2011/05/02

Qinshan Nuclear Plant and Nuclear Explosion

2008年頃の中国による英語放送で放映された改革開放30年記念シリーズから、1991年の泰山原発運用開始を振り返る報道。

男性による本編は特に面白みがあるわけではない。女性キャスターの導入部分が中国らしさを見せている。
In 1960s, Chinese took great pride in detonating first atomic bomb, breaking the nuclear monopoly of developed countries. But the peaceful use of this new form of energy was not achieved in the country until the 1990s.

「原爆と原発はまったく別物」という位置づけを持つ米欧日に対して、中国は気にしてないようである。

国内向け中国語放送の番組の中には、核爆発の映像がちゃんと入っているものもある(うまく動画を抜けなかったのでリンクのみ)

==>2011-04-15共和国图像志 1991年纪事 秦山核电站并网发电
Cnuke3.png


posted by Kumicit at 2011/05/02 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック