills, which you then buy to treat an illness.

要約:試験ではホメオパシー錠剤はプラセボダミー錠剤以上に効かない。ホメオパシー錠剤は原物質1滴を1,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000滴の水で希釈した、ただの水を1滴とって、病気を治療するために買う錠剤の近くでシェイクしたものである。

Current MHRA wording says "a homeopathic medicinal product used within the homeopathic tradition for the treatment of [whatever condition]". Homeopaths like this because it's ambiguous. Their internal lobbying document (which I have posted on the internet for everyone) explains that this wording "avoids the need to prove the science" and so "allows us to practise as normal".

現在の英国医薬品庁の用語では「ホメオパシー医療製品は[いかなり症状についての]治療についてもホメオパシーの伝統の範囲内で使用」とある。あいまいな記述なので、ホメオパスたちはこの記述を好んでいる。ホメオパスたちのロビー活動の内部文書は「この記述は科学を証明する必要性を回避し、通常通りのホメオパシー治療を可能とする」と説明している。

Can the MHRA walk the line between evidence, politics, and clarity? It's my view that quacks are welcome to be quacks, but since regulators invite us to take them seriously, we are allowed higher expectations. Lacking optimisim, I have conducted my own consultation online. Here are the suggestions.

英国医薬品庁は証拠と政治と明確性の間を歩けるだろうか? ニセ医師はニセ医療を自由に行えるというのが私の見解だ。しかし、規制当局が我々を招いて真剣に受け取るなら、よりよい結果が出せるだろう。楽観を排するなら、私はオンラインでコンサルテーションを実施したい。以下が提案だ。

On instructions, we have "take as many as you like", since there are no ingredients. The proposed belladonna homeopathy pill ingredients label simply reads "no belladonna", which is a convention the MHRA could adapt for all its different homeopathy labels. Other suggestions include "none", "belief", "false hopes", "shattered dreams", and "the tears of unicorns".

薬品の説明書には「好きなだけ服用していよい」と書く。有効成分が入っていないからだ。ホメオパシー錠剤ベラドンナのラベルは「ベラドンナは入っていない」である。この記法だと英国薬品庁が他のホメオパシーラベルにも使える。その他に記述提案としては「何もない」「信条」「誤った希望」「打ち砕かれた夢」「ユニコーンの涙」がある。

For warnings, we have: "not to be taken seriously", "in case of overdose, consult a lifeguard", and "contains chemicals, including dihydrogen monoxide". This, of course, is a scary name for water, which became an internet meme after Nathan Zohner's school science project: he successfully gathered a petition to ban this chemical on the grounds that it is fatal when inhaled, contributes to the erosion of our natural landscape, may cause electrical failures, and has been found in the excised tumours of terminal cancer patients.

注意事項については、「真面目に受け取らないように」「過剰摂取時は医師に相談のこと」「ジハイドロモノオキサイド(DHMO)などの化学物質を含む」としよう。ジハイドロモノオキサイドはもちろん水の怖い名称であり、Nathan Zohnerの学校理科プロジェクト以降、ネットで有名になったものである。彼は、吸入すると致命的で、土壌を浸蝕し、電気機器を故障させ、癌末期患者の摘出腫瘍に見つかるものだとして、この化学物質の禁止請願署名を集めることに成功した。

These label suggestions are clear, unambiguous, and they do not mislead anyone. If you think they are funny, I invite you to notice that besuited people in your medicines regulator have just run a lengthy official consultation on how to label sugar pills so as not to mislead the public. People who claim to be serious should be serious.

これらのラベルの提案は明確で、あいまいさはなく、誰も誤解させない。これが奇妙だと思うなら、英国医薬品庁の役人たちが人々を誤解させないホメオパシーさ登場のラベル記述についての長々しい公式コンサルテーションを見ていただこう。自分が真剣だと主張するなら、真剣であるべきだ。
カナダCBCもMarketplace: Cure or Conでホメオパシーレメディ製造大手Boironに提案した「No Active Ingredient(有効成分なし)」という同様のネタを出している。

「正しく提示された情報に基づく選択の自由と、その結果についての自己責任」という原理原則からすれば、当然のラベル記述。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2011/02/21 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック