2011/05/28

ラプチャー予言と関連しているかもしれない溺死

Mercyry News / Contra Costa Timesなどの報道によれば、2011年5月20日夜に、Harold Campingのラプチャー予言に関連するかもしれない溺死事故があった。


View Larger Map

Victor Frasnoはカリフォルニア州Antiochの湖のひとつの向こう岸に神がいると考えていて、泳げないのに、湖の横断に1度ならず2度挑戦した。

80エーカーの貯水池の向こう岸に到達するのを神が助けてくれるとVictorは兄に言った。そして、兄も"選ばれている"として、Victorは兄も冷たい貯水池へ引き込んだ。Contra Loma Regional Parkでの1時間そこそこ、冷たい水の中や外での、兄夫妻と戦って、Victor Frasnoは溺死した。当局がVictor Frasnoの死体を貯水池から引き上げたのは金曜日(2011/05/20)の午後11:20だった。それはオークランドを本拠地とする福音主義ラジオ局の審判の日の予言による世界の終りの一連の地震の始まりの時刻から20分後のことだった。

世界は終わらなかった。しかし捜査官たちは、世界中の5000以上の看板を立て、信者たちが広め歩いたラプチャー予言によって後押しされて、Victor Frasno(25歳)が歩み出したのではないかと考えている。

Contra Loma Regional Parkを管轄するEast Bay Regional Park District警察で溺死者の捜査を担当しているHolly Sontag刑事は「彼の行動は普通ではないので、ラプチャーと何らかの関係があるのではないかと考えている」と述べた。

[Matthias Gafni:"Florida man's drowning in Antioch lake related to Rapture prediction, detective says" (2011/05/25) on Mercyry News / Contra Costa Times]



この話は昨年後半に敬虔なVictor Frasnoが一時的にフロリダからベイエリアに引っ越した時に始まる。「Victor Frasnoは平日を姉とともにサンフランシスコで過ごし、週末を兄とAntiochで過ごしていた。Victor Frasnoは仕事をしておらず、月末にフロリダに変えることになっていた」とHolly Sontag刑事は述べた。

FamilyRadio社長のHarold Campingが、世界が終りラプチャーが来ると言い続けてきた日付、金曜日(2011/05/20)になって、Victor Frasnoと27歳の兄とその妻はContra Loma parkに出かけて、その辺の岩に座って、宗教と家族と生活について話をした。

「Victor Frasnoは神について心から話したが、その時点では異常な様子は見られなかった。その夜遅く、Victor Frasnoの挙動がおかしくなってきた。Victor Frasnoは兄のアパートで座って、UFO動画を見始め、エゼキエル書を引用して語った。そして、Victor Frasnoは南のAntrioch公園にもどろうとした。兄と兄の妻(氏名非公開)は、心配になってVictor Frasnoといっしょに出かけた。3人は貯水池へ向かって歩き、Victor Frasnoは宗教の話を大声でしゃべった。Victorは家族に、自分は今や聖書を理解していて、神は自分の元に会いに来ると言った」とHolly Sontag刑事は述べた。

Victor Frasnoは「神が貯水池をわたっているので、そこまで泳いでいかなければならない」と言って暗い水の中に飛び込んだ。Victor Frasnoと兄と兄の妻の3人のなかでただ一人泳げる兄が、Victor Frasnoを助けるために飛び込んだ。Victor Frasnoは聖書の記述を叫んで、「兄も選ばれていて、神と話す必要がある」と言った。

「ちょっと戦った後、彼らは水から出れた。この時点で、綱引き状態になった。兄の妻は、夫を水に引きこもうとするVictor Frasnoから夫を引き離そうとした。兄は妻に助けるを求めるように言い、Victor Frasnoをなだめた。妻がソフトボール場を走って助けを求めに行くと、兄弟はVictor Frasnoが神が待っていると信じているラグーンに向かって道を歩き続けた。」とHolly Sontag刑事は述べた。

「兄は『神がいるか見に歩いていこう」と言った。突然、Victor Frasnoは『道が終わっている』と言って、兄もとろも水に飛び込んだ。兄弟は深い水の中でもがいた。Victor Frasnoは「私の背中に乗れ。神は私の貯水池をわたる力を私に与えた』と言った。兄はVcitor Frasnoの腕を振り切って、岸に戻って助けを求めて走った。兄が最後にVictor Frasnoを見たのは、聖書を引用し、岸から15ヤードほとの水の中で、ばたばたしている姿だった」とHolly Sontag刑事は述べた。
Victor Frasnoはアルコールを飲んでいたわけではなく、薬物歴もない。Victor Frasnoの家族はFamily Radioとの関連について思い当たることはないが、日付がHarold Campingの言う審判の日だったので、Holly Sontag刑事は関連性を疑っている。

たまたま5月20日だっただけのようでもあり、今のところ、関連性は不明。


posted by Kumicit at 2011/05/28 10:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック