2011/04/08

テネシー州下院の反進化論州法案が本会議可決

Times of Freepressの2011年4月7日の報道によれば、テネシー州の反進化論州法案HB368が州下院本会議を4月7日に通過した。
NASHVILLE − The House voted 70-23 today for a bill backers say shields teachers from being disciplined if they discuss alternatives to evolution and global warming theories with students.

The debate ranged over the scientific method, “intellectual bullies,” hair spray and “Inherit the Wind,” a 1960 movie about the 1925 Scopes Trial in Dayton, Tenn.

テネシー州下院は70:23で今日(2011/04/07)、法案の支持者によれば「進化論や地球温暖化の代替理論を生徒と論じた教師を懲戒されないようにする」州法案を可決した。討議は科学的方法論、知的いじめ、ヘアスプレー、1925年のテネシー州デイトンでのスコープス裁判を描いた1960年の映画"Inherit the Wind"にまで及んだ。

[Andy Sher:"Tennessee House OKs bill shielding teachers who doubt evolution, global warming" (2011/04/07) on Times of Freepress via ncse]>
テネシー州下院は共和党64名・民主党34名・他1名で構成されている。したがって、民主党からも賛成票が投じられていることになる。

州法案HB368の提案者であるDistrict-16選出の共和党Bill Dunn州下院議員は、この州法案はインテリジェントデザインを教えることを保護するものではないと述べているが、ロビイストであるFamily Action Council of TennesseeのDavid Fowlerはインテリジェントデザインを教えられるようにするものだと述べている[Chattanoogan (via ncse]。

ということで、テネシー州の状況が危うくなってきている。この後のイベントは、この反進化論州法案HB368の州上院バージョンSB893は州上院教育委員会審議である。予定では2011年4月20日まで委員会の議題に上がらない。




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は4月08日現在で6個:


2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2011/04/08 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/194918233
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック