2011/05/21

米国方面も5月21日土曜日...

2011年5月21日にラプチャーが起きると予言したHarold CampingのFamilyRadioは、来週も仕事をするようだ。
But not even all of his own employees are convinced that the world is ending on Saturday. In fact, many still plan on showing up at work on Monday.

"I don't believe in any of this stuff that's going on, and I plan on being here next week," a receptionist at their Oakland headquarters told CNNMoney.

A program producer in Illinois told us, "We're going to continue doing what we're doing."

Harold Campingの従業員も世界が土曜日(5/21)に終わるとは納得していない。事実、多くが月曜日も仕事を予定している。「これらのものを私は全然指示てない。来週もここに来ます」とOakland本社受け付けはCNNMoneyに語った。イリノイ州の番組製作者は「我々は今と同じく仕事を続ける」と我々に語った。

[Annalyn Censky: "May 21 End of the World: Harold Camping's $72M business" (2011/05/19) on CNN Money]
そして、銭集めが進んでいて...
According to their most recent IRS filings, Family Radio is almost entirely funded by donations, and brought in $18 million in contributions in 2009 alone.

According to those financial documents, accountants put the total worth of Family Radio (referred to as Family Stations on its official forms) at $72 million.

With those kind of financials -- and controversial beliefs -- it's no wonder skeptics have accused the group of running a scam.

直近のIRSファイルによれば、Family Radioは全額寄付で賄われていて、2009年だけで1800万ドルの寄付を集めている。これらの財務書類から、会計士はFamily Radioが合計で7200万ドルを集めたと算出した。このような財務状況と、論争な信条から、この団体は詐欺を行っていると批難する懐疑論者がでてくるのも当然である。

[Annalyn Censky: "May 21 End of the World: Harold Camping's $72M business" (2011/05/19) on CNN Money]


でもって、米国も2011年5月21日に入り、メディアはお笑いモードに入ってきている。
Followers of Baptist preacher William Miller believed it would all be over on Oct. 22, 1844. Oct. 23 of that year marked the start of what historians would dub the Great Disappointment.

On Feb. 14, 1835, Mormon Church founder Joseph Smith announced that Jesus Christ would return to earth within 56 years, or before Feb. 15, 1891.

The Watchtower Society, more commonly known as the Jehovah’s Witnesses, has prophesied the end would come at least six times since 1914.

And today, the end is to come again.

バプテスト説教師William Millerの信者たちは世界が1844年10月22日に終わると信じていた。その年の10月23日は歴史学者たちの言うところの"Great Disappointment"(大がっかり)の始まりとなった。

1835年2月13日に、モルモン教会の創立者Joseph Smithはイエスキリストが56年以内、すなわち1892年2月15日までに再臨すると述べた。

エホバの証人として知られる"ものみの塔"は、1914年以降6回、世界の終りを予言した。、

そしてまた今日も、終わりがやってくる。

[The end of the world is near - again (2011/05/21) on TImesLeader]
ついでだが、記事最初の大がっかりは、その後にSeventh Day Adventistとして成長している。


この他にも、メディアは記事を出し始めている。

もちろんFamily RadioHarold Campingなどのキーワードはお祭り中...
posted by Kumicit at 2011/05/21 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。