2011/04/07

コントロールの回復と政府支持

コントロールの喪失(今後どうなるかわからない・何をすればいいかわからない)時には、ノイズにパターンを見出したり、陰謀論を信じたりして、コントロールが回復したと思いたがる傾向があるらしいことが、実験研究などで示唆されている。

A.C. Kay et al [2009]のレビュー論文によれば、
このコントロールの(見せかけの)回復手段として、他に、政府支持や"自然界に介入する神への信仰"などもあるようだ。

まずは復習から...
[A.C. Kay et al.: "Compensatory Control -- Achieving Order Through the Mind, Our Institutions, and the Heavens",Current Directions in Psychological Science, Volume 18, Number 5, October 2009 , pp. 264-268(5)]

Compensatory Control in our Minds: Pattern Perception

At the most basic cognitive level, one response to lacking control is to reestablish a sense of order and structure in the environment perceptually. Whitson and Galinsky (2008) hypothesized that people turn to pattern perception−the identification of a coherent and meaningful interrelationship among a set of stimuli−to meet this goal.

Building off past correlational and anthropological findings, Whitson and Galinsky (2008) provided experimental evidence that lacking control leads people to perceive a wide variety of patterns, even illusory ones, in the environment. They demonstrated that taking away individuals’ sense of control led them (a) to have a need for structure in their everyday world; (b) to see images in meaningless static; and (c) to believe that random, unconnected behaviors bear a cause-and-effect relationship−from forming superstitious rituals to endorsing conspiracy theories (see Fig. 1). For example, in one study, individuals who recalled a time in which they lacked control (versus had control) were more motivated to perform specific superstitious behaviors in the future. The need to see the world as nonrandom is so powerful that individuals produce patterns from noise to return the world to an orderly state. Moreover, threats to control may not only distort perceptions but also drive implicit learning and the discovery of true patterns (Proulx & Heine, in press). This process represents what we believe to be the most basic instantiation of compensatory control.


心の中の補償コントロール:パターン認識

もっとも基本的な認識レベルで、我々はコントロールの喪失への反応として、秩序の感覚と環境中の構造を知覚的に再構築を行う。Whitson and Galinsky [2008]は、「人々が目的達成のために、刺激のセットの間に首尾一貫して意味のある関係を特定しようとするパターン認識を行うようになる」という仮説を立てた。

過去の相関および人類学的発見から、Whitson and Galinsky [2008]は「コントロールの喪失が人々を、それが架空のものであっても、環境中の様々パターン認識へ誘うこと」を実験的に示した。彼らは個々人のコントロールの感覚を取り去ることで、人々を(a) 日々の世界の構造の必要性への導き (b) 意味のない画像を見せて (c) ランダムで無関係な行為が、迷信や陰謀論など因果関係があると信じさせた。たとえば、ある研究では、コントロール喪失の経験を思い出させ、指定した迷信的行動を起こすことを動機付けた。世界がランダムではないとみる必要性はあまりに強く、世界を秩序ある状態にもどすために、人々はノイズにパターンを見出した。さらに、コントロールへの脅威は認識をひずめるだけでなく、真のパターンの学習と発見を誘導する[Proulx and Heine in press]。これらのプロセスは、我々が最も基本的な補償コントロールの具体例である。



Proulx, T., & Heine, S.J. (in press). Connections from Kafka: Exposure to schema threats improves implicit learning of an artificial grammar. Psychological Science
Whitson, J.A., & Galinsky, A.D. (2008). Lacking control increases illusory pattern perception, Science, 322, 115–117
存在しない因果関係を見出したり、陰謀論を信じたりするのと同様の効果を持つものとして、政府への支持:
Compensatory Control in our Institutions: Government Defense

Research under the umbrella of system justification theory (Jost, Banaji, & Nosek, 2004; Kay et al., 2007) has repeatedly demonstrated that people routinely defend and legitimize their sociopolitical systems (e.g., their governments, universities, organizations). We suggest that system justification is so robust because these systems can serve as compensatory sources of control, leading people to place increasing faith in the structure offered by socio-political institutions when personal control is threatened. Rather than offering individuals an increased sense of personal control, this faith addresses their need to feel that events are not occurring randomly or haphazardly, which is the core of our compensatory control model.

In experimental research, Kay et al. (2008) have observed that lowering feelings of personal control−via a memory task that requires participants to recall noncontrollable events from their past−leads to increased support for one’s current governmental arrangements, whereas bolstering levels of personal control increased willingness to criticize the government (Shepherd & Kay, 2009). These experimental results have been complemented by a crossnational study demonstrating that feelings of personal control are negatively correlated with increased preferences for governmental control−a relationship that held across 67 countries (Kay et al., 2008). The reciprocal link between institutional support and personal control has also been established: Decreasing people’s faith in their government (via exposure to an article that describes a failed attempt by the government to fix an injustice) increased illusions of personal control (Kay et al., 2008). Thus, the defense of external sources of control, such as governmental institutions, can substitute for perceptions of personal control.

Interestingly, the aforementioned findings were moderated by the extent to which people viewed their governments as looking out for their best interests. Manipulations of low personal control only increased endorsement of one’s government for participants who saw their government as benevolent, and the association between lower levels of personal control and higher support for governmental control in the cross-national correlational study was weakest in those countries that, according to independent indexes, have the most corrupt governments (see Fig. 2). However, we do not believe that processes of compensatory control will only occur with benevolent external systems; rather, we merely suggest that when people have a choice of external systems, they will generally prefer those that are more benevolent. To this end, it should be noted that even those participants from corrupt countries demonstrated a smaller but still significant preference for governmental control as their personal control declined.

システム正当化理論のもとでの研究[Jost, Banaji, & Nosek, 2004; Kay et al., 2007]で、人々が日常的に者k政治システム(政府や大学や機関など)を擁護し、正統化することが繰り返し示されてきた。我々は、「これらのシステムがコントロールの補償源となりうることから、システム正当化が非常に強く、個人のコントロールが脅かされたときに、人々は社会政治機関が提示する構造への信仰を強めること」を示した。個人的なコントロールの感覚の増加よりも、これらの信仰の方が「イベントがランダムで行き当たりばったりではないと感じる我々の必要性」に応えている。これが我々の補償コントロールモデルの中核である。

実験研究で、Kay et al[2008]は、「過去にあったコントロール不能なイベントを思い出すことによる個人的コントロールの低下の感覚が現政権への指示を強め、個人的コントロール感が強いと、政府を批判したくなる[Shepherd & Kay, 2009]」ことを示した。これらの実験結果は、個人的コントロール感と政府支持に負の相関があることを示した67か国にわたる調査[Kay et al 2008]にって補強される。制度的支援や個人的なコントロールの相互関係も示されている。「不正をただすことに失敗した政府について書かれた記事を読むことで」人々の政府への信仰jを弱めると、個人的コントロールの幻想が増大する[Kay et al 2008]、したがって、政府機関のようなコントロールの外部ソースに対する擁護は、個人的コントロール認識によって置き換え可能である。

面白いことに、自分たちの最善の利益について警戒すべきものとして政府を見ている人々では、上記の発見は弱くなる。個人的コントロールを弱めるように操作すると、政府が慈悲深いとみている被験者のみが、政府支持を強めた。そして、個人的コントロールの低下と政府支持の増加の相関は、腐敗した国では最も弱かった。しかし、我々は補償コントロールが慈悲深い外部システムのみで起きるとは考えていない。むしろ、「人々が外部組織を選択するにあたって、より慈悲深い機関を選好する」と考えている。この話を終えるにあたって、腐敗した国々の被験者も、小さいながらも有意に、個人的コントロール減少時に政府コントロールを選好することに留意すべきである。

Jost, J.T., Banaji, M.R., & Nosek, B.A. (2004). A decade of system justification theory: Accumulated evidence of conscious and unconscious bolstering of the status quo. Political Psychology, 25, 881–920.
Kay, A.C., Gaucher, D., Napier, J.L., Callan, M.J., & Laurin, K. (2008). God and the government: Testing a compensatory control mechanism for the support of external systems. Journal of Personality and Social Psychology, 95, 18–35.
Kay, A.C., Jost, J.T., Mandisodza, A.N., Sherman, S.J., Petrocelli, J.V., & Johnson, A.L. (2007). Panglossian ideology in the service of system justification: How complementary
stereotypes help us to rationalize inequality. In M.P. Zanna (Ed.), Advances in Experimental Social Psychology (Vol. 38, pp. 305–358). San Diego, CA: Academic Press
Shepherd, S., & Kay, A.C. (2009). On the Precision of Compensatory Control: Differentiating Sources of Order From Sources of Meaning. Unpublished Manuscript.
事態をコントロールしているのだという感覚が強いと政府に批判的になり、コントロールを喪失すると政府支持になるという。腐敗した政府に対しては、あまり支持が強まらないが、それでも有意な相関があるとのこと。

あとひとつは、もちろん神。ただし、神は神でも自然界に介入する神への信仰である。
Compensatory Control in the Heavens: Belief in God

Believing in a controlling God (especially if that God is also seen as benevolent) may represent a potent means for guarding against a random and chaotic world. Indeed, archival evidence from Sales (1972) found that economic depressions increase interest in religion, specifically ones that offer strict control. More recently, we have experimentally confirmed that lowering perceived control increases belief specifically in an interventionist or controlling God (Kay et al., 2008, in press). Recalling an event in which one lacked control, even if the uncontrollable event was positive, increased belief in the existence of God when the controlling nature of God was emphasized. When this emphasis was removed and God was instead referred to simply as a “creator,” the effect disappeared (see Fig. 3).

天上の補償コントロール;神への信仰

コントロールしている神、特に慈悲深い神を信じることは、ランダムでカオスな世界に対する強力な保護手段である。実際、Sales [1972]が集めた証拠は、経済不況が宗教への関心、特に厳格なコントロールを行う神への関心を高めることがわかった。さらに最近には、我々[Kay et al., 2008, in press]は実験的に「認識されたコントロールの低下が、特に自然界に介入する、あるいはコントロールする神への信仰を強めること」を確認した。コントロールを喪失したイベントを思い出すことで、たとえそれがポジティブなイベントであっても、「神が自然界をコントロールしていることが強調されると、神への信仰が強化される」ことを確認した。この強調がなくなると、神はただの「創造主」とみなされるようになり、実質的に消え去る。

Kay, A.C., Moscovitch, D.A., & Laurin, K. (in press). Randomness, attributions of arousal, and belief in God. Psychological Science.
Sales, S.M. (1972). Economic threat as a determinant of conversion rates in authoritarian and nonauthoritarian churches. Journal of Personality and Social Psychology, 23, 420–428.



さて、日本の現状は、3万人近い死者・行方不明者を含む巨大な地震・津波被害と、原発事故と電力不足という3正面作戦状態にあり、人々のコントロールの喪失感はかなりあると思われる。

"補償コントロール"な理論が正しいとすれば、もともと民主党支持であれば菅政権への支持を強め(たとえ、うまくいってなくても)、民主党を無能だと考えてきた人々は陰謀論や首狩り(首相と社長をやめさせれば、うまくいくと考える)に引き寄せられる傾向を強めることになる。
posted by Kumicit at 2011/04/07 00:22 | Comment(1) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
難しいことは解りませんが、人間ってのは渾沌を嫌うんじゃないでしょうか。
物に名前を付けてそれを認識し、分類し、整理するのもその一環ですし、
今どきの若者はとか、草食系、なんとか女子などとレッテルを貼って把握した気になるのもそうです。

しかしそれこそ生き残るための人間の知恵かもしれません。
なにしろ世界が安定してくれた方が住みやすいですし。

どちらにせよ、今回の原発事故でもそうですが、人々が軸とできるようなしっかりとした情報を早めに解りやすく提示することこそ、トップの役割でしょう。
なのに政府も東電も、人々をケイオスに彷徨わせることしか言わないのが問題ですね。
民衆の不安を煽らないようにってのが理由なんでしょうが、これだけメディアが変容して、情報が外国からも入ってくる時代にそんな古くさいやり方は非常にマズいと思います。
Posted by 太郎 at 2011/04/07 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。