2011/04/18

ルイジアナ州上院に反進化論州法を廃止する州法案が登場

現在、有効な反進化論州法および相当品2個のうちの1個であるルイジアナ理科教育州法(Act473)を廃止する州法案SB70がルイジアナ州上院に提案された。この州法案特設サイトによれば...
[Zack Kopplin: "Legislation Filed to Repeal Louisiana’s Creationism Law" (2011/04/17) on RepealCreationism]

On Friday, April 15th, Senator Karen Carter Peterson introduced SB 70, which would repeal the misnamed and misguided Louisiana Science Education Act (LSEA), Louisiana’s creationism law. Enacted in 2008, the LSEA is stealth legislation that allows the unconstitutional and unscientific teaching of creationism into public school science classrooms.

2011年4月15日(金曜日)に、州上院議員Karen Carter Petersonが、誤った名称と誤った方向に導く、ルイジアナ州の創造論州法であるルイジアナ理科教育法(LSEA)を廃止する州法案SB70を提案した。2008年に成立したLSEAは、憲法違反かつ非科学的な創造論教育を公立学校の理科の授業で可能とするステルス州法である。

“Louisiana’s top priority must be to educate our children so they can compete for the high-paying jobs that we want to create in Louisiana,” said Senator Peterson. “Louisiana’s ‘job killing’ creationism law undermines our education system and drives science and technology based companies away from Louisiana.”

「ルイジアナ州の最優先事項は、我々がルイジアナ州に作り出したい高収入の仕事を競えるように、子供たちを教育することである。ルイジアナの仕事を失わせる創造論州法は、我々の教育制度を蝕み、科学技術に基づく企業をルイジアナ州から転出させてしまうものである。」とPeterson州上院議員は述べた。
ルイジアナ州理科教育法は、2008年に共和党全員と民主党の大多数の賛成により成立し、共和党州知事Bobby Jindalが拒否権を発動せず、成立したものである。したがって、残念ながら、Peterson州上院議員のSB70が成立する可能性は小さいと思われる。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は4月08日現在で6個:


2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


posted by Kumicit at 2011/04/18 21:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック