2011/05/14

ミズーリ州下院の反進化論州法案が廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、ミズーリ州下院の反進化論州法案HB195が廃案になった。
[Missouri antievolution bill dies (2011/05/13) on NCSE]

When the Missouri General Assembly adjourned on May 13, 2011, House Bill 195 died in the House Elementary and Secondary Education Committee without receiving a hearing. If enacted, the bill would have required state and local education administrators to "endeavor to create an environment within public elementary and secondary schools that encourages students to explore scientific questions, learn about scientific evidence, develop critical thinking skills, and respond appropriately and respectfully to differences of opinion about controversial issues, including biological and chemical evolution" and to "endeavor to assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies."

2011年5月13日のミズーリ州議会の会期終了により、反進化論州法案HB195は州下院初等中等教育委員会で公聴会を開くことなく廃案となった。このHB195が成立していた場合、州および地域の教育管理者は「公立小中学校で生徒たちが科学的問いを探求し、科学的証拠を学び、クリティカルシンキングのスキルを発展させ、生物進化や化学進化などの論争課題について適切かつ敬意を以って異論に対応できるようにし」「教師が科学的論争に関する理科カリキュラムを効果的に提示することを支援する」ことを義務付けられる。
大半の反進化論州法案と同様に、委員会で放置されて廃案となった。

なお、2011年で最も進撃した反進化論州法案はテネシー州で、州下院本会議可決・州上院委員会放置である。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案は4月21日現在で2個:
テネシー州の反進化論州法案は下院(HB368)は通過したが、州上院(SB893)は放置モードのまま会期切れとなり、2012年に先送られた。



2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2011/05/14 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/200994916
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック