2011/02/25

オクラホマ州下院の反進化論州法案が委員会で否決

オクラホマ州下院の反進化論州法案HB1551の続報:


米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、2011年1月20日にオクラホマ州下院に提案された反進化論州法案HB1551が委員会で否決された。
[Antievolution bill loses in committee in Oklahoma (2011/02/23) on NCSE]

House Bill 1551, which would, if enacted, encourage teachers to present the "scientific strengths and scientific weaknesses" of "controversial" topics such as evolution, was rejected by the House Common Education Committee on February 22, 2011. The Oklahoman (February 23, 2011) reported Fred Jordan (R-District 69) as observing that the bill seems to be "opening the door for teachers to kind of say whatever they want to say, whether it's religious issues, creation, evolution ... I really feel like we're opening the door to where any and everything can come in." Similarly, David Grow, a retired zoologist at the Oklahoma City Zoo, told the newspaper that if the bill were passed, "they will be introducing intelligent design ideas and criticisms of evolution based on unfactual claims about evolution. ... This isn't about science; this is anti-evolution."

成立すれば教師たちに「進化論のような論争対照のトピックスについて科学的に強いところと弱いところ」を提示することを推奨するHB1551が州下院教育委員会で2011年2月22日に否決された。Oklahomanの2011年2月23日の報道によれば、District-69選出共和党Fred Jordan州下院議員はこの州法案を「宗教問題であれ、創造論であれ、進化論であれ、教師が言いたいと思ったことを言ってよいことにするものだ。これでは何だって授業に持ち込める」と評した。同様にOklahoma City Zooを退職した動物学者David Growは新聞に対して、この州法案が成立した場合「彼らは、インテリジェントデザイン及び、進化論についての事実に基づかない主張に基づく進化論批判を持ち込むだろう。これは科学についての話ではない。反進化論だ」と述べた。

"The measure failed, 7-9, but it is not a final action," The Oklahoman reported, explaining that its sponsor, Sally Kern (R-District 84), "could ask the committee to bring it up again this session or next year." Kern is a persistent sponsor of antievolution legislation in Oklahoma, having sponsored a similar bill (HB 2107) and a similar resolution (HCR 1043) in 2006; neither passed. In the meantime, the antievolution bill in the Oklahoma Senate, SB 554, is still with the Senate Education Committee. A hybrid of the "academic freedom" antievolution strategy and the flawed Texas state science standards, SB 554 was introduced by Josh Brecheen (R-District 6), who described it in the Durant Daily Democrat (December 24, 2010) as "requiring every publically funded Oklahoma school to teach the debate of creation vs. evolution."

Oklahomanの報道によれば、提案者であるDistrict-84選出の共和党州下院議員Sally Kernは「州法案は7-9で敗北したが、これで最終決定ではない。州議会今期あるいは来年に再度、委員会に審議を要請できる」と述べた。Kern州下院議員は長年にわたるオクラホマ州議会の反進化論州法案提案者であり、同様の州法案(HB2107)と同様の州決議(HCR1043)を2006年に提案している。さしあたり、オクラホマ州上院の反進化論州法案SB554はまだ州上院教育委員会に残っている、この州法案SB554は「学問の自由」反進化論州法案戦略と、間違っているテキサス州理科教育標準のハイブリッドである。Durant Daily Democratの2010年12月24日の報道によれば、提案者であるDistrict-6選出の共和党Josh Brecheen州上院議員は「オクラホマ州のすべての公立学校で、創造論対進化論の論争を教えることを義務付ける」ものだと語っている。
ということで、委員会採決までたどり着いて、事実上、廃案になった。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は2月24日現在で6個:


2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:

  • オクラホマ州下院の反進化論州法案が委員会で否決 (2011/02/25)



2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2011/02/25 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187488916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック