2011/04/05

テネシー州上院の反進化論州法案は放置中...

テネシー州上院の反進化論州法案(SB893)は、2011年3月30日に州上院教育委員会で審議されたが、採決されず4月20日に先送られた

このSB893について、提案者であるDistrict 11選出共和党Bo Watson州上院議員が3月31日にこんなことを言っている。
Speaking to reporters later, Watson, who was a biology major in college, said “evolution doesn’t explain everything. Currently evolution is the most legitimate scientific process that we have to explain how the world works around us. But there are competing ideas” such as creationism and intelligent design.

He said ideas don’t necessarily equate to scientific theory and may fall more into areas such as philosophy or religion.

“They may not meet the scientific standard, but if they come up in a science class ... and it’s not listed in the state’s curriculum, a teacher should not be off-putting and say that’s not in the curriculum − if you want to talk about intelligent design you should go down the hall to the religious studies class. Teachers should be able to say, look, there are people who view that as a competing idea.”

But teachers still would have to teach the science curriculum, Watson said.

大学で生物を専攻したWatsonはレポーターに次のように述べた「進化論はすべてを説明しているわけではない。現在、進化は我々の周りの世界がどう働くかを説明すべき、もっとも正統な科学的プロセスである。しかし、対抗するアイデアがある」たとえば、創造論やインテリジェントデザインなど。

彼はそれらのアイデアが科学理論と同等に扱われる必要はなく、哲学や宗教でもよいと述べた。「理科の授業で教えるには、それらは科学の規準には合わないかもしれない。州のカリキュラムにもない。教師たちは当惑することあく、それらはカリキュラムにはないと言うべきだ。インテリジェントデザインについて話をしたければ、宗教の授業ですべきだ。教師は、人々が対抗するアイデアだと見ているものがあるのだと、言えるべきである」

[Andy Sher:"Watson says bill not attack on evolution" (2011/03/31) on Chattanooga Times Free Press]
SB893は理科の授業についての話なのだが、SB893の提案者Bo Watson州上院議員は創造論やインテリジェントデザインについて宗教の授業で言及すればいいと言いだしている。何がしたいのかわからない言いわけである。




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は3月10日現在で6個:


2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


posted by Kumicit at 2011/04/05 06:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック