2011/06/01

テキサス州の反進化論州法案が廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、テキサス州下院の反進化論州法案が2011年5月30日に会期切れで廃案になった。
[Texas "intelligent design" bill dies (2011/05/31) on NCSE]

When the Texas legislature adjourned sine die on May 30, 2011, House Bill 2454 died in the House Committee on Higher Education without receiving a hearing. If enacted, HB 2454 would have provided, "An institution of higher education may not discriminate against or penalize in any manner, especially with regard to employment or academic support, a faculty member or student based on the faculty member's or student's conduct of research relating to the theory of intelligent design or other alternate theories of the origination and development of organisms." The sponsors of HB 2454 were Bill Zedler (R-District 96) and James White (R-District 12).

2011年5月30日のテキサス州議会の会期終了により、HB2454が州下院高等教育委員会で公聴会を行うことなく廃案になった。HB2454は成立していれば、「高等教育機関は、学部メンバーおよび学生が行ったインテリジェントデザインやその他の生命の起源と発展に関する代替理論に関する研究に基づいて、学部メンバーおよび学生が特に雇用や研究サポートについて、いかなる方法で差別・懲戒を行うことを禁じる、」HB2454の提案者はDistrict-96選出の共和党Bill Zedler州下院議員とDistrict-12選出の共和党James White州下院議員である。
これにより、2011年の反進化論州法案の審議はすべて終了、テネシー州のみ2012年度に先送りとなり、その他はすべて委員会で廃案となった。先送りになった州法案が再始動することはほとんどなく、おそらくこのまま1年後に会期切れで廃案になると思われる。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2011年の審議中の反進化論州法案はなし。テネシー州の反進化論州法案は下院(HB368)は通過したが、州上院(SB893)は放置モードのまま会期切れとなり、2012年に先送られた。



2011年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2011/06/01 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/206097990
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック