2011/03/06

ナチュロパス資格・免許制度に反対するジェームズ・ランディ教育財団の声明

2011年2月21日付のNew York Timesの報道によれば、コロラド州のナチュロパス団体"Colorado Association of Naturopathic Doctors"がコロラド州にナチュロパス資格・免許制度を新設する州法案を提案している。(米国では15州およびDCにナチュロパスの資格・免許制度が存在する)

しかし、コロラド州のナチュロパスたちが全員が賛成かと言うとそうではない。同報道によれば、他の2つのナチュロパス団体は反対している。

  • "Colorado Medical Society":
    州法案は「専門領域を超えて病気診断・治療を可能とするもの」として反対。
  • "Colorado Coalition for Natural Health":
    ナチュロパスなカレッジの卒業資格を持たないナチュロパスたちが多く、「自分たちがナチュロパシーを続けられなくなる」という理由で反対。

なにやらまっとうそうなことを言っている団体と、州法成立を求めている団体よりも、さらに怪しい団体が、別の動機で反対しているようである。

もちろん、当然のことながら、効果も安全性も誰も保証することのないナチュロパシーに資格・免許制度をつくる方が間違っている。そのような立場から、ジェームズ・ランディ教育算団が、資格・免許制度に反対する声明を2011年2月23日付で出している。
[Sadie Crabtree: "“Naturopathy” Should Not Be Licensed: Statement by the JREF" (2011/02/23) on JREF (James Randi Education Foundation]

Ft. Lauderdale, Fla.−The James Randi Educational Foundation (JREF), an organization that works to expose charlatans and help people defend themselves from dangerous paranormal and pseudoscientific claims, today issued this statement by JREF President D.J. Grothe on proposed licensing schemes[1] for practitioners of naturopathy:

ペテン師を暴き、危険な超自然あるいは疑似科学な主張から身を守ろうとする人々を支援する、ジェームズ・ランディ教育財団は本日、提案されているナチュロパシー施療者に対する許認可スキーム[1]についての財団理事長D.J. Grotheの声明を発表する。

  • States should not give out licenses for self-styled health advisers to practice what they call “naturopathy.”
    州政府は「ナチュロパシー」と呼ばれるものを施療する自己流健康アドバイザーに免許を与えるべきではない。

  • Naturopathy is so vaguely defined that there are no standards to which state regulatory agencies could ask licensed practitioners to adhere. The Association of Accredited Naturopathic Medical Colleges says that "Naturopathic medicine is defined by principles rather than by methods or modalities." In fact, even the principles of naturopathy contradict each other. State regulators could never discipline a practitioner or revoke their license for violating standards of care, because no standards of care exist for naturopathy.

    ナチュロパシーはとても曖昧に定義されており、規制機関が免許を持つ施療者に対して遵守しているか確認すべき基準が存在しない。ナチュロパシー医学カレッジ認証協会は「ナチュロパシー医療は方法あるいは形式ではなく、原理として定義されている」と述べている。事実、ナチュロパシーの複数の原理の間にも矛盾がある。ナチュロパシーの治療基準が存在していないので、州政府規制機関は基準違反の施療者を懲戒あるいは免許取り消しにできない。

  • Naturopathy is simply a hodge-podge of beliefs and health treatments, some of which are good for you and some of which are pseudoscientific nonsense that has been repeatedly shown not to work by clinical trials and can actually harm a patients’ health. The parts of naturopathic advice that are good for you−nutrition, exercise, stress reduction−are all things that are recommended by regular, licensed doctors and are part of established scientific medicine.

    ナチュロパシーは信条と健康法の寄せ集めであり、良いものもあれば、繰り返し効果がないことが臨床試験で示されていたり、患者の健康に有害だったりする疑似科学なナンセンスなものもある。一部のナチュロパシーなアドバイスは、栄養や運動やストレス軽減など健康に良いものだが、それらはすべて通常の医師免許を持つ医師が推奨していたり、確立された科学的医療の一部だったりする。

  • What sets naturopathy apart from scientific medicine is its promotion of discredited treatments like homeopathy, a practice in which plain water is imbued with supposedly healing “vibrations” by being shaken.

    ナチュロパシーが科学的医療と違う点は、シェイクすることで治癒波動が吹き込まれたと称する水を使うホメオパシーのように、否定された治療法を推進する点である。

  • States already have a system in place to determine whether people have the qualifications to diagnose and treat disease: physician licensing. Within those rules, doctors can adhere to whatever personal philosophy they want. But people who aren’t qualified to practice medicine that works should not be given state approval to practice medicine that doesn’t work.

    州政府は既に、診療およ病気治療を行う資格基準を持っている。すなわち医師免許だ。その規制の枠内で、医師はどんな個人的哲学を持ってもよい。しかし、効果のある医療を行う資格を持たない人々に対して、効果のない医療を実行する許認可を州政府が与えるべきでない。

  • Creating special licensing schemes for naturopathy gives a seal of approval to scam treatments that have been shown not to work. It also gives consumers the false impression that practitioners have specific and legitimate skills that the state could monitor and maintain, and that there are standards of care that naturopaths could be required to meet.

    ナチュロパシー特定免許を新設することは、効かないを証明されている詐欺療法にお墨付きを与えることになる。そして、消費者に、州政府が監視・管理できる特定かつ正統でスキルを施療者が持っていて、ナチュロパスが満たすべき治療基準が存在するという、誤った印象を与えることになる。


Notes:

[1] New York Times, Feb. 21: Colorado Faces a Fight Over Naturopathy
実際、ナチュロパシーもホメオパシーと同様の危険性を持っている。実際、最近も、患者を死なせたナチュロパスや、自分の息子に通常医療を拒否させるナチュロパスについての報道があった。


モンタナ州などナチュロパス資格・免許制度のあるところも廃止すべき。
posted by Kumicit at 2011/03/06 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック