2011/02/23

Autism Speaksは予防接種の必要性を一貫して主張している

自閉症研究に資金提供する団体Autism Speaksは、自閉症とワクチンの関係を否定する証拠があり、ワクチンのベネフィットがワクチンのリスクを上回るとの見解が掲げている。
[Information About Vaccines and Autism (ワクチンと自閉症についての情報) (2010/01/03) on AutismSpeaks]

Many studies have been conducted on large populations of individuals to determine if a link exists between vaccination–specifically the measles-mumps-rubella (MMR) and thimerosal-containing vaccines–and increases in the prevalence of autism. These epidemiologic studies provide evidence against the hypothesis that either the MMR vaccine or thimerosal is linked to the increased prevalence of autism. Thus, given the present state of the science, the proven benefits of vaccinating a child to protect them against serious diseases outweigh the hypothesized risk that vaccinations might cause autism.

ワクチン、特にチメロサールを含む麻疹・流行性耳下腺炎・風疹(MMR)ワクチンと自閉症の増加に関連があるか調べる大規模な集団についての研究が多く行われてきた。これらの疫学研究により、MMRワクチンあるいはチメロサールと自閉症の増加の関連があるという仮説に反する証拠が得られた。したがって、現在の化学では、子供たちの重い病気を予防するワクチンの実証されたベネフィットと、ワクチンが自閉症を発症させるかもしれないという仮説なリスクを上回る。 ...
そして、あらためて、今月もその立場を強調している。
[It’s Time to Change the Conversation (2011/02/17) on Autism Speaks Official Blog]

Autism Speaks recently declined an invitation to participate in a Dr. Oz show. In reviewing the pre-taping materials, it was clear that the program’s major focus was again on the vaccine debate, a debate that has been addressed multiple times, without resolution, and more importantly, a debate that prevents other equally important topics surrounding autism from being discussed. Last month, in a letter to the editor published by The New York Times, Autism Speaks’ Chief Science Officer Geraldine Dawson, Ph.D., said it is time now to focus our attention on the future and on the real problem: We still need answers to too many questions regarding causes and treatments for autism and we need to address the generation of a half million adolescents with autism who are about to enter adulthood without adequate supports.

Autism Speaksは最近、Dr. Oz Showへの参加を招待されたが辞退した。収録済み素材を見たところ、番組の主たる焦点は再び、ワクチン論争であることは明らかだった。何度も繰り返された議論であり、結論はなく、さらに重要なことに、この論争のせいで、自閉症関連で同様に重要なトピックスが議論されなくなっている。先週ニューヨークタイムズに掲載された寄稿で、Autism Speaksの主任科学者Geraldine Dawson博士は「今は我々が未来と実問題に目を向けるときだ。自閉症の原因と治療法に関する、あまりにも多い問題について未だ我々は答えを必要としている。そして、我々は適切なサポートを受けられずに大人になろうとしている50万人の自閉症青少年たちに対処する必要がある」と述べている。

Autism Speaks has consistently stated that children should be vaccinated to protect public health and the health of the individual child, and has urged families to develop a trusting and collaborative relationship with their pediatrician on all health matters including vaccination. While the Dr Oz show certainly makes for “Good TV,” this was not the televised conversation in which Autism Speaks believed it could make its most valued contribution on the science of autism. When “Good TV” presents “Good Science,” it makes an incredible difference for the families who struggle with autism and this is where we hope to be involved in the future.

Autism Speaksは一貫して、公共の健康と子供たち自身の健康を守るために、子供たちはワクチン接種を受けるべきだと明言してきた。そして、家族には、ワクチンを含むすべて医療健康問題について、小児科医たちと信頼協力関係を築くことを求めてきた。Dr Oz showは確かに「よいテレビ」を作っているが、それは「自閉症の科学に価値ある貢献をする」とAutism Speaksが考えるテレビの会話ではなかった。もし「よいテレビ」が「よい科学」を提示するなら、自閉症と戦う家族に大きな違いをもたらすだろう。そして、これは将来、我々が関与したいと考えているものである。

...

Autism Speaks sent a statement to Dr. Oz letting him know that we are eager to participate in a future program that focuses on how science offers hope for families. We encourage Dr. Oz and others in the media to feature the broader range of important issues facing families struggling with autism. These issues include:

Autism SpeaksはDr. Ozに声明を送り、我々が「科学がいかに家族に希望を提案できるかにフォーカスした将来の番組」に参加したいと考えていることを知らせた。我々はDr.Ozなどのメディアの人々に、自閉症と戦う家族が直面する重要な問題を幅広く取り上げることを求めたい。以下が課題である。


  • The role of a multiple environmental factors that are potentially contributing to the increase in autism spectrum disorder (ASD) prevalence
    自閉症スペクトラム障害の発症率の増大に影響する可能性のある複数の環境要因の役割。

  • New insights into the underlying biology of ASD that are leading to novel treatments
    新たな治療法につながる自閉症スペクトラム障害の背後の生物学への新たな洞察。

  • Ways we can address the medical conditions that impact the everyday lives of people with ASD, and
    自閉症スペクトラム障害の人々の日々の生活に影響する症状に対処する方法。

  • Programs that are being developed to help adolescents with ASD successfully transition to becoming happy and fulfilled adults.
    自閉症スペクトラム障害を持つ青少年が幸福で完成された大人になることを支援するプログラムの開発。

    ...

このAutism Speaksが、新たなワクチン否定論である「ワクチン=ミトコンドリア疾患=自閉症」について何を言っているかは次回に。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2011/02/23 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック