2011/05/22

ラプチャー予言の信者と報道陣と、商機をつかもうとする牧師

マンハッタンではHarold Campingの2011年5月21日ラプチャー予言を信じる Robert Fitzpatrickひとり、報道陣の集団と見物人が取り囲んで18:00を迎えるという、妙な祭りとなっていた。
[JOE JACKSON AND SAMUEL GOLDSMITH: "Despite preparations, believers of apocalypse shocked when doomsday time passes without incident" (2011/05/21) on NewYorkDaily]

The sky turned dark Saturday afternoon, but it wasn't a sign of the world's impending doom - just passing rain.
Welcome to the No-pacalypse - a disappointing finish to what doomsday believer Robert Fitzpatrick thought would be the End of Days.

"I don't understand why nothing has happened," a deflated Fitzpatrick said in Times Square just after 6 p.m. "I did what I had to do. I did what the Bible said."

"I obviously haven't understood it properly, because we're still here," added Fitzpatrick, 60, surrounded by a phalanx of reporters and skeptical onlookers.

The retired MTA worker from Staten Island bought $140,000 worth of advertising, proclaiming that the end was near. He and followers of California televangelist Harold Camping thought a global earthquake would strike the East Coast just before 6 p.m.

After the clock ticked past 6 p.m. and nothing happened, Fitzpatrick appeared to shrink amid the jeering crowd.

fznyap.jpg

土曜午後の空は暗くなってきた。しかし、世界が破滅する兆候は見られない。ただ雨が通り過ぎていく。審判のない日。審判の日を信じたRobert Fitzpatrickの考える最後の日は残念な終わりを迎えた。

「私は、なぜ何も起きないのか理解できない。聖書の告げる通り、私は為すべきことをした。私は明らかに正しく理解していない。なぜなら、私はまだここにいるからだ。」とがっくりのFitzpatrickはTimes Squareで午後6時に述べた。Fitzpatrick 60歳は報道陣の集団と予言を信じてない見物人に取り囲まれていた。

Staten Islandに住む、MTA退職者Fitzpatrickは14万ドル分の、世界の終わりが近いと告げる看板を立てた。彼やカリフォルニアのテレビ伝道師Harold Campingの信者たちは、全地球地震が東海岸を午後6時に襲うと信じていた。

時計が午後6時を指したが、何も起きなかった。Fitzpatrickは、やじる群衆に囲まれて、がっくりきていた。
経営状態が良いとは言えないMTAだが、年金はけっこういいらしいので、蓄えを失っても生きてはいけるだろう。

さて、信者たちの動きも気になるが、顧客争奪の戦いを続ける牧師たちも動き始めた。
At least one church is reaching out to Camping's likely disenchanted followers. Concerned that they might become depressed or commit suicide, Calvary Bible Church of Milpitas, California, is reaching out to provide help. The church is urging them not to do anything rash on May 22.

"Do not despair," said Pastor Jacob Denys in a statement. "You are not alone. We offer you help and Biblical counsel."

Calvary Bible believes Camping's Family Radio is a doomsday cult that promotes a strange understanding of the Bible and misleads others.

"Camping contradicts the Bible, which says that no one knows the date of Christ's return. Jesus said that even He did not know it, but Camping claims to have figured it out," the church stated.

Camping's followers are invited to attend Calvary's Sunday morning service at 10am.

少なくとも一つの教会が、Campingに幻滅した信者に手を差し伸べた。鬱あるいは自殺の懸念のある信者たちに対して、カリフォルニア州MilpiasのCalvary Bible Churchは助けの他を差し伸べている。この教会は5月22日にあわてて何かしないように呼びかけている。

「絶望しないで。君は一人ではない。我々は助けと聖書的相談を提供する。」とJacob Denys牧師はステートメントで述べた。

Calvary Bible Churchは、CampingのFamily Radioはカルトであり、奇妙な聖書理解を広め。人々を誤解させたと考えている。

「Campingは聖書に反している。聖書はキリスト再来の日を誰も知りえないと言っている。イエスは自分も知らないと言っている。しかし、Campingはその日を知りえたと言っている」

Campingの信者たちに対して、Calvary Bible Churchは日曜10:00の礼拝に来るように呼びかけている。

[ Ariel R Rey: "What now for Harold Camping's followers after failed rapture?" (2011/05/22) on Christian Today]
不動産ローンが返済できずに教会施設を放棄する教会もある米国。これは良い商機だろう。

==>終わりに近づく教会たち (2011/01/29)

で、予言で寄付金を集め、その額は財務書類上7200万ドルと見られているHarold Campingは今のところ沈黙している。彼のFamily Radioのサイトも、おそらくは世界中からのアクセスでダウン状態。とりあえず、東部時間の月曜日の放送までは何もでてこないと思われる。


posted by Kumicit at 2011/05/22 17:56 | Comment(1) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、私、ポータルサイト「livedoor」で言論サイト「BLOGOS」( http://blogos.livedoor.com/)を担当しております、社会局の春名と申します。

BLOGOSとは、政治家、大学教授の方々、各界の専門家やジャーナリストなどのブログをまとめまして、ユーザーに情報や、議論のきっかけを提供するメディアでございます。
現在300ほどのサイトにご参加いただいておりまして、月間1500万アクセスと好評をいただいております。

ブログを拝見いたしましてぜひ、Kumicit様の記事を多くの読者に伝えたいと考えております。

BLOGOSでは内容は一切編集せず、そのまま全文掲載させていただきます。
転載のご許可を頂ければ幸いです。

ご検討よろしくお願いいたします。

ご興味を持たれましたらお手数おかけしますが、メールアドレスまで連絡いただけませんでしょうか。
Posted by 春名宏希 at 2011/05/22 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック