2011/03/30

ニューメキシコ州下院の反進化論州法案が廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、棚上げになっていたニューメキシコ州下院の反進化論州法案が委員会で廃案になった。
["Antievolution bill in New Mexico dies" (2011/03/29) on NCSE]

New Mexico's House Bill 302 died in committee on March 19, 2011, when the legislative session ended. The bill had been tabled by the Education Commitee of the House of Representatives on a 5-4 vote on February 18, 2011. A version of the currently popular "academic freedom" antievolution strategy, HB 302, if enacted, would have required teachers to be allowed to inform students "about relevant scientific information regarding either the scientific strengths or scientific weaknesses" pertaining to "controversial" scientific topics and would protect teachers from "reassignment, termination, discipline or other discrimination for doing so." Its sponsor, Thomas A. Anderson (R-District 29), claimed that the bill was his own, but a detailed comparison provided by New Mexicans for Science and Reason revealed the similarity of HB 302 to model bills drafted by the Discovery Institute and Intelligent Design Network New Mexico.

ニューメキシコ州の反進化論州法案HB302が2011年3月19日に会期終了により、委員会で廃案になった。この州法案は2011年2月18日に州下院教育委員会で5:4で棚上げになっていた。よくある「学問の自由」反進化論戦略のひとつであるHB302は成立すれば、「教師が、論争対象な科学的話題についての科学的強さ、もしくは科学的弱さに関する科学的情報を生徒に提示すること」を認めることを義務付け、教師がそれを行った場合に、配置転換・解雇・懲戒・差別待遇をすることを禁じる。提案者であるDistrict-29選出の共和党Thomas A. Anderson州下院議員は州法案は自分自身によるものだと主張したが、New Mexicans for Science and ReasonによるHB302との詳細比較から、Discovery InstituteおよびIntelligent Design Network for New Mexicoによるモデル州法案とよく似ていることが明らかとなっている。
よくある放置モードで、廃案になっている。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は3月10日現在で6個:


2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2011/03/30 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/193182538
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック